絶望の淵にいた高校生にアイドルが差し出したのは“心中”だった

9月1日(木)からMBSドラマ特区枠で放送が始まる『少年のアビス』。2020年から「週刊ヤングジャンプ」で連載がスタートして、累計発行部数100万部を突破した大人気コミックが原作となっている。

小さな田舎町で暮らし、将来に希望を持てずにいた高校2年生の黒瀬令児(荒木飛羽)が、憧れのアイドル青江ナギ(北野日奈子)と偶然出会う。ナギが令児に差し出した救いの手は“心中”。このことがキッカケとなって、登場人物たちの人生が大きく変わり始めるのであった。

幼馴染の秋山朔子(本田望結)や峰岸玄(堀夏喜)、担任教師の柴沢由里(松井玲奈)といた周囲の人物たちが抱える“心の闇”が、“絶望”に彩られた物語を思わぬ方向へと突き動かしていく。そして話数を重ねるごとに暴かれていく数々の真実とは?

閉塞感が漂う空間の中で行き場のない主人公をはじめ、その家族、幼馴染、教師たちの苦難の運命はどのような結末を迎えるのか。前代未聞のスーサイドラブストーリーがいま始まる。

第1話先行試写の終了後、主演の荒木飛羽(以下、荒木)をはじめ北野日奈子(以下、北野)、堀夏喜(以下、堀)、松井玲奈(以下、松井)の主要キャスト四人が劇中の衣装姿で登壇。ドラマは心の奥に響くようなダークな内容だが、和やかな雰囲気の中でトークセッションが進められた。

制服姿で登場した荒木は以前から原作のファンで、特に自身が演じた黒瀬令児はお気に入りのキャラだという。連続ドラマの初主演を務めることにあたって、「大好きな黒瀬令児を演じることができて本当に幸せでしたが、今までに感じたことがないぐらい緊張とプレッシャーを感じて不安がすごいありました」と緊張した面持ちで語る。しかし、「皆さん優しくて温かい現場で、あっという間に撮影が終わっていて、本当に幸せな時間でした」と笑顔を見せた。

劇中のアイドル「アクリル」のメンバー青江ナギを演じたのは、今年の春に乃木坂46を卒業したばかりの北野日奈子。劇中にアクリルとしてのアイドルシーンがあるが、「9年間の力量が残っていたのか、20、30分で段取りをすべて覚えることができました」と、乃木坂での経験が活かされた模様。自身はクールなナギとは性格が正反対だと語るが、「人間としての芯の部分はすごく近いものを感じていて、初めて知る自分の新しい感情に出会えました」と、確かな手応えを掴んだという。

堀が演じた峰岸玄は令児の幼馴染であり、不良として令児をパシリに使いながらも同時に異常な執着を見せる役柄。しかし、ステージでは「可愛い飛羽くんをパシリに使って胸が痛い部分があったんですけど」と劇中の厳つい表情とは打って変わって、爽やかな笑顔を見せる。

松井が演じる柴沢由里はある日を境に感情が爆発してしまうという狂気めいたキャラクター。「この役を今やらずしていつやるんだ? もう二度と出会えないかもしれないと思わせてくれるぐらい魅力的なキャラクターだったので、精神を擦り減らしながら楽しんで演じました」と、松井は本作に対する並々ならぬ意欲を語った。