同じ人のことを考えても見え方が違うのは面白い発見だった

――松井さんは原作となった恋愛小説『よだかの片想い』に惚れ込み、映像化を熱望していたそうですが、主人公の前田アイコを演じると決まった時は、どんな気持ちでしたか?

松井玲奈(以下、松井) 出演の話が少しずつ進んでいるというのは知っていたんですけど、一時期お話が止まってしまい、できないと思っていたんです。急に撮影が決まったものの、その間に私も歳を重ねていったので、果たして大学生の役ができるのだろうかと不安に思うこともたくさんありました。その後、大学院生に設定が変わりましたが、演じられるうれしさはありつつも、私にできるんだろうか?というプレッシャーが大きかったです。これだけ多くの人が力を貸してくれて、映画が作れるように土台を用意してくれて、自分がその人たちの思いにちゃんと応えられるかどうか。みんなが満足するものを作ることができるのか……。自分たちが自信を持って作ったものなのは間違いないですが、公開直前の今も、観た人たちがどう感じるのかというプレッシャーの中にいます。

――全体的に演技のトーンが抑えめで、アイコと恋人の飛坂逢太(中島歩)が気持ちをぶつけ合うシーンも、そこまで感情を剥き出しにしない印象を受けました。

松井 中島さんの芝居の影響が大きいと思っています。最初に本読みをした時から、中島さんのナチュラルなトーンに合わせた方ほうがいいなと思って、自分自身もあまり誇張しないというか、中島さんの空気感に乗っかろうとしていました。

――中島さんとのやりとりで、あの雰囲気が生まれていったのですね。

松井 撮影現場に入ってからも、中島さんの空気感というか、芝居の雰囲気は本読みの時と変わらなかったんです。それと違うテンションでやってしまうと作品全体のトーンがぐしゃぐしゃになってしまうだろうなと思ったので、意識的に抑え目にしていました。それがアイコを演じる上でも結果としてよかったと思います。

――中島さんの印象はいかがでしたか?

松井 つかみどころのない不思議な人だなという風に今も思っています。別の作品ではトリッキーな役も演じられていたので、引き出しが本当に多い方なんだろうなと感じています。

――アイコを演じる上で、安川有果監督から具体的な指示はあったのでしょうか。

松井 事前にはなかったんですが、私が持っていた原作のアイコ像と、監督が持っている映画のアイコ像が少し違う部分があって、それがある意味、面白さだなと思いました。同じ人のことを考えていても、ちょっとズレがあるというのがリアルな人間らしさだなと。認知の違いというと大袈裟ですけど、見え方がこうも違うんだなというのは面白い発見でした。私は原作が好きすぎるが故に固執してしまうところがあるので、お互いの意見を擦り合わせながら、監督のことを信頼してできる環境に徐々になっていったのが印象的でした。

――松井さんはアイコをどう捉えていたのでしょうか。

松井 アイコの顔にアザがあるということをウイークポイントに捉えてしまう人がいると思います。もちろんそれもこの作品にとって大事なことの一つではあるんですが、そこよりもアイコが飛坂さんと出会ってから始まる恋心の物語を重点的に意識して演じるようにしていました。アザがあるとかないとかを考えて、こういうお芝居をしなきゃいけないというよりは、シーンの中で問題が持ち上がった時に、どう反応するかを重視していたと思います。

――特に印象に残っているシーンを教えてください。

松井 飛坂さんとぶつかり合うシーンです。私はすごく悲しい気持ちを持ってリハーサルをしていたんですけど、監督からは「そこは怒りをもっとぶつけてほしい」と言われて。アイコは人に怒りをぶつけるのがすごく怖いというように私は感じていたので、「怒りという感情が分からないです。分からないけど、でもやってみます」という感じで、本番でやってみたら、自分が考えていた悲しさって一つだけの感情じゃなくて、怒りもあるし、悔しさもあるし、悲しさもある。いろんなものが混ざって、それを彼にぶつけるっていうことを監督が言いたかったんだなと、どんどん分かっていって。それは自分としてもアイコという役としても、ひとりでは見つけられない感情や表現だったので、とても印象的なシーンになりました。