実写をやっている自分だからこそのアニメを作ろうと思った

― 今回のアニメーション映画『100日間生きたワニ』の原作「100日後に死ぬワニ」は連載中から愛読していたそうですね。

上田 連載2日目から読み始めました。最後に「死まであと〇日」という一文があることによって、4コマが違った見え方になるということ。この先どうなるんだろうという期待と不安。そして毎日1本上がっていくことで、僕らの1日とワニ君の1日が重なるというリアルタイム性