Contents

ROUND.9のトップバッターは「avex ROYALBRATS」

「D.LEAGUE」は年間12ラウンドのレギュラーシーズンを9チームでシーズンチャンピオンを争っている。シーズンもいよいよ佳境に入ってきており、会場の熱気は凄まじく、無観客とは思えないほど会場は盛り上がりを見せている。

▲avex ROYALBRATS ©D.LEAGUE 20-21

パフォーマンスの順番は毎回、抽選にて決まる。この日のトップバッターの「avex ROYALBRATS」は女性5名、男性3名という編成で登場。女性陣はどこか所帯じみた衣装に、モップやお玉など家庭用品を小道具にして主婦を表現する異色のスタイルでスタート。一方の男性陣は柄の長いフロアワイパーを持って女性陣を盛り立てながら、ラテンのリズムに乗せて8人は複雑なステップを展開。後半は上着を脱ぎ、一転してヒップホップ色の強い格好になると、ダンサーのAsukaを中心に躍動感のあるダンスで女性の強さを表現。ディレクターのRIEHATA氏は、「亭主関白で夫に尽くしていた主婦が、人に人生を捧げるのではなく、自分も輝いていいんだというメッセージを込めた」と作品の意図を語り、ジャッジの坂見誠二氏は上半身と下半身で全く違う動きを難なくこなすスキルの高さに賞賛を贈った。

▲KOSÉ 8ROCKS ©D.LEAGUE 20-21

ここ最近のラウンドで思うような結果を残せていない「KOSÉ 8ROCKS」は原点回帰をするかのごとく、一方が青、一方が赤を基調にした衣装で4人1組に分かれてブレイキンバトルの世界を表現。椅子やフラッグを効果的に使いながら、アクロバティックな技を繰り出しつつ、要所要所でチームワークの良さを見せつけた。一気に駆け抜けるスピーディーな展開に、ジャッジの黒須洋嗣氏は「体感的に1分ぐらいだった」と舌を巻いた。

「SEPTENI RAPTURES」が高得点を叩き出す

▲SEPTENI RAPTURES ©D.LEAGUE 20-21

ディレクターのakihic☆彡曰く「シンプルに喜びと感謝を表現するために、裸足で野性的な部分を出した」という「SEPTENI RAPTURES」。メンバーそれぞれがデザインの違う色とりどりの民族衣装に身を包み、プリミティブなリズムに乗せて、体の奥底から雄たけびを上げるかのごとくワイルドなステージを繰り広げた。ジャッジのMAI氏は「メリハリのある構成で、見せたいことやりたいことがクリアで伝わりやすかった」と高く評価。71ポイントと高得点を記録して1位に躍り出た。

▲USEN-NEXT I’moon ©D.LEAGUE 20-21

女性だけのチーム「USEN-NEXT I’moon」は、これまでドレッシーないで立ちで、シンクロ率の高い華麗で優雅なパフォーマンスを身上としてきた。しかし今回は“Energy to live”をテーマに、黒を基調にした衣装でセクシーに決めて、椅子とテーブルを駆使しながら、ソウルフルかつワイルドなダンスで魅了。アクロバティックな個人技も随所に取り入れ、美しさとハードさを兼ね備えた新境地を見せた。ゲストジャッジのあばれる君は、「最初はおしとやかだったのに、席を立ってからのギャップがすごくて、生きるエネルギーが伝わってきた、内側から爆発するようなエネルギーを感じました!」と興奮気味に語り、長谷川達也氏は「フォーメーションの展開、構成の作り方、ともにコンペティションのダンス作品として完璧に近い。テーブルや椅子で情景を作るところにエンターテイメント性の高さを感じた」と絶賛した。

▲KADOKAWA DREAMS ©D.LEAGUE 20-21

オープニングの挨拶でリーダーのRyoが「ヒップホップします!」と力強く宣言した通り、5番手の「KADOKAWA DREAMS」は黒づくめに白の文字を配したシンプルな衣装で統一し、めまぐるしく変化するサウンドに合わせて、息の合ったルーティンを次々と繰り出した。パフォーマンス後、ディレクターのKEITA TANAKA氏がサウンドについて「これまでのラウンドで使ったオリジナル楽曲をすべて入れ込んでMIXした」と語ったが、ジャッジの黒須洋嗣氏は「おしゃれで上手い。みんなが楽しく踊っている姿に感銘を受けた」とダンサーの奮闘を労いながらも、音楽によって散漫さを感じたとマイナス面も挙げた。

▲CyberAgent Legit ©D.LEAGUE 20-21

「CyberAgent Legit」はメンバーのenaがディレクションを担当。かねてから親交の深いスぺシャルダンサー2名を交えて、ストレートなロックダンスで勝負をかけた。ソロとチームのダンスを巧みに配列してタイトに決める姿は、どこか懐かしさを感じさせる衣装も含めて、古き良きダンサー像を彷彿とさせた。パフォーマンス後、マイクを渡されたenaは「一人の力では絶対に叶えられない夢が叶った感謝の作品です」と号泣。しかし、まとまりの良さが災いしたのか、「ダンサーの紹介に見えてしまった」(Jeff Miyahara氏)、「ロックダンスのいいところは出ていたが、もっとリズムを詰めてほしかった」(Suthoom氏)と厳しい意見も寄せられた。

▲Benefit one MONOLIZ ©D.LEAGUE 20-21

履いてはいけない教会でお気に入りの赤い靴を履いてしまい、死ぬまで踊り続けなければいけない呪いにかけられた少女を描いた童話『赤い靴』。この童話にオマージュを捧げ、初のストーリー仕立てに挑戦した「Benefit one MONOLIZ」。このチームのダンスジャンルは「VOGUE」だが、『赤い靴』の少女の境遇に、ヒールに魅せられて踊り続ける自分たちの姿を重ね合わせてパフォーマンスを展開。黒い衣装のダンサー7人に囲まれて、白いドレスに赤い靴を合わせたメインダンサーが踊る様は、毒々しさの中に美しい花が咲くかのごとく、ダーク・ファンタジー映画さながらの趣があった。ジャッジのあばれる君は「ほんわかしたスタートから、力強さ、毒々しさが雪だるま式に増えていって、いつしか巨大な惑星が迫ってくるような迫力があって取り込まれそうだった」と評した。

▲SEGA SAMMY LUX ©D.LEAGUE 20-21

オープニングの挨拶でリーダーのCANDOOが「大人の色気をダンスで伝える」と意気込みを語った「SEGA SAMMY LUX」は、その言葉通り黒に銀をあしらったラグジュアリーなスーツに身を包んで登場。ディレクターのBOBBY氏曰く、「うちのチームは半数が高校生。日ごろから練習中に大人チームからクラブの楽しさを聞いていて、憧れの場所に対する空想をドラマ仕立てで表現した」というだけあって、スローなR&Bをバックに、男臭いセクシーさが漂うダンスで夜の世界を巧みに表現した。

▲FULLCAST RAISERZ ©D.LEAGUE 20-21

ラストを飾るのは前回の覇者「FULLCAST RAISERZ」。全身黒ずくめに目出し帽というギャングのようなスタイルで、敵のアジトに襲撃するかのような緊張感みなぎるKRUMPで唯一無二のパフォーマンスを構築した。ジャッジのSuthoom氏は「KRUMPというジャンルをぶち壊しながらも、しっかりとリスペクトを感じる」と、チームのKRUMP愛に敬意を表した。

オーディエンスポイントが加算され、ROUND.9の優勝の行方は?

▲SEPTENI RAPTURES ©D.LEAGUE 20-21

全てのチームのパフォーマンスが終了し、オーディエンスポイントが加算されて、ROUND.9の最終結果が発表された。優勝は、71ポイントを叩き出した「SEPTENI RAPTURES」が首位を守り切った。コメントを求められたディレクターのakihic☆彡氏は、「喜びを表現することで、みんなの良さが伝わった」とメンバーのパフォーマンスを褒めたたえた。

後編

 

この記事の写真(全10枚)

DSC_0179

Image 1 of 10

Information

いよいよ佳境を迎える「第一生命 D.LEAGUE」。
次回、ROUND.11は6月8日(火)19時からD.LEAGUE公式アプリなどで無料生配信。視聴方法、ROUND.11の詳細は公式サイト、アプリ、SNSをチェック!

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter