新曲 「Decision」に込めたみずからの「決意」。迷った時に聴いてほしい

――前へ進む勇気を与えてくれる配信リリース中の新曲『Decision』のコンセプトは?

ReN 3rdアルバム『ReNBRANDT』の制作時から意識していたことで、思い切りのいい曲にしたかったんです。過去の曲では、自分の感情やチョイスした言葉がつれてくるメロディーの範囲内で曲を作っていましたが、今回は思い切って、自分の心地よいメロディーを追いかけて、インスピレーションを受けるという逆算で作り方をしました。「やってみたい。でも、思い切れない」と考える理由は色々ありますけど、そんなのどうでもいいやって思えるような、そんな背中を押す曲にしたいと思っていました。

――実際、曲づくりはどのように進めていったのでしょうか?

ReN 最初にアコースティックギターでカッティングを強調したデモを作りましたが、それだけでは思うような景色にならなかったので、けっこう悩みました。パソコンのソフト上で音を足し引きしたり、遠くで反響する音をキーボードで入れてみたり、そうしていくうちに「疾走感のあるピアノのリフをぬっていくように、シンセベースが追いかけてくる。そこに、ギターがいる」という景色が見えてきて、その段階で懐かしさやポジティブなエネルギーをようやく感じました。

――タイトルは日本語で「決断」や「決意」を表しますが、歌詞などのこだわりは?

ReN 時代やコロナ禍のせいにしたくはないですけど、自分が動きたいと思っても、目的地へ到達するのが難しい気持ちを、多かれ少なかれみんな持っていると思っていて。そうしたいら立ちをギターと歌詞に込めたのがこの曲でした。「もうどうなってもいいや」と振り切る思い、シリアスなんですけど、どこか楽観的に見ている気持ちというか。タイトル自体は「決断」よりも「決意」の意味が強いです。色んな弊害もあるけど、自分が選んだものすべてが自分の人生だし、誰に何を言われても突っ走っていきたい思いが強かったから、最初に「Decision」という言葉が浮かんできて、そこから歌詞を作っていきました。

――そうした思いを込めた楽曲を、ティーンの読者にはどう聴いてほしいですか?

ReN 迷った時に聴いてもらいたいです。10代って、色々なことをシリアスに考えるし、自分の夢が肥大化していく時期ですよね。でも、周りがみんな背中を押してくれるわけじゃない。それでも、描いている夢があるなら、それに盲目になって、バカになって、人に何を言われてもやり切るしかないと思っているんです。「誰かに何かを言われた」とかは言い訳にしかならないし、どれほどバカになってやれるかはすごく大事で。言い訳ができるようになるのも生きていくための術ですけど、それを武器にはせず、やりたいことを常に追いかけていく勇気を、今回の曲から感じ取ってもらえたらと思います。

――リリース後の楽曲に対する反響はどう受け止めていますか?

ReN 今回の曲が収録されるデジタルEP『Early Project』(2022年10月7日リリース)へつながる話として、EPに先駆けて配信したものの、この曲だけではEP全体のイメージがわかないだろうとは思っています。これまでは明日への思いとか、逆境をどうはねのけるかとか、自分に対して問いかける曲が多かったんですけど、『Decision』は僕自身の音楽に対する“濃い部分”が反映されている中で「ReNらしい曲だな」と思っていただけると感じているんです。一方で、EP全体でみれば意外な曲にもトライしているから、ファンのみなさんがどんな感想を持ってくださるのか楽しみです。

――EPのリリースを経て、10月28日からは全国ツアー「ReN THE BAND TOUR」が始まります。

ReN どの曲がみなさんの心の中に入るのか、どの曲がどんな役割をしているのかが一番分かるのがライブなので、楽しみです。みなさんが「聴きたい」と思ってくださる曲を披露する時は、明らかに客席の表情も変わるんですよね。曲づくりで感じていることですけど、自分が作りたい曲とみなさんが求めている曲が同じとは限らないと考えていて。でも、自分に求められている曲を追い求めすぎるのも違うと思うし、僕は自分の作りたい曲を作って、ライブで歌って、その瞬間でファンのみなさんと一つになれるのがうれしいです。