グループ初のCD化作品に特別な思いも。レコーディング時に意識した独自のこだわり

――最新の6thシングル『SM:)LE』に込めた思いは?

FUMINORI ネガティブになりやすい時代ですし、BUDDiiSのエンターテインメントで元気にしたい、笑顔にしたいという思いからリリースしました。この曲を聴いて笑顔になっていただけたらうれしいです。

――2022年9月に結成2周年となりますが、グループとしては初のCD化作品ですね。

FUMINORI 本当にうれしい。お店にCDが並ぶ経験はなかったので、店頭で写真を撮りたいです(笑)。“バディ”(ファンの愛称)のみなさんにお届けできることが素直にうれしいし、発売日を境に、徐々に実感できるのかなと思っています。

FUMINORI

――未来を照らすような明るい曲ですが、制作時にこだわったポイントは?

FUMINORI 本来はラップ担当ですが、今回の曲では歌も担当しました。だから、ヴォーカルとしての歌い方を学ぶために、KEVINへ「ボイトレお願いできる?」と相談して、レコーディング前に秘密の特訓を組んでもらいました(笑)。改めて、歌の楽しさに気づけたし、楽しかったです。

――KEVINさんは、FUMINORIさんにどんなアドバイスを?

KEVIN 一般的なボイトレは発声方法を教えたりしますけど、そこはいったん置いておいて、フレーズの歌い回しや節回しといった部分を中心に伝えました。「このメロディでは、いったんまっさらな状態で声を下から出すようにすればもっと歌声が目立つよ」とか、ライブも想定してアドバイスをしました。

KEVIN

――他のみなさんは、どんなこだわりが?

SHOW 僕は今回、ラップパートをいただきました。僕たちのラップはメロラップ調が多くて、普段担当しているヴォーカルとは全然違いました。聴けばすぐに笑顔になれるような曲なので、曲のメッセージ性に沿えるように、ラップ独特の歌い回しを細かくディレクションしていただきました。

SHOW

SEIYA 曲中では、SHOW、FUMIYA、僕とラップパートが次々と続くので、テンションや間を合わせるのが難しかったです。楽しく明るくなってほしいという曲に合わせて、ラップでも元気づけるため「頑張れ」といった気持ちを込めてレコーディングに臨みました。

SEIYA

FUMIYA  デモ段階で曲を聴いた時に「すごく歌詞が強い曲だな」と思ったんです。だから、これまでの曲以上に、強めに言葉を発しようと考えていました。担当パートで「BUDDiiS」のフレーズが出てくるんですけど、自分たちのグループ名が歌詞に入っているのは貴重だし、大切に歌いましたね。我流の歌い方より、今回の曲に合わせた明るさを出せるよう心がけたので、その思いが伝わればいいなと思います。

FUMIYA

KEVIN これまでの曲は僕たちからの意思表示を示す世界観が多かったですが、今回は“バディ”のみなさんをお友達として、背中をポンッと押しながら一緒に前へ進めるように、問いかけるようなフレーズが多かったので、その点は意識しました。歌い出しから問いかけている印象ですし、語りかけるように歌ってみました。

――ティーンの読者には、今回の曲で何を感じ取ってほしいですか?

FUMIYA 僕は現役高校生なんですけど、中学時代や高校時代は将来の悩みがたくさんあると思うんですよ。ネットで何でも情報が手に入る時代だから、マイナスな感情になることもたくさんありますし。『SM:)LE』は誰もが思うようなまっすぐな気持ちを歌にしているので、そのままストレートに受け取ってもらいたいです。深く考えることなく、気負わずに新しいことにチャレンジしたり、前へ向いていこうとする気持ちを、同世代として伝えていきたいです。