Contents

太鼓の音が一緒になったときはすごく気持ちよかった

――初めて『藍に響け』の脚本を読んだときの印象はいかがでしたか?

久保田 私の演じたマリアは幼いころに交通事故にあって言葉を発することのできない役ですが、マリア主体に物語を読んでみて、演じるのが難しそうだなと感じました。しっかり役作りして、いろいろ学ぶことが必要だなと思いました。

紺野 私の演じた環は、場面場面でちょっとずつ表情が変わっていく役柄です。最初こそテンションは低めですが、太鼓に出会って一瞬テンションが上がったり、太鼓が叩けるようになるまで時間がかかりながらも、次第に闘志を燃やしていきます。太鼓部の部員と打ち解けてからの、環の役回りも大きく変わりますし、マリアと他の部員では見せる表情も違っていて、いろいろ考えないといけないことがあるなと思いながら台本を読みました。

――確かに環は、映画の最初と最後で別人のように変化をしますよね。

紺野 最初のほうで見せる思い詰めたような表情と、クライマックスでみんなと太鼓を演奏するシーンで見せる表情は、全く違う表情にしたかったので、かなり意識しました。

――「女子高生だけの太鼓部=熱血!」というイメージを抱いていたんですが、実際の映画は、熱い部分と繊細な部分が共存している印象を受けました。

紺野 あまり女子っぽくしないように心がけていました。太鼓という存在があったからこそバランスが取れていたなと感じました。

久保田 女子だけの部活なので、男子が主役の熱い青春映画みたいにはならないのですが、「熱血!」という部分は環のセリフの端々から滲み出ていて、よかったかなと思います。

――映画のキャッチフレーズは「人とうまく繋がることが出来ない女子高生たちが「音」で自分の世界を変えていく。」というものですが、太鼓を通して部員たちが心を通わせる姿を表現するのは難しくなかったでしょうか?

久保田 台本をいただいてから期間を空けずに太鼓の稽古が始まりました。稽古中に太鼓の音で人は繋がれることを実感していたので、あまり撮影で苦労することはありませんでした。

――太鼓の練習期間はどれぐらいあったのでしょうか?

久保田 撮影が始まる3か月ぐらい前から練習が始まって、本格的に太鼓を叩き始めたのは撮影まで1か月を切っていた時期でした。

紺野 何とか叩けるかもって手ごたえを感じたのは本当にギリギリだったよね。

久保田 大変だったことはたくさんあるけど、まず筋肉痛がすごかった。

紺野 手のマメもつぶれるしね。

久保田 石鹸がしみて手を洗うのもしんどかった。でも毎日、稽古があるから太鼓を叩き続けなきゃいけないし、リズムを覚えるのも大変だし、とにかく必死に練習していました。

紺野 太鼓を叩く姿勢が、普段は取らない姿勢なので、それをキープするのも苦労しました。

久保田 練習の甲斐あって、徐々に太鼓の音を聴いているうちに、一体感があるなとか、これはバラバラだなって分かってくるようになってきました。みんなの音が一緒になったときは、すごく気持ちよかったです。

――海岸でお二人が気持ちをぶつけ合うシーンが美しくて印象的でした。

久保田・紺野 海岸!

久保田 これまでのお仕事で一番寒かったです(笑)。

紺野 撮影は12月だったんですけど、風がすごくて、さらに雨も降ってきて……。夏まで海は行きたくないと思いました(笑)。

久保田 生まれて初めて12月の海に入りましたからね。ただ一方でスタッフさんの温かみも感じました。みなさんが私たちのために暖を取ってくれたんですよね。

紺野 そういう過酷な状況でしたが、カメラを回す直前まで入念にリハーサルをして、一回で撮りきったので思い出深いです。

――監督はリハーサルを重視する方なんですか?

紺野 特に重要なシーンは入念にやられますね。

久保田 クランクインの前にもリハーサルだけの期間を設けて、何日かリハーサルをしました。

――海岸以外で印象的なシーンはありますか?

久保田 環とマリアが気持ちをぶつけ合ったり、部員たちが話し合ったり、部室の中で起こっているシーンは、どれも印象深いです。マリアがたじたじになるぐらい、環に言葉を浴びせられる教会のシーンも好きですね。

進学するたびに、この仕事を続けるかどうか葛藤があった

――お二人とも小さい頃から、このお仕事をされていますが学業との両立はどうしていましたか?

久保田 私は流れに身を任せるタイプなので、そこまで大変だと思ったことはなかったです。上京したのが高校生のタイミングで、母が一緒に来てくれたのも大きかったです。そうじゃないとお仕事が立て込んだときは、学校を休んでしまっていた可能性もあったと思います。母が毎日、「学校に行きなさい」と言ってくれていたので、そういう支えは大きかったと思います。

紺野 私は0歳から事務所に所属し、芸能活動をしてきたので、学校とお仕事という両立が普通でした。みんなが部活をやって勉強しているのと、あまり変わらなかったです。

――将来、俳優でやっていこうと明確に決めたタイミングはいつでしたか?

久保田 高校時代は周りに芸能をやっている子が多かったです。お仕事で学校を休んでいる子がいると、「私は学校に行っているのに……」と正直悔しい思いをしました。それに母も一緒に来てもらっているのもあって、絶対に引き下がれないなと思っていました。さらに気持ちが固まったのは、高校を卒業したタイミングです。私には、他の職業は合っていないし、私にできることは演じることしかないという気持ちが日増しに強くなっていました。

紺野 逆に私は、ずーっといつ辞めるんだろうと考えていました。中学、高校と進学をするたびに、このまま続けることが正解なのか、まったく違う職業に就くのか、いつも考えていました。特に高校は普通の進学校に通っていて、周りは大学に進学するのが当たり前でした。そんな中、女優のお仕事を突き詰めていこうと思ったのは、『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系 ※2018年9月2日から2019年8月25日まで放送)が終わった後なので、わりと最近です。『仮面ライダージオウ』を機に、もっと他の役を演じてみたい気持ちが強くなりました。

――『藍に響け』は高校が舞台ですが、改めて高校生に向けて映画の見所をお聞かせください。

久保田 今はコロナ禍で気軽に人に会えない状況ではありますが、身近にいる仲間たちと何か目標を持って突き詰めて、お互いを刺激し合うのは素晴らしいことですし、今後の人生にも大きく関わることです。『藍に響け』も、そんな高校時代の大切な瞬間を描いた作品なので、私たちが熱く太鼓を叩いている姿を見て、活力になったり、何かを感じてもらえたりしたら嬉しいです。

紺野 部活に限らず、勉強やバイトなど、高校時代に打ち込む選択肢がいろいろある中で、何を選んでいいのか決めかねている子も多いと思います。そんなときに『藍に響け』を見ていただいて、何かをやってみるきっかけになれたらいいなと思います。

Information

『藍に響け』
2021年5月21日(金)新宿武蔵野館、渋谷シネクイント、池袋シネマ・ロサほか全国順次公開
出演:紺野彩夏 久保田紗友
永瀬莉子 板垣瑞生/小西桜子
山之内すず 茅島みずき 吉田凜音
川津明日香 山本亜依 カトウシンスケ
濱田マリ 須藤理彩
筒井真理子/吹越満
監督:奥秋泰男
原作:すたひろ『和太鼓†ガールズ』(双葉社刊)
脚本:加藤綾子
©すたひろ/双葉社 ©2021「藍に響け」製作委員会
すたひろ原作の漫画『和太鼓†ガールズ』を実写映画化した青春ドラマ。裕福な家庭に生まれ育った松沢環(紺野彩夏)はミッション系お嬢様学校でヒエラルキーのトップにいたが、父の会社が倒産したことで生活が一変。友人たちにも事情を言えず行き場を失った彼女は、ふと聞こえてきた音の振動に吸い寄せられ、同級生の新島マリア(久保田紗友)が和太鼓を叩いている場面に遭遇する。交通事故による声帯損傷で言葉を発することができないマリアにとって、和太鼓は言葉そのものだった。それ以来、和太鼓のことが頭から離れなくなった環は、和太鼓プロ集団「雷鼓音」のコンサートを見に行く。そこでは、高校生の江森司が大人に混じって圧巻の演奏を披露していた。心を動かされた環は、和太鼓部に入ることを決意するが……。

公式サイト

公式Twitter

久保田 紗友(くぼた さゆ)
2000年1月18日生まれ、北海道出身。2012年、ソニー・ミュージックアーティスツ主催の女優発掘オーディション「アクトレース」をきっかけに事務所に所属。2013年2月、ドラマ『神様のイタズラ』(BS-TBS)で主演。2017年公開の『ハローグッバイ』で長編映画初主演。2020年1月17日、1st写真集『久保田紗友』(双葉社)発売。主なドラマ出演作品に『鈍色の箱の中で』(テレビ朝日)、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS)、『ホリミヤ』(MBS)、主な映画出演作品に『サヨナラまでの30分』(2020年)、『モルエラニの霧の中』(2021年)など。

紺野彩夏(こんの あやか)
1999年6月24日生まれ、千葉県出身。0歳より現在の事務所に所属し、ドラマ、映画、バラエティ、CMなど幅広く活躍する。2016年3月号から2021年1月号まで『Seventeen』の専属モデル、現在は『non-no』の専属モデルを務める。主なドラマ出演作品に『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日)、『そして、ユリコは一人になった』(関西テレビ)、主な映画出演作品に、『恋妻家宮本』(2017年)、『ミスミソウ』(2018年)。『灰色の壁〜歯車〜』(2021年公開予定)ではヒロインを務める。

Photographer:Toshimasa Takeda
Interviewer:Takahiro Iguchi
Hair&Make: 竹山直実、南里真衣
Stylist: 田中あゆみ(紺野彩夏)、瀬川結美子(久保田紗友)