Contents

働きながら365日中360日はゲーセンに通っていた

――初めてゲームに触れるきっかけはなんだったのでしょうか?

sako 小学校1年生の時に、友達とゲーム筐体(きょうたい)が置いてある駄菓子屋に行くようになって、そこで最初に遊んだのが『ストリートファイター』のⅠです。

――格闘ゲームの対戦をするようになったのはいつ頃からですか?

sako 中学生になって行動範囲が広くなり、放課後に友達と色々なゲームセンターに行くようになりました。タイトル的には『ストリートファイターⅡダッシュ』の時期かな。といってもクラスの友達と対戦をするくらいで、特別上手いわけではなかったです。本格的に対戦をするようになったのは働き始めた頃ですね。

――高校時代はそれほど格闘ゲームに打ち込んでいたわけではなかったんですね。

sako 高校時代は、吹奏楽部でクラリネットをやっていました。たまたま勧誘されて部活に入ったのですが、大会で賞を取るような名門校で、朝の6時半に登校して練習をして、帰りは夜の23 時という生活を続けていました。辛いというのはもちろんありましたが、練習をすればするだけ上達していくというのが楽しかったです。部員が100人近くいましたが、全員で演奏したときの音になんともいえない迫力があって、その中の一員でいることの嬉しさもあり、のめり込んでいました。

――部活漬けの生活から、格闘ゲームをやり込むようになるきっかけはなんだったのでしょう?

sako 吹奏楽を続けないかと誘われましたが、やりきってもうお腹一杯かなっていうのはありました。高校の最後の方はゲーセン通いも楽しくなっていたので、毎日夜遅くまで練習をして、自由な時間がないというのも嫌でした。就職する時はそこを基準に仕事を選び、朝は早いけど夕方には仕事が終わって自由時間があるという理由で、家がやっている仕事に就きました。それからは、夕方に仕事が終わってからすぐにゲーセンへ行って、閉店後は友達と店の前で話したり、帰ってまた練習をしたり。次の日は朝早くに起きて、眠い目を擦って仕事に行くっていう生活を繰り返していました。365日中360日くらいはゲーセンに通っていましたね。

――そこまでハマった理由はなんだったのでしょうか?

sako 運が良いのか悪いのか、通っていたゲーセンが、関西でもトップレベルの選手が集まる場所でした。初めのうちは、その日持っていった1万円を突っ込んで対戦しても、1勝もできないというのが普通でした。そんなことをずっと続けていくうちに、だんだん勝てるようになってきて、使うお金が少しずつ減っていきました。今まで勝てなかった相手に勝てるようになって、目に見えて勝率が上がっていくというのが楽しかったですね。自分はチャレンジャーじゃないと面白くないんですよ。

兼業でのプロ活動から専業プロゲーマーに

――その後、プロゲーマーを意識するようになったのはいつ頃でしょうか?

sako きっかけは2010年に開催された『スーパーストリートファイターⅣ』の大会、「GODSGARDEN Online#1」での優勝です。当時すでにプロゲーマーだったウメハラ(梅原大吾)さんが、自分が強いと思った選手8人を招待して、誰が最強かを10本先取の長期戦で決めるという大会でした。1度目の大会ではウメハラさんとの直接対決はなかったのですが、2度目の大会で対戦し、0―6の不利な状況から逆転勝利することができ、国内外からの注目が集まりました。といっても、当時はウメハラさんくらいしかプロゲーマーはいない状況で、自分がプロになろうと意識していたわけではなく、ただ強い相手と戦いたいと思っていただけでした。

――プロゲーマーとしての活動はどのようにして始まったのでしょうか?

sako 大会で優勝し、ウメハラさんを倒したことで海外でも名前を知られ、アメリカの大会に「ウメハラキラー」として招待されました。そのときは1プレイヤーとして、イベントを盛り上げるために参加しましたが、帰国後に海外でチームを立ち上げるから参加しないかというお話をもらったのが始まりです。すでに結婚をしていたので、二人でどうするかを話し合い、いきなり今の仕事を辞めてプロゲーマーに専念するのはリスクがあるので、兼業という形で活動していこうということになりました。

――2017年から専業プロとして活躍されていますが、きっかけはなんだったのでしょうか?

sako 2011年にプロゲーマーを始めた頃は、大会に出場したり、年に数回イベントの仕事がある程度で、もともとの仕事の収入がほとんどでした。それがプロ活動を続けていくうちにゲーム側の仕事が増えていき、時間が足りなくなってきてしまいました。最終的にはプロゲーマーの仕事の収入が2/3を占めるほどになり、最初の頃とは逆転していたため、これなら専業でやっていけるんじゃないかと。そこまで兼業を続けられたのは、職種的に休みの融通が利きやすく、働いた分だけお金が入る形にできたというのもありました。

――ちょうどそのタイミングが『ストⅤ(ストリートファイターⅤ)』(※2016年2月発売)リリースの時期だったということですか?

sako そうですね。専業になって上京することを決めたもう一つの理由があって、リリース当初の『ストⅤ』は、オンラインとオフラインでゲームの攻略が変わってしまうゲーム性でした。当時、関東で活躍するプロゲーマーたちはオフラインで対戦しながら攻略を進めていて、関西にいてオンラインメインでプレイしている自分よりも、レベルがかなり高いことに気付きました。今よりも上手くなるためには関東に引っ越さないといけないと家族に相談したら、「ゲームで食べていくならそれしかないよね。行こうか」と二つ返事で言ってくれて、専業になって関東に引っ越すことを決めました。

――現在メインでプレイされている『ストⅤ』の魅力はどういったところですか?

sako シリーズの歴史が長く、システムが完成していて面白いということと、キャラクターが多いので、自分にあったキャラが見つけやすいというのがあります。また、格闘ゲームの中で一番プロが多いタイトルなので、攻略のレベルが高く、それぞれの選手が背負っているものを賭けた試合はドラマが多いので、観るのも楽しいと思います。このゲームは1試合が3分ほどで終わるんですが、短い時間の中で相手に合わせた駆け引きをしなければならず、その心の動きが画面上のキャラクターの動きとして視覚的に見られるところも面白さですね。

負けたことから次に繋がる何かを見つける

――プロゲーマーを目指す上で大切なものはなんでしょうか?

sako 何を目指すかにもよりますが、練習が嫌いな人は向いていないと思います。大会は年間を通しても20回くらいしかなく、それ以外の時間の多くは練習になります。自分が理想とするプレイの目標を持って、それに向かって時間を無駄にせずに練習することが大切です。もう一つは、メンタルの強さですね。自分の場合、根本にあるのがめちゃくちゃな負けず嫌いなので、負けてしまった時に、次にどうやったら勝てるかを考えるっていうのを子どもの頃から自然とやってきたんです。それが出来ない若い子なんかはメンタルがやられてしまう。大会では1位の人間以外、全員負けることになります。数多くの大会で勝ち続けるのは不可能に近いし、1年間を通して結果が出ない時もある。そういったときに、負けたことから次に繋がる何かを見つけていくことが大事だと思います。

――今のような状況では配信も大事なお仕事になってくると思いますが、その中で意識されていることはありますか?

sako ゲームっていうは楽しいものなので、辛いことや大変な部分をアピールするのではなく、面白いところを目一杯引き出して伝えることを心がけています。それがゲームにとっても自分にとってもプラスになると思っています。

――今後の活動の中で、新しい目標などはありますか?

sako 昨年、自分が所属しているプロチーム「FAV gaming」の親会社である「KADOKAWA」が、東所沢に「ところざわサクラタウン」という複合施設をオープンしたんです。「KADOKAWA」としては、「ところざわサクラタウン」からアニメやゲーム、eスポーツなどを発信していくことで地域活性化に貢献したいという考えがあるので、「FAV gaming」としてもその地域に所属するチームとして、盛り上げていけたらと考えています。

――最後に、プロゲーマーを目指すティーンにアドバイスをお願いします。

sako プロゲーマーという仕事でも、もちろん社会的な常識が必要になります。なので、若いうちは可能性を狭めず、選択肢を膨らませて、色々な経験をしてほしいですね。その一つとしてゲームを続けて、チャンスがあればプロゲーマーを狙うということでも遅くはないと思います。実にならなかった時に何も残っていないという事態には陥らないで欲しい。プロになった自分でも、若い時にもっといろいろやっておけば良かったと思うんですよね。自分にはこれしかないと思い込まず、様々なことにチャレンジしてもらいたいですね。

sako

プロゲーマー

1979年4月9日生まれ。FAV gaming所属、(株)HORIアンバサダー。CAPCOM CUP 2013優勝。関西では知る人ぞ知る強豪プレイヤーであったが、2010年、「GODSGARDENonline #2」でウメハラ(梅原大吾)選手を倒し、世界に名をとどろかせる。2011年に社会人プロゲーマーとして活動を開始。その後、数多くの実績を重ね、2017年には上京とともに専業プロゲーマーとなる。現在は『ストリートファイターV』をメインに活躍中。自他共に認めるゲーム好き。妻のあききはsakoのマネージャーとしても活躍している。

Interviewer:MAKINO FUMITO