Contents

ダンサーがダンサーのままでメジャーになれる道をつくる

――どういう経緯でD.LEAGUEを発足させたのでしょうか。

神田 僕は長くダンス業界にいるんですけど、常にダンサーの受け口をどうつくるか考えていて、マイナビDANCE ALIVE HERO’S(神田氏がオーガナイザーを務める国内最大級のダンスイベント。以下「DANCE ALIVE」)を始め、様々なダンスプロジェクトをプロデュースしてきました。その中で一つの大きな転換期になったのが、2011年に義務教育でダンスが必修科されたことでした。

――2012年に中学校が必修科されました。

神田 それをきっかけに、部活動も含めて学生のダンス層が増えていった流れがあります。僕自身、チームごとにダンサーが争う「DANCE@HERO」(※ストリートダンス情報バラエティ『DANCE@TV』(テレビ東京)内の企画)というテレビ番組を通して、コンテストの新しい形をつくっていたんですけど、もっとダンスをメジャー化するにはどうすればいいのか考えながらダンス事業をやっていて。DANCE ALIVEは、ダンサーがダンサーのままでメジャーになれる道をつくることを目指してやってきたんですけど、バトル的なものは玄人向けなので、一般の方にダンスを伝えるためにはわかりやすいほうがいいだろうと考えていました。実はD.LEAGUEの話が出る前から、ダンス界ではプロリーグ的な発想はありました。

――なぜ、そのときは実現しなかったのでしょうか?

神田 プロリーグをつくるには資本や運営など、いろんな方々を巻き込まないとできないからです。

――ダンスのプロリーグが具体化したきっかけはあったんですか?

神田 DANCE ALIVEを両国国技館でやっていく中で、EXILEHIROさんと出会い、実際に見に来ていただいたところ、「LDHと一緒に何かやらないか」と声をかけてくれました。それでDANCE ALIVE的なことよりも、DANCE@HEROを大きくしたほうがいいんじゃないかと思って。その流れでHIROさんから紹介してもらったのが「踊る経営者」で知られる平野岳史さん。それでD.LEAGUEの構想をお話ししたら、「ぜひとも一緒にやりたい」と言っていただけたことでスタートしました。今は僕と平野さんでD.LEAGUEの代表取締役を務めています。

プロリーグという形でダンスを世の中に出せば、新しい流れはつくれる

――何歳からDリーガーとしてD.LEAGUEのチームに所属できるのでしょうか?

神田 16歳以上です。あまり年齢の枠を広げてキッズダンサーも含めると、可愛いだけで勝ったり、年齢でひいきに見られたりする可能性もあるので、大人の入り口として高校生からにしています。甲子園からプロ野球、高校サッカーからJリーグみたいに、高校生の部活動からD.LEAGUEという流れができたらいいなという思いもあります。

―ルールづくりは大変だったのではないでしょうか。

神田 前例がないですからね。世の中にあるダンスコンテストと言われているものを基準に、それをメジャー化、スポーツ化していくにはどうすればいいのかという視点でルールを整えていきました。準備には1年半ぐらいかかりました。

――海外にもダンスのプロリーグみたいなものはあるんですか?

神田 テレビ番組のダンスコンテストはあっても、企業に所属するという形ではないですね。日本はダンス人口が多いですから、ダンスのテレビ番組があれば必ず流行っていました。なのでプロリーグという形でダンスを世の中に出せば、新しい流れはつくれると思っていました。

――コロナ禍で始めることでのリスクはありましたか?

神田 むしろリモートなどでの在宅ワークが当たり前になってきて、当分はお客さんの目の前でやるのは難しくても、オンライン視聴という形式はD.LEAGUEにとってはチャンスだと思いました。僕はサッカーやF1も好きなんですけど、ほとんどネットを通して見ています。自分の見たいデバイスで、好きなものを見るコミュニティは世界中に広がっていますし、勝算はありました。

ずっと踊ってきた人たちでやったほうが理想の形をつくれるんじゃないか

――今年1月からD.LEAGUEがスタートして手ごたえはいかがでしょうか?

