子どもの「パパ帰っちゃったね」の一言でスイッチが入った

--おいでやすこがは、2020年のM-1グランプリで準優勝を勝ち取ったことで、知名度が飛躍的にアップしました。M-1前後でお二人の環境もガラッと変わったのではないかと思います。

小田 スケジュールが真っ白から真っ黒になったのが一番ですかね。ただ、声はそんなに掛けられないです。僕、顔を指さされると恥ずかしいタイプで、結構伏し目がちに歩いているんで(笑)。サインくださいって言われることもあるんですけど、「俺のサインもらってどうすんねん」とも思ってしまったり。(ファンが)増えたのは増えたけど、コロナ禍もあって、昔みたいに劇場で出待ちの人の数とかチケット買う人の行列、みたいな分かりやすいバロメーターが今はもうないですしね。

こがけん 僕はもともとどちらかというと自分の世界を守りたいほうなんですけど、ものすごく若い子から声を掛けられるとかわいくて、「よしよしよしよし」って感じになりますね。自分に子どもができたからかもしれませんが、若干考え方が変わったなと思います。

--M-1で結果を残してからも、お二人の人気は息が長いですね。

小田 2021年の1年間はどうしてたかなっていう感じで、忘れちゃってます。ずっとハイな状態やったんで、あれをもう一回やれと言われたら、ちょっとしんどいかもしれないですね。

こがけん 普通なら注目してもらったタイミングで単独を打つんでしょうけど、そんなことも考えられないくらい、とりあえず今日1日の仕事を頑張ることしか考えてなかった気がします。あとは地方によって人の雰囲気も違うのが面白いですね。東京なら気づいても声をかけるまでに至る人ってほぼいないんですけど、大阪とか福岡だとバンバン声かけてくる、みたいなところです。

--怒涛のような忙しさが一段落したところでの単独ライブということでしょうか?

こがけん 来年になるとミュージカルの仕事も始まるので、年内に単独をやるのはいいかもしれません。単独って芸人の仕事として象徴的なものでもありますからね。頭の片隅には残っていても、去年は全くそんなことを考える余裕がなかったので。

小田 決まったからにはやります、という感じなんですけれども、選べるならもうちょっと遅い時期を選んでたかもしれないですね。けど冷静に考えると結果的によかったかな。さすがマネージャーは冷静に見ています。話を聞いた時は、「やっぱ今年はやめて!」っていう感じでしたが、正解だったと思います

--お仕事・プライベートの両面で、新しいことに挑戦できるような状況になりましたか?

こがけん 僕はテレビの仕事は、小田さんより全然少ないです。ただ、映画関係の仕事やテレビの企画で商品開発などをしていたりして、「宿題」的なものはすごく多いので、一時はネットカフェでずっと作業して、朝の3時くらいにタクシーで家に帰って、また朝起きて仕事に行く生活をしていました。変な時間に帰っちゃうと子どもが起きちゃいますからね。でも僕が仕事に行くと、下の子はウチの奥さんに「パパ帰っちゃったね」って言うんですよ。僕は他にも家があって、時々来る愛人みたいな感じです(笑)。「これはいかん!」と、スイッチ入ってしまいました。だから締め切りが迫っていても子どもが何か言ってきたらなるべくそっち側のペースに合わせるようにしてるんですけど、それで死にそうになる、ということの繰り返しですかね。うまいこと休みを取りながらやっていかなきゃいけないと思いました。

--小田さんはいかがですか?

小田 そもそも僕、「この日を休みにしてくれ」ってよう言わんというか。それで全然良かったんですけど、ちょっとへばってきちゃって。それでも言えないんですけど。来年はいい感じに余裕を残してバランスとりたいな、と思います。ここ1年半ぐらい、ホンマにプライベートで何にもしてないし、仕事ばっかやってるのはどうなんやろうっていう感じはあるので。