現役女子大生のみの最長4年制アイドルグループ「1461日のクレシドラ」始動!

「1461日のクレシドラ」は、早稲田大学や慶應義塾大学など、各大学に在籍する現役女子大生からオーディションで選抜された、7人組のアイドルグループ。

日本最大の女子大生ダンスコンテスト『UNIDOL』公認のアイドルプロジェクトで、「日本一輝ける女子大生アイドル」がコンセプト。

何よりの特色は、グループでの活動はあくまで大学の在籍期間中に限り、大学卒業と同時にグループからも卒業することが絶対条件。グループに在籍できる期間は最長でも4年間であり、グループ名の「1461日」は、「365日×4年間+閏年1日」と彼女たちの限られた活動期間を表したものとなっている。

そして「クレシドラ」は、世界最古の大学を生んだイタリアの言葉で“砂時計”を意味している。実際にロゴマークの「日」が“砂時計”の形になっており、グループのコンセプトである「限りある時間」がスタイリッシュに表現されている。

9月16日(金)の新宿ReNYでのデビューイベントに先駆けて、8月21日(日)にNHKホールで開催された「UNIDOL 2022 Summer 決勝戦」のオープニングアクトとして、彼女たちのお披露目ライブが行われた。

オーロラビジョンに「限りある時間が、夢へと踏み出す、決意を生む。終わりがあるから、わたしたちは強く輝く。」という言葉が映し出さる。そして、時計の秒針音と零れ落ちていく砂時計の映像と共に「1461日のクレシドラ」の文字が表れた。

ステージに現れた彼女たちはさっそくデビュー曲「運命Fantasic」を披露。「限りある時間」というグループのコンセプトが全面に押し出された画面演出とは打って変わって、「運命Fantasic」は明るく伸びやかな歌詞と、ポップでキャッチーなメロディ。AKB48などの楽曲を手がける福田貴訓が作詞・作曲を担当しているだけあって、爽やかで心弾む楽曲となっている。

ちなみに「運命Fantasic」のミュージックビデオは、櫻坂46などの映像を手がけ、「映像作家100人」にも選ばれた橋本侑次朗監督が制作を担当。

ダンスもステージの空間や奥行きを大きく利用して、7人組ならではのコンビネーションを見せる。時には「3:4」や「2:2:3」という人数に分かれて、パフォーマンスを繰り広げていく。かなりの練習を重ねてきたことが彼女たちの一挙手一投足に表れており、アイドルにかける意気込みが心地よく伝わってくる。

歌い終えて、それぞれ自己紹介を済ませると、メンバーを代表して慶應義塾大学2年生の伊田江里奈が「今日が私たちの初めてのステージでした。これから七人で一生懸命がんばっていきますので、応援よろしくお願いします」と初々しく挨拶。10分にも満たないわずかな出番ではあったが、早くも完成度の高いパフォーマンスで存在感を発揮した。

限りある学生生活の一日一日を精いっぱい生きることで、アイドルとして光り輝くことができる。ライブだけではなく、メンバーそれぞれの個性を活かして、テレビやドラマ、映画などのメディア出演も視野に入れた幅広い活動を目指しているという。