神田 悪くないと思います。ドカーンとブームになっているかというとそうでもないですけど、毎週のようにテレビなどでも特集いただいていますし、順調に推移していると思います。

――まだ入場制限が行われているとはいえ、チケットも毎回完売です。視聴者の世代はどのぐらいですか?

神田 十代、二十代が中心ですが、そのお父さんお母さん世代も見ているので、まんべんなく幅広い世代が見てくれていると思います。これは「DANCE ALIVE」にも言えるんですが、両親はもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんまで孫を見に会場まで駆けつけてくれています。

――そういう意味で言うと、スポーツよりも幅広い世代に刺さっています。

神田 スポーツ業界は高齢化が深刻な問題なんですが、それをリフレッシュする意味でもD.LEAGUEは役立っているはずです。

――確かに野球やサッカーにしても、若いプレイヤーはいても、観戦を楽しむ若者は減っている印象があります。

神田 むしろダンスは若い子がいっぱい見ています。YouTubeでもTikTokでもダンス動画が多いですし、K-POPも定着していますし、ダンスを見ない日はないじゃないですか。僕は十数年前から「ダンスが来るよ」と言っていたんですけど、大半の人は信じてくれなかった。一部の方が協賛をしてくれたり、ダンス系のアーティストを育てたり、ダンススタジオを設立したりして、ようやく今ダンスがきたなと。誰かが遊びをビジネスにすることが大事なんです。サッカーにしても、玉蹴りとして遊んでいたものが、誰かが大きな市場になると考えたから大きくなったと思うんです。バスケも野球もそう。別に僕は「ダンス=スポーツ」にしたいわけではなく、ダンスにはカルチャーの側面もあります。もともとオリンピックもアートとスポーツの祭典ですし、それが競技のほうに向かっていっただけ。誰かがダンスの価値を上げるために動くなら、ダンスを知っている者たちでつくりたかった。全然ダンスを知らない人が競技化するよりも、ずっと踊ってきた人たちでやったほうが理想の形をつくれるんじゃないかと。それがD.LEAGUEです。

――今後、高校生がD.LEAGUEのチームに入るには、どのような方法があるのでしょうか。

神田 「DANCE ALIVE」も含めて、日本に複数あるダンス大会の中で、「あの子いいよね」と声をかけられることもありますし、各都道府県にあるダンススタジオのネットワークからチャンスが生まれることもあります。あとSNSがこれだけ広がっていますから、TikTokなどでバズっている子がいたら、それを企業のオーナー及びスタッフが見て、いいなと思って声をかける可能性もあるかもしれません。

―D.LEAGUE自体でスカウトのシステムは考えていますか?

神田 もちろん考えています。ダンスは部活動よりも先にダンススタジオで習う子たちが多いので、サッカーでたとえるならダンススタジオがユースで、部活動が高校サッカー、それがドラフト会議に繋がるような座組は将来的に考えています。

――2024年開催のパリオリンピックから「ブレイキン」が正式種目に追加されましたが、Dリーガーからも代表が選ばれそうです。

神田 Dリーガーが金メダルを獲ることがあれば嬉しいです。D.LEAGUEにも「KOSÉ 8ROCKS」のようなブレイキンチームもありますし、金メダルを獲った子がD.LEAGUEに参加する流れもできたらいいですね。

神田勘太朗(かんだ かんたろう)

株式会社Dリーグ 代表取締役COO

別名:カリスマカンタロー。長崎県出身。明治大学法学部卒業。2004年6月3日、有限会社アノマリー(現・株式会社アノマリー)を設立。2004年よりダンスイベント「DANCE ALIVE HERO’ S」を主催、2020年より株式会社Dリーグの代表取締役COOとして「D.LEAGUE」を発足させるなど、日本のダンスシーンをリードし続けている。著書に『誰も君のことなんて気にしていない。』(きずな出版)がある。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Takahiro Iguchi