普段のイメージとは違う共演者たちの印象

――一緒に協力して戦うクラスメイトを演じた5人の印象をそれぞれ教えてください。

醍醐 (眞栄田)郷敦君。あんなストイックに食生活をしている人を初めて見ました。

――普段から食生活に気をつけているってことですか?

醍醐 そうなんです!健康に気をつけてサラダにするとか、チキンにするみたいな人は見たことがあるんです。でも計量器を持ってきて、米の量もタンパク質量も1グラム単位で計算して、サプリも併用しているんです。食べる時間帯も決めて、毎日、米、ヨーグルト、納豆、卵だけで過ごしていました。僕も真似してみようと思ったんですけど3日で飽きましたね。あのストイックぶりは真似できないです。

――眞栄田さんにインタビューした時、撮影中は醍醐さんとサウナに通ったとお話しされていましたが、サウナでもストイックでしたか?

醍醐 サウナは最初ダメダメでした(笑)。「もうキツイっす」とか言ってましたけど、徐々にハマってましたね。楓珠くんは、高校が一緒だったんですよ。学生時代は先輩後輩の関係だったんですけど、初めてちゃんと向き合ってしゃべってみたら、こんな2枚目なのに、お笑い大好きだから、すごく面白いことを挟んできたりするんです。それが意外でした。もっとクールで、後輩の女の子たちが憧れる先輩だったのに、あれは楓珠くんじゃなかったんだなと思うくらい(笑)。でも、こっちが本当の楓珠くんで、こんなに笑う人なんだなと印象が変わりました。

――女性キャストの方々はいかがですか?

醍醐 (橋本)環奈さんからは、座長としての姿を学ばせてもらいました。全員に分け隔てなく、自然体でみなさんに接するんです。僕みたいな年下にも、年上の人と同じように接するのはすごいなって。周りをよく見ているし、愛される人だなと思いました。横田(真悠)さんは、撮影の時の印象は、可愛らしくてほわほわしている女性だったんですけど、実は僕が思っている彼女のキャラクターと真逆だったんです。

――どういうことですか?

醍醐 先ほど久しぶりに6人が集まって、番組の収録があったんですけど、占い師の方に「ヤンキーの星がある。強い女の人」と言われていたんですが、横田さん自身が「当たってる!当たってる!」と言ってて(笑)。僕は横田さんのことをちゃんと理解してなかったんだなと。たぶん女性同士でいる時の顔と、現場でいた時の顔がちょっと違うというか。(山本)舞香さんの話を聞いたら、ちゃんと横田さんのことを理解していたみたいです。

――見た目のイメージだと、山本さんのほうがヤンキーの星を彷彿とさせますが(笑)。

醍醐 ところが舞香さんはヤンキーの星がないみたいです。ただ、男でもついていきたくなるようなリーダーシップがあるんです。僕的には、そういう女性に初めて出会ったのでインパクトが強かったです。あと下の人には優しくて、上の人にはツンツンでした(笑)。