静の天才・成田と動の天才・前田敦子

デビュー前から三木聡監督作品の熱烈なファンだったという成田凌(以下、成田)は「10代からずっと仕事をしたかった方。現場の全員が三木さんに敬意を持っていて、毎日過酷な日々でしたけど、幸せでした」と喜びを口にした。作品の内容に対しても「脚本も1ページ目から三木聡が書く脚本だなと。美術、カメラワーク、照明からも、これぞ三木聡ワークだと感じた」と語った。前田敦子(以下、前田)は、今回の撮影について聞かれると、「三木監督でしかない演出。実は夢見心地であんまり覚えていないんです」と正直な感想。

メガホンを取った三木聡監督は、二人のどんなところがすごいと感じたかという質問に、「静の天才・成田と動の天才・前田という感じ。成田くんは虚無僧のように日常からずれていく感覚を演じてくれていたのは面白かった」と演技をほめると、成田も「静の天才と言われた時、『何を言い出すんだ?』とドキっとしましたけど(笑)。よかったです」と笑顔を見せた

また、三木監督は前田に対しては、「いわゆる天然な感じで、『この子は何を言っているんだろう?』と思うこともある。だけど、芝居の本質的なところにたどり着くスピードがすごく早い。この現場においてはポテンシャルがすごかった。世界的な才能なんじゃないかというレベルで芝居をしている」と絶賛。そして、「それぞれ違うタイプの才能がこの映画のメインを演じてもらっているのは、監督として楽しかったし、いい体験をさせてもらった」と主演の二人の印象を語った。