これまで歩んできた人生の中での出会いが選曲に反映

――『白』に収録された5曲は、川崎さんにとっての自分史とも捉えられますね。

川崎 確かにそうですね。自分自身に向けて歌うのはもちろん、身近な人や、自分のおばあちゃん、社長、マネージャー。それらを紐解くと、これまで歩んできた人生の中での出会いがある。人生と音楽は切っても切れないものだと思うし、誰かと話していたら、この曲を思い出すなど、楽曲はそういう記憶を持っているので、蓋を開けてみたらそういう風に選んでいるなと。振り返ってみると、思い出のある楽曲たちが選ばれたなと思います。

――武部聡志さんとはどういった経緯でご一緒されることになったんですか?

川崎 「魔法の絨毯」をきっかけに、いろんな番組に呼んでいただけるようになって、ある番組のオファーをいただいた時に、武部さんと一緒にセッションをしたのが一番最初の出会いです。それから気にかけていただいて、別の番組に呼んでいただいたり、僕の話をいろいろなところでしていただいたり。松本隆さんのトリビュートアルバム『風街に連れてって!』で「君は天然色」を歌わせていただきましたが、プロデューサーの亀田誠治さんに僕を紹介してくださったのも武部さんなんです。そんな縁もあって、いつか武部さんと何かできたらと思っていました。それで今回のカバーEPで、「ピアノなどのアレンジで武部さんが入ってくれたらめっちゃうれしいな」とダメ元でオファーしたら、「すぐにやろう!」というお返事をいただけました。

――大先輩とお仕事をするわけですが、普段通りにふるまえていますか?

川崎 プライベートな場や楽屋では大先輩だなと感じるんですが、マイクの前に立って、楽器を前にしている時は、同じミュージシャンとして、僕も言いたいことを言いますし、武部さんも思ったことを伝えてくれます。武部さんと僕は、ただただ良い音楽をやりたい一心で本気でぶつかって音楽を作っています。いつもお互い本気なのですごく楽しいです。

――5曲とも原曲とは違ったアレンジが印象的でしたが、どういう風にアレンジを進めていったのでしょうか?

川崎 二人でスタジオに入って、僕はギターを弾いて、武部さんはピアノを鳴らしながら、バンドみたいな感じで「これはこうしたら面白いな」と話し合いながら決めていきました。武部さんの頭の中に構想はあったと思うんですけど、一緒にやってみて、「このアレンジは誰かがやっているから面白くないね。こういう風にやってみよう」とか、「これは誰も予想してないんじゃない?」とか、わちゃわちゃしながらやりました(笑)。たとえば「366日」は、ピアノでしっとりしたアレンジを予想する人も多いかもしれませんが、武部さんの遊び心で、ちょっとUKロックな要素も取り入れたりしてるんです。

――普段のレコーディングとは違った面も多かったですか?

川崎 そうですね。いつもと勝手が違うので、戸惑う部分もあったんですけど、進めていくうちに武部さんのやり方や想いみたいなものがどんどん分かってきて。何とか食らいついていくというレコーディングでした。今回レコーディングに参加してくださった、ミュージシャンの皆さんは、違うアルバムでご一緒したり、番組でご一緒したりと、繋がりのある方が多くて。僕のことを理解してくださっていたし、僕もどういう音楽性の方か分かっていたので、すごくやりやすかったです。

――10月にはBillboard Liveツアー「WHITE―あなたに贈る歌―」を予定されていますが、どんな内容になりそうですか?

川崎 カバーを中心としたステージになるのですが、Billboardという特別な場所で、僕のオリジナル楽曲も武部さんと共に歌えたらいいなと思っています。また『白』を作るにあたって、候補として挙がっていた曲が他にも何曲かありますし、いろいろな事情でEPに入れられなかった曲もあって。『白』の曲を中心に、そういった収録できなかった曲も織り交ぜて歌いたいです。