美しいと思ったものをより分かりやすく、多くの方に伝えていく

――現在は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」など、フェスやライブ活動もされていますが、ステージに立つ時に意識されていることはありますか?

須田 須田景凪という名義を設けたのは、制作において、自身が混乱してしまわないように、という理由なんです。ライブをするか、音源を作るかだったら、僕は音源を作るという時間がすごく好きで、もともと「ライブはDVDやYouTubeでいいや」というタイプだったから。でも、少しずつ出演する機会が増えるうちに、ライブはそこでしか体験できない空間芸術なんだなと感じるようになりました。ワンマンライブは自分のことを知っている人が来てくれるので、「自由にやろう」と思っていて、フェスは「少し興味あるけどよく知らないんだよね」という、はじめましての人に刺さることが改めて大事だなと思います。

――アーティストとして今後の目標を教えてください。

須田 大きい舞台でライブをしたいとか、このチャートで1位になりたいとか、そういう具体的な目標というのは、正直あまりなくて。一番、根っこにあるのは、その時々で好きなものを作りたいという気持ちです。自分はポップスが好きで、ポップスという音楽を作っていると思うので、その時々で美しいと思ったものを自分の感覚で、表現していく。最近は、より分かりやすく、たくさんの人に刺さってくれたらいいなとも思っていて。その試行錯誤の中に、結果として価値が生まれたら嬉しいなと感じています。その方法論みたいなものを自分なりに編み出していきたいなと、考えています。

――自分の好きなことを表現しつつ、自己満足では終わらせない。音楽に対する情熱が伝わってきます。音楽以外で何かチャレンジしたいことはありますか?

須田 好きなものはたくさんあって、いろいろなものに手を出していますが、結局、音楽を作っている時間が一番好きです。今すぐではないですけど、いつか劇に挑戦してみたいです。多分その時って主題歌とか挿入歌とかとは違って、「主人公がこう考えながら、急ぎ足でどこかに向かうシーン」みたいな、すごく限定的なお題をもらうことになると思うんです。その時、今まで使っていない脳を使うことになると思うので、どういう音楽が生まれるのかは、その時にならないとわからないですね。

――最後に進路選択を控えているティーンにメッセージをお願いします。

須田 自分の場合はドラムを本気で愛していたし、本気で熱中していると思っていたんですけど、作曲を始めたら「ドラム、全然本気じゃなかったかもな」と思ってしまって。だから、横着しないでもっといろんなものを教わったり、いろんなものに手を出せばよかったなと。それが仕事や趣味だとしても、自分が好きなものを自覚すると、人生はすごく変わる。そうやって好きなものを見つけることは、同時に自分を愛してあげることにも繋がると思うので、素晴らしいと思います。

Information

2022年10月7日配信リリース
映画『僕が愛したすべての君へ』主題歌
雲を恋う(読み方:くもをこう)
作詞・作曲:須田景凪
編曲:須田景凪, PRIMAGIC

映画『僕が愛したすべての君へ』挿入歌
楽曲名:落花流水(読み方:らっかりゅうすい)
作詞・作曲・編曲:須田景凪

配信サイト

WARNER MUSIC JAPAN / unBORDE

雲を恋う

MV

落花流水

MV

須田景凪

アーティスト

2013年より“バルーン”名義でニコニコ動画にてボカロ P としての活動を開始。代表曲「シャルル」はセルフカバーバージョンと合わせ、YouTube での再生数は現在までに 1 億回再生を記録している。2017年10月、自身の声で描いた楽曲を歌う“須田景凪”として活動を開始。 2021年2月に、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル・unBORDE よりメジャー1stフル・アルバム『Billow』をリリースし、オリコンウィークリーチャート7位にランクイン。作詞・作曲・編曲の全てを手掛け、ベットルームで音源制作からレコーディング、音源発表まで行う究極のベッドルームポップ・ミュージックが、多くの若者から支持を集めている。

Editor:Keita Shibuya,Photographer:Taku Fujii(ライブ写真),Interviewer:Tetsu Takahashi