大学で学んだことはアイドルの活動にも活かしていきたい

――皆さんは現役の大学生でいらっしゃいますが、どういう理由で大学を選ばれたのでしょうか?

西川 経営について学びたいと思って選びました。「格好いいかな」と思ったのと、経済だと数学を使うので…。

伊田 私は理系を勉強しています。中学~高校の時から、スパっと答えが決まるのが好きだったし、仮説を立てて物事を考えるのが好きなので、今の学部を選びました。

瀬戸 すごいな~。

伊田 まだ2年生なので、そこまで専門的には学べていませんが、自分の好きな科目の勉強ができているという点では、大学生活を楽しめています。

大月 今の学校を選んだのは、留学したかったからなんですけど、コロナ禍でほとんど中止になっちゃいました。本当はオーストラリアに留学したかったのに。去年はずっとオンライン授業で、ようやく今年から通いだしたので、2年生だけどまだ1年生みたいなもんです。やっと前期の授業から解放されました(笑)。

一ノ瀬 私は、家政系や男女格差について学びたくて女子大を選びました。コロナ禍で精神的に落ち込んでしまうことも多い世の中だから「人の気持ちが理解できる人になりたい」と、今は臨床心理学やカウンセリングについて学んでいます。

山下 大学の授業も芸能活動に役立てるようにいろいろなことを学んでいます。今は、高校の国語の教員免許を頑張って取得しています。

――学生として教職免許を取りながらアイドル活動もするのは、忙しそうです。

山下 芸能活動と学校と教職免許の取得って、結構大変です(笑)。1年生の時は大阪でオンライン生活、2年生になって上京しましたが、まだオンライン生活で。3年生になってようやくこの生活になりました。大学で新歓のビラも配っているんですけど「もう3年生だし対象じゃないよな…」と悲しい目で見ています。楽しいことと言えば、ちょっと人より取得単位数が多いことかな。人よりも20ぐらい単位が多いんですよ。なので「こんだけ単位取った!」とニタニタしてます(笑)。

吉田 音楽科がある高校に通って、専門的な勉強をしていたので、それ以外の選択肢があまりなく、そのまま音大に入りました。今はミュージカルの勉強をしているので、歌、ダンス、演技の授業ばかり。ずっと動いている大学生活です(笑)。舞台に立って発表する場も多くて、先週はダンスの発表があり、私はバレエを踊りました。

瀬戸 私は4年生なので、卒論を書き始めています。研究テーマは「歌詞」。この活動を始めてから、言葉が持っている力の凄さや、言葉の難しさを改めて感じています。言葉で表現することは、中学~高校の頃から興味があったので、大学でも勉強したいと思いました。私も女子大なので、女性としての意思表示や社会での立ち位置も考えた上で、言葉で表現できる人になりたいし、大学で学んだことはアイドルの活動にも活かしていきたいです。