”だてあり“など披露で貫禄を見せつけた佐々木彩夏

屋外ステージ”SMILE GARDEN“のパフォーマンスでトップバッターを務めたのは、ももいろクローバーZの“あーりん”こと佐々木彩夏。朝早くにも関わらず、客席には彼女の担当カラーである“ピンク”のシャツを着るファンが押し寄せていた。

ももクロの『overture』が流れると、ファンの手拍子が響き渡った。白が基調の清楚なワンピースを着てステージへ登場した佐々木は「みなさん、盛り上がっていきましょう!」とファンに向かって叫び『仕事しろ!』を披露。曲中のフレーズに合わせて、客席の各所を笑顔で指差した。

MCでは、佐々木が「おはようございます!」と元気よく挨拶。炎天下のファンを気遣い、グループでの自己紹介も披露。「若いアイドルちゃんたちに負けないように、元気に頑張りたいと思います!」と、意気込みを語った。

彼女を象徴する1曲『あーりんは反抗期』では、曲中の「さーさき!」のフレーズやメロディに合わせて、ファンが何度も手拍子を打った。

心おどる『ハッピースイートバースデー!』では”少女“と“大人”の表情で魅了。最後の『だって あーりんなんだもん』では、持ち前の”アイドルオーラ“を全開で見せ付けた。

ステージを終えて「ありがとうございました!」とファンへ挨拶した佐々木は、何度も客席を振り返りながらステージをあとにした。