社会に対して伝えたいメッセージがたくさんあった

――音楽を意識して聴くようになったのはいつくらいですか?

Novel Core 小学生ぐらいからです。母親が、以前、バンドをやっていたのもあって、音楽が身近な環境でした。ボン・ジョヴィやレッド・ツェッペリンなど、王道のロックを中心に聴いていて、J-POPも大好きでしたね。自分の世代だと修二と彰の「青春アミーゴ」が流行っていましたが、母親の影響もあって、さだまさしさんや玉置浩二さんなど、自分と世代が違うJ-POPも好きで、感情豊かに歌い上げる方に惹かれました。

――初めて買った楽曲は覚えていますか?

Novel Core  中学生になってからは、姉の影響でボーカロイドや歌い手にハマっていたので、初めて買ったのは「ぐるたみん」という歌い手の方です。ボーカロイドや歌い手の方々の曲は聞いたことのないような言葉が溢れていて、四字熟語なんかがいっぱい出てくる歌詞が面白かったし、メロディーも当時の自分には新鮮でした。米津玄師さんもボカロP「ハチ」として活動していた頃から、たくさん聴いていました。

――その頃から歌で表現したい欲求はあったのでしょうか?

Novel Core  まだ自分が歌うことは考えてなかったですけど、中学1年生の時に合唱コンクールで指揮者をやったことで、音楽のお仕事をしてみたいと思いました。学校の音楽の授業も人一倍真面目に受けていたと思います。

――なぜ指揮者をやることになったのでしょうか?

Novel Core  最初は目立ちたいという理由だったんですけど、楽しくなってきちゃって、2年生の時もやりました。自分で表現したいことが、音になって、表情として返ってくるのが楽しかったんです。

――クラシックも聴いていたそうですね。

Novel Core  指揮者をやったのがきっかけでクラシックにハマって、ウィーン・フィル(ハーモニー管弦楽団)のニューイヤーコンサートを始め、いろんな楽団のコンサートを観に行きました。

――ジャンル関係なく音楽を聴かれるんですね。

Novel Core いろんな音楽を聴いてきたので、どれか一つというよりも偏りなく聴きたいタイプだったと思います。幅広いジャンルを聴いてきた土台があるので、自分が表現したいアプローチをイメージしやすいです。

――楽器をやろうと思ったことはありますか?

Novel Core  ドラムを習おうとした時期もあったし、ピアノも小さい頃、母親に「どうしてもやりたい」と言って1日体験させてもらったんです。すぐに「飽きた」って帰ってきたみたいですけどね(笑)。ギターもジョン・ボン・ジョヴィとお揃いのタカミネの黒のエレアコを買って、Fコードで挫折しました(笑)。

――ヒップホップとの出合いを教えてください。

Novel Core  クラシックの指揮者をやりたくて、音楽大学に行きたいと思ったのですが、経済的に厳しそうということで諦めました。でも、音楽の仕事はしたいと思っていました。高校生になってからはYouTubeでいろんな音楽動画を観ていたんですが、たまたま関連動画でヒップホップのインストが出てきたんです。他のジャンルの楽曲をサンプリングしていたり、いろんなジャンルが一つになっているのが面白くて、そこからハマりました。

――どういう流れでラップを始めたのでしょうか?

Novel Core  インストを聴いて音楽としてヒップホップが面白いなと思ったのと同時に、カルチャーがすごく気になって。音楽を好きになると、カルチャーや裏にある歴史も掘り下げたくなるタイプだったので、いろいろ聴いてみようと思いました。聴き始めたのがケンドリック・ラマー。自分の半径数メートルで起きたことを歌っているだけなのに、その中に社会的な問題提起もあります。自分自身も社会に対して伝えたいメッセージがたくさんあったので、ケンドリックみたいになりたいなと思いました。その流れでヒップホップの成り立ちを知りたかったので、1970年代のブロックパーティーの時代から遡って聴いて、ちょうど公開されたN.W.A.の実録映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』なんかも観に行きました。

――日本よりも海外のヒップホップに惹かれたんですね。

Novel Core 最初はそうですね。次第に日本のラップも聴き始めて、ZeebraさんやRHYMESTERさんの世代のラップを聴いてかっこいいなと思って、自分もやってみたいと思うようになりました。ちょうどフリースタイルラップが流行り始めた時期で、MCバトルが勢いのあるタイミングだったので、自分もモノマネから始められそうだなと思って、部屋で壁に向かってやるようになりました。いろんなジャンルを聴いてきたおかげで、自分的に「こういうラップをしたいんだろうな」というのは当時から何となくあったんです。今振り返ってみると本当に下手くそでした(笑)。でも最初から楽しくラップができました。