高校時代にアニメ制作の面白さを実感

――アニメーション監督を目指そうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

石田 子どもの頃から、いろんなアニメーション作品を観てきました。さっき挙げた『ドラえもん』もそうですし、それ以外にもごまんと観てきたわけですが、監督になるとは思っていませんでした。明確に意識し始めたのは、アニメを作る機会を得た高校生あたりですね。中学生の時、いろんな監督の力作を観て「アニメってすごいんだな」と感じ始めて、その流れで自主制作をやってみたら非常に面白かった。あたかも自分が運動部などで体感として学んできた、体を動かすことの面白さや喜びを、そのまま活かすことができるような。自分で実際に作ることで、余計にその面白さを実感しました。最初に作ったのは、エルガーの「愛の挨拶」という曲に合わせたアニメーションだったんですが、音に映像をつける作業が楽しくて……。中学時代から音楽への関心も高くなっていて、作業中もずっと音楽をかけていました。絵も描けるし、好きな音もつけられるし、アニメーションだと自分の好きなことが全部できる。これは楽しいと思い、迷わずアニメーションを作れる大学に進むことを決めました。

――そして京都精華大学マンガ学部アニメーション科に入学される訳ですが、その時点で「アニメーションを一生の仕事にする」と決めていたのでしょうか?

石田 高校時代からすでに予感としてあって、大学を選ぶ段階で確信になりました。それ以外の進路はあまり考えてなかったです。なんでそこまで迷いがなかったのか、今になって振り返るとよく分からないですけど。でも、一応は寄り道というか、イラストや漫画も積極的に描いていました。それもまた無駄な時間ではなかったと思います。

――ちなみに、アニメーション制作に目覚めてからもスポーツはしていたんですか?

石田 自然としなくなりましたね……。高校までは体育の授業とかで運動はしていたんですが、大学に入ると体育の授業にも出ず、ひたすら絵を描くことに時間を割いていたので……。その頃から腰を悪くしたりして、運動不足が体に与える影響を如実に体感しました。それでもアニメーション制作に時間を費やしたかったです。……ただ、大人になってみると、軽くでも運動はしたほうがいいと素直に思いますよ。結局、体力勝負というのもあるので。