Contents

ドストレートに愛を伝える曲が歌えて嬉しかった

――新作『TOUCH ME/LOVE』のお話からお伺いしたいのですが、「TOUCH ME」はどんな曲でしょうか。

チャントモンキー(以下、チャント) 初めて歌詞を見たときに、何かに後悔をしている曲なのかなって感じたんですけど、何度も歌っていくうちに、すごく前向きな曲だなと思いました。なかなか遠出のできない状況ですけど、遠くにいる大切な人を思いながら聴いたり歌ったりできる曲です。私自身、福岡から上京して活動しているので、大切な家族や親友を思い出すこともありますし、「君の笑顔を埋め尽くす夢を見たいな」というパートでは研究員(※BiSファンの呼称)やお客さんを思いながら歌っています。

ネオ・トゥリーズ(以下、ネオ) 聴く人によって、それぞれ思い浮かべる相手は変わってくるよね。

イトー・ムセンシティ部(以下、イトー) もともと「TOUCH ME」は、昨年7月8日にリリースしたカセット『イミテーションセンセーション』のシークレットトラックとして入っていた曲なのですが、カセットで聴くと懐かしい感じがします。今回、約1年越しでCDに収録されて、改めて優しい暖かみの溢れる曲だなと思いました。

――「LOVE」は直球のタイトルですね。

イトー 最初に曲を聴いたときは、こういうドストレートに愛を伝える曲が歌えるんだなって嬉しくなりました。

イトー・ムセンシティ部

ネオ 今までのBiSになかった曲だよね。

イトー むしろ、これまではMCでも、自分たちが作詞するときでも、愛や好きという感情をそのまま描いたりせずに、その気持ちをどう伝えるか考えてきました。

トギー 好きって簡単に言えちゃう言葉だからね。今までのように、そういう言葉を使わないのもいいし、逆にあえて直球に行くことで、すごく伝わるものもあると思います。

イトー 曲調はパンクっぽくて力強い。

トギー 青春っぽい感じ。

ネオ 歌詞だけ見たら重い感じがするけど、音に乗せると明るい気持ちになれるハッピーな曲です。

イトー いろいろあるけど、結局は全てを受け入れて愛を伝える曲になっています。

トギー 世の中には「愛をあげる」って曲はたくさんあると思うけど、「愛が欲しい」って伝える曲ってあんまり聴いたことがない。

チャント 確かに。これだけストレートな曲はないかも。

トギー 歌い方も暑苦しいよね。

チャント めちゃくちゃ暑苦しい。

イトー 「俺、間違ってない!」ぐらいの勢いで(笑)。

チャント レコーディングで、サウンドプロデューサーの松隈(ケンタ)さんから、「今回は感情的に」って言われたので、力強く、暑苦しく、でもみんな楽しそうに歌いました。個人的には「一つだけあるよ」っていう歌詞があるんですけど、「あるよ」のところを、私は福岡出身なので、こっそり福岡の方言で「あるんよ」って歌ったんです。

チャントモンキー

イトー 最初に前触れもなく歌ってから、「今、方言バージョンだったんです」って言ったんだよね(笑)。

チャント 松隈さんに「もっと分かりやすく歌わないと気付かないよ」と言われて、「あるんよ」ってめっちゃ強調して歌ったら、それを使ってもらえました。

ツアー中にメンバーを深く知ることができた

――『TOUCH ME/LOVE』の初回生産限定盤には、Blu-rayで「DOCUMENT of KiLLiNG IDOLS TOUR」が収録。岩淵弘樹監督はWACKのドキュメンタリーを数多く手がけています。

イトー 今年1月に全国11か所で開催したKiLLiNG IDOLS TOURに、岩淵さんが全て付いて撮影してくださりました。

トギー すごく短い期間にたくさんの公演があったツアーでした。

イトー 新幹線や飛行機を使わない長時間の移動で、ライブ以外の疲労が溜まるんじゃないかという状況。そんな中で、どういう表情が見えるのか、ライブ前後に何をしているのか、何を言われて何を考えているかなど、ずっと撮ってくださって。毎公演で感情や考え方が変わっていく私たちの姿が映し出されています。

ネオ 本当に4人で成長できたツアーだったなと思います。それをキレイにまとめていただきました。

――一番の見所は?

トギー 話し合うシーン!

イトー ライブを重ねる中で、メンバーがスランプに陥ったんです。

トギー ツアーの中盤で、今日は良かったけど、明日はもっと良いものを作らないといけないと考える中で、こんがらがって分からなくなっていったんです。そのときにスタッフさんから「話し合いをしたらどう?」と言われて、長い時間、メンバーで話し合いました。

ネオ 4時間くらい話したよね。

イトー なんとなく「このまま明日のライブに臨んでいいのか」「このままツアーを終わらせていいのか」と心のどこかで思っていたものを出し合いました。それによって、BiSについてどう思っているのか、ライブについてはどう思っているのかなど、今までメンバーそれぞれ思っていたことを、4人で共有しました。

チャント たぶん一緒にいる時間が長かったから、なんとなく分かり合えているかもしれないって思っていたんですけど、ちゃんと話し合ってみると、意外と深いところまでは分かり合えてなかったんだと気づきました。それをきっかけに、ちょっとずつ変わることができました。

――素の部分もさらけ出していましたが、映像化されることに気恥ずかしさはありましたか?

ネオ 撮られているときは、まったく気にしていなかったです。

トギー 後で映像を見ると、めっちゃすっぴんでヤバい……みたいな。

ネオ スタッフさんから、「全くカメラを気にしてなくてびっくりした」と言われました(笑)。寝相まで晒していました。

チャント パジャマ姿、めっちゃ防寒しているところ、変なアイマスクをしているところとかね(笑)。

イトー 普段は見せていない部分だらけです。

トギー 明るいところと真剣なところが、いい感じに合わさっていて良いバランスだよね。オン・オフどっちも見られるみたいな。

WACKのオーディションを受けたそれぞれの理由

――ここからは、それぞれどんな学生だったかを教えてください。

トギー 人が好きなのに、人と話すのが苦手で、明るく振る舞おうっていうスイッチを入れないと、目も合わせられなかったです。

――トギーさんと話していると、コミュニケーション能力が高い印象なので意外です。

トギー 元気で明るい人が憧れだったから、そういう人になりきって生きていたら、いつの間にか明るいって言われるようになっていました。

チャント 私は本当に普通でした。ちゃんと勉強して、ちゃんと部活をして。

――部活は何をやっていたんですか?

チャント バドミントンをやっていて、途中で辞めて軽音部に入ってギターを弾いていました。バンドにハマったきっかけは姉の影響です。軽音部では本気でバンドに打ち込んでいましたが、みんな学生時代限定の趣味みたいなところがあったので、プロを目指す人はいなかったです。

――その当時から将来は音楽でやっていきたい気持ちはありましたか?

チャント ありました。でも、バンドのメンバーには言えなかったです。

イトー 私は学生時代、どうしようもない奴でした(笑)。どうせみんな自分のことしか考えていないんだから、私のことなんて誰も見てないし、友達だと思ってくれる人もいないんだろうなと思って、友達作るのをやめようとした時期がありました。かといって本当に友達関係を遮断するのではなく、自分の好きなものを見つけようと思って、アイドルのライブにハマりました。ひたすらインターネットで好きなアイドルを見て、そこから広げていって、さらに好きなアイドルに出会ってを繰り返していました。その過程で、自分もアイドルになりたいと思うようになりました。

――特にハマっていたアイドルは?

イトー BABYMETALさんがすごく好きでしたし、BiSHさんのライブにも行っていました。地元が新潟だったので、実際にライブに足を運ぶのは年に6回程度でしたけど、一人で遠征してライブに行くこともありました。

ネオ 私は学生時代というか、BiSに入るまでは、とにかく冷めていて、周りから怖がられていたと思います。学級委員や部長なんかはやっていましたが、誰かのためではなく、自分のためだけにやっていて。この先、一生関わらないだろうなって人とは無駄に遊ばない、自分にとって必要な人とだけ関わる、みたいなスタンスでした。

イトー 大人びてるね。

――そんなネオさんが、アイドルになろうと思ったきっかけは?

ネオ 松隈さん作る曲と、渡辺(淳之介)さんの歌詞がかっこよくて、自分の生き方とは対照的なWACKの人間的な部分に惹かれました。それまで人前に立つのが苦手で、クラスで発表のある日は絶対に休むみたいな感じでした。だから私もモンちゃんみたいに軽音部とか入ってみたかったんですけど、やる前に諦めていました。でもWACKだけは特別で、オーディションがあると知ってバーッと飛び込みました。

ネオ・トゥリーズ

――イトーさんはBiSに加入するまで、何度もWACKのオーディションに挑戦されています。

イトー 応募しては落ちるを繰り返していました。ネオと同じで、私もいろんなものから逃げたり避けたりを繰り返してきたので、逃げたままだと、もっとダメな人間になると思って。人と向き合うことが大事だなと学びました。

――チャントモンチーさんは、どうしてWACKのオーディション受けようと思ったのでしょうか?

チャント 音楽好きの友達がBiSHさんにハマっていて、その流れでアイナ・ジ・エンドさんの「きえないで」ってソロ曲を聴いて、すごく好きになりました。私もBiSHさんにハマって、深堀りしていく中でBiSも好きになって。その後、BiSは解散してしまったんですけど、音楽をやりたかったし、今しかないという思いでWACKのオーディションに飛び込みました。

――トギーさんはどうしてオーディションを受けたんですか?

トギー ずっと歌が歌いたい気持ちがありましたが、普通の道に進むことも考えていました。でも本当にやりたいことに挑戦しないで、やりたくないことをやったら後悔するだろうなと。それでWACKが大好きだったのでオーディションを何度も受けたんですけど、2年間にわたって落ち続けました。それでも受け続けたことで、ここにいるわけで、諦めないで良かったなと思います。今考えたら自分のことを信じ過ぎですよね(笑)。

トギー

イトー 大事大事。

チャント なかなかできないことだよね。

守るものがあったら人は強くなれる

――それぞれBiSに入って成長したなと感じるところを教えてください。

イトー BiSに入って、本当にやりたいことのためには、やりたくないこともやらなきゃいけないということが身にしみて分かりました。でも本当にやりたいことのためだったら、やりたくないことも楽しくなるし、受け入れることができるんです。人と話すこと、向き合うことは難しいですし、怖さもあります。それでもBiSの活動に繋がると思ったら、できるようになりました。

チャント 学生時代は人に流されやすくて、周りに合わせたり、優柔不断だったり、自分の意見を言わずに、ただただ笑っているみたいな感じでした。

トギー 本当はこうしたい、みたいな自分の意見はあったの?

チャント 多分それもなかったんだと思う。でもBiSに入って、今までそこまで深く考えずに生きてきた部分をすごく考えたり、自分の気持ちを伝えるようになりました。ただ、それまで意見を言ってこなかったから、自分の言葉が相手にどう伝わるかを考えられなくて、誤解を与えるとか言葉足らずなこともありました。今も言葉選びは難しいなって思います。人と接するたびに発見がありますし、毎日学びながら生きています。

トギー 私は頑張ることをしてこなかったので、意外と自分って頑張れるんだってBiSに入ってから気付きました。たとえば、WACKのオーディション合宿ではマラソンがあるんですが、走るのが苦手だったので、いつもビリのほうでした。自分にムチを打つことができなかったんですよね。だけどBiSになってからCARRY LOOSEという同じWACKのグループと200キロ駅伝で対決したことがあって。グループのためだと考えたら、むちゃくちゃ走れたんです。守るものがあったら人は強くなれるんだって、すごく感動しました。

チャント かっこいい。マンガみたい!

ネオ 先ほども話しましたが、以前は他人の人生って正直どうでもいい、自分が頑張ればOKって感じで生きていました。でもBiSになって、スタッフさんもチームだし、お客さんもチームだし、もちろんメンバーも4人でBiSなので、他人に対しての意識は明らかに変わりました。

――最後に読者のティーンにメッセージをお願いします。

チャント 夢がないと、「何か夢を持たなきゃ!」みたいな気持ちになってすごく焦ると思うんです。でも、それが原因で学校を楽しめなくなったらもったいないので、今を楽しむことも大事だし、好きなことが見つかったなら全力でやってほしいです。

トギー 好きなこと、やりたいことが尖っていたら、親や先生に反対されると思うんです。でも人の意見を聞いて、自分の人生を台無しにしたくないじゃないですか。やりたくないことをやるような人生を送るんだったら、人の意見を無視してでも、自分の意見を押し通したほうが、絶対に未来も良くなるはずです。もちろん親も子どもへの愛から、安全な道で幸せになってほしいって言っているのは理解できるですけどね。

イトー 結局、本人が満足できるなら、きっと親も味方になってくれるしね。

チャント そうだね、後で納得させるくらいの勢いでいいかも。

ネオ 自分には無理かもしれないと思っても、本当にやりたいことだったら絶対挑戦してみてほしい。

イトー 失敗も経験したほうがいいのは確かだからね。

チャント 全力でやったら失敗しても何かは絶対得られます!

Information

メジャー2nd シングル『TOUCH ME/LOVE』
2021年05月26日(水)リリース

初回限定盤:CRCP-10462 / ¥4,950 (tax in)

通常盤:CRCP-10463 / ¥1,100 (tax in)

【収録内容】※全タイプ共通共通
1.TOUCH ME
2.LOVE
3.TOUCH ME (instrumental)
4.LOVE (instrumental)

【Blu-ray収録内容】※初回生産限定盤
「DOCUMENT of KiLLiNG IDOLS TOUR」
directed by 岩淵弘樹

BiS

アイドル

2010年に結成後、解散と再結成を繰り返し、2019年6月に現在のメンバーで再々始動。グループにとって第3期にあたり、令和BiSとも呼ばれる。同年8月14日、フルアルバム『Brand-new idol Society』でデビュー。同年11月20日、第3期BiS初のシングル『DEAD or A LiME』リリース。2021年2月24日、2nd EP『KiLLiNG iDOLS』を日本クラウン内に新たに設立されたBiSのプライベートレーベル「ULTRA STUPiD RECORDS」よりリリース。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi