Contents

音楽と一緒に成長していく姿が素敵な作品

――『悪魔とラブソング』のオファーを聞いたときの気持ちはいかがでしたか?

飯島 高校を舞台にしたお芝居が初めてでしたし、僕の演じた目黒伸は17歳で、今まで自分がやった役の中で最年少だったのでワクワクしました。最初は普通の恋愛物なのかなと思っていたのですが、脚本を読んだら人間の成長ドラマで、美しさだったり、寂しさだったり、いろんな要素が含まれていて、演じるのが面白そうだなと思いました。

――違和感なく17歳という役に入っていけましたか?

飯島 はい。若作りはしっかりしようと気合いを入れました(笑)。

浅川 最初に原作を読ませていただいて、私の演じる可愛マリアが他の生徒たちから「かわいい」「キレイ」「モデル」みたいと言われているシーンを見て、「あ、痩せなきゃ」と思いました。初の連続ドラマ主演ということで、自分にとってすごく大きな作品になると思ったので、早い段階から数か月かけて地道に体重を落としていきました。その期間にも、他の作品が入っていたんですけど、頭のどこかには常に『悪魔とラブソング』がありました。

――原作を読んだ印象はいかがでしたか?

浅川 美しくてキレイな世界観で、なおかつ音楽と一緒に成長していく姿が素敵だなと思いました。原作は後半になると、かなり重い内容で意外な展開が待っています。ドラマはどこを切り取るのか気になっていたんですけど、脚本を読ませていただいて「なるほど」と思いました。十年前の作品を令和の今に合わせてアップデートしつつ、『悪魔とラブソング』の世界観を崩さない脚本になっていて、演じるのが楽しみでした。

――飯島さんは普段から少女マンガを読まれますか?

飯島 読まないですね。日常で言わないようなセリフが多かったので、最初は違和感があったのですが、それをどう自然に、それでいて強い言葉で言えるかを考えました。原作と脚本で多少違うところもありますし、もちろん原作を尊重しなくてはいけないのですが、せっかく主演であるからには、原作者の期待を超えて、嫉妬させるくらいの演技をしようという気持ちでやっていました。

――飯島さんは、ピアノ経験はありましたか?

飯島 全く無くて、イチから始めました。作業的に弾くのはそこまで難しくはないのですが、問題はその先で。音楽性を追求していかないと音に乗らないんです。たとえばショパンの曲を弾くにしても、人によって全然色が違いますし、音に人間の感受性が出ます。目黒の心の変化を音で表現するのは大変でした。

――浅川さんは、歌のシーンはいかがでしたか?

浅川 クラシック曲で、オペラの歌い方なので、イチから始めました。呼吸から全く違います。最初は歌詞の意味を何となく理解しつつ、オペラの歌い方をマスターすることに集中しました。それができたら、そこから引き算をしてマリアの歌い方を考えて、シーンに応じて、どこに感情を入れるかなどを構築していきました。そもそも歌に関しては苦手意識が強かったんですけど、先生やスタッフさんのおかげで、撮影が終わるころには好きになっていました。

W主演として良いバランスが取れていた

――今回共演されてみて、お互いの印象はいかがですか?

浅川 お会いする前はクールで無口な印象を持っていました。実際にお会いしてからは、すごくお茶目だし、少し天然なところもあって、かわいらしい方だなと思って、印象が180度変わりました。たまにボソッと面白いことを言うんですよ。

飯島 自分では全く意識してないんだけどね。

浅川 でもお仕事になると、締めるところはしっかりと締めてくださるので、場に緊張感を持たせてくれました。W主演として、すごく良いバランスが取れていたなと思います。演技面でも、飯島さんの感情のつくり方や繊細さが素晴らしくて、常に自分がどう映っているかを理解してお芝居をしているので尊敬しています。

飯島 浅川さんは、撮影が始まった当初は役作りもあって、みんなと距離を置いていたんです。徐々にカメラの回っていないところでしゃべるようになって、すごく元気な子だなと思ってガラッと印象が変わりました。普段の浅川梨奈と可愛マリアで一変するので作品も引き締まるし、僕としても立ち回りしやすかったです。あと周囲への発信力がすごい。それは僕に出せないものなので、一緒に作品を引っ張っていく上で助けられました。

正解がない仕事は自分の人生を豊かにしてくれる

――それぞれ、このお仕事をやろうと思ったきっかけを教えていただけますか?

飯島 大学1年生のときに、母親に進められて何となく「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」を受けました。最初は恥ずかしさもあって断っていたんですけど、ベスト8に入ったら将来自慢できるかなぐらいの軽い気持ちでした。ところがグランプリをいただいて、オーディションを受け始めて、『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系)の主演が決まって。それを機に上京したんですけど、絶対に役者でやっていく!というよりは、まだ19歳だったので若いから失敗してもいいやって勢いでやっていました。

――いつ頃から明確に役者の仕事でやっていこうと決心したんですか?

飯島 徐々に思うようになってきました。多くの人にメッセージを伝えられる作品に出演することができるのは素敵だな、表現の世界って楽しいなと思っています。お芝居のように正解がない仕事は難しいですけど、やりがいになりますし、自分の人生を豊かにしてくれます。

――浅川さんは、どういう経緯で役者の道を選択したんでしょうか。

浅川 最初は高校を卒業したら芸能は辞めるつもりで、学生時代だけって気持ちでやっていたんです。高校卒業後は専門学校に行こうかなとか何となく考えていました。でも高校1年生のときに『人狼ゲームマッドランド』(2017年)という映画で主演をやらせていただいたんですが、同世代の子たちがお芝居に対して本気でぶつかりあって、すごい現場でした。それを目の当たりにしたときに、今のままじゃダメだと思いました。それが、ちゃんとお芝居をやりたいと思ったきっかけです。振り返ってみると、そういう現場に出会えたことはありがたいですね。

――飯島さんは芸能界入りするまで、どんな仕事に就こうと考えていたんですか?

飯島 特に決めていなかったんですけど、公務員になろうと思っていたので、大学でその勉強をしていました。結果、仕事との両立が難しくて大学は中退したのですが、そのときには学校で学ぶことがすべてじゃないなと感じました。

――最後に、読者のティーンにメッセージやアドバイスをお願いします。

飯島 そもそも僕は役者になろうと思っていなかったですし、始める前は、恥ずかしいじゃん、照れくさいじゃん、という気持ちが強かったんです。でも、ちょっとでも気になったら一歩でも足を踏みだすほうがいいんですよね。たとえ周りに笑われても見返してやればいいんです。その一歩が自分の人生を大きく変える可能性がありますから。そうすることで出会う人も変わってきますし、いろいろチャレンジして欲しいと思います。

浅川 私は進路のことを深く考えずにきてしまったので、まず将来について考えられることがすごいことだなと思うんです。何となくやりたいことをやってきたけど、その何となくが、いつか自分の本当にやりたいことだったり、本気でなれるものだったりしました。なので、ちょっと興味があるとか、やってみたいなって軽い気持ちでも一歩踏み出す勇気さえあれば人生って本当に変わります。狭い世界だけを見るのではなくて、視野を広げていけば、やりたいことや目指すべきものも見えてきます。でも無理して自分を追い込む必要もないので、それぞれが自分のペースで、大人になる日に向けて頑張ってください。

Information

Hulu オリジナル 『悪魔とラブソング』
2021年6月19日(土)からHuluで一挙独占配信開始[全8話]

県でトップクラスのカトリック系高校・カトリア女子学院をとある事情で退学になった美少女・可愛マリア(浅川梨奈)。彼女は共学校十塚南高校に転校するが、まっすぐ過ぎる性格がゆえ、思ったままを言葉にし、周囲の反感をかい孤立してしまう。誰にも理解されない中で、唯一歌うことだけで自分を元気づけたり感情を表したりしてきた。しかし、クラスメイトの目黒伸(飯島寛騎)や神田優介たちと関わるうち、少しずつ周囲との関係やマリア自身にも変化が訪れ…。さらには、マリアの“悪魔のような”核心をついた言動が、平和に見えた同級生たちの日常を揺さぶり始める。目黒が抱えるピアノに対するコンプレックス、それぞれの嘘、トラウマ、虚勢、うわべだけの友情…素直に生きられないクラスメイトたちの赤裸々な感情が見え始める。そんな中、クラスで合唱コンクールへの参加の話が持ち上がる。人気少女マンガ誌『マーガレット』(集英社)とオンライン動画配信サービス Hulu が、強力タッグを結成する「マーガレット Love Stories」の第二弾。

原作:桃森ミヨシ「悪魔とラブソング」(集英社刊)
脚本:吉田恵里香 おかざきさとこ 蛭田直美
音楽:上田壮一
エグゼクティブプロデューサー:長澤一史
チーフプロデューサー:茶ノ前 香
プロデューサー:大野哲哉 岡宅真由美
監督:横尾初喜
制作協力:アバンズゲート
製作著作:HJ ホールディングス
©HJ ホールディングス

公式サイト

公式Twitter

公式Instagram

公式TikTok

飯島寛騎(いいじま ひろき)
1996年8月16日生まれ、北海道出身。2015年、第28回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリ受賞。2016年、『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系)で宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド役としてテレビドラマ初出演・初主演を務め、俳優デビュー。主な映画出演作品に『愛唄‐約束のナクヒト‐』(2019年)、『PRINCE OF LEGEND(2019年)、『アパレルデザイナー』(2020年)、『ツナガレラジオ〜僕らの雨降Days〜』W主演(2021年)、『ブレイブ‐群青戦記‐』(2021年)、『未来へのかたち』(2021年)など。

浅川梨奈(あさかわ なな)
1999年4月3日生まれ。埼玉県出身。映画『14の夜』(2016年)で長編映画デビュー後、数多くの映画やドラマに出演。近年の主な出演作は、TVドラマ「逃げるは恥だが役に立つガンバレ人類!新春スペシャル!!」(2021年)、「女子高生の無駄づかい」(2020年)、映画『honey』(2018年)『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(2019年)など。公開待機作に、映画『胸が鳴るのは君のせい』(2021年)、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜ファイナル』(2021年)がある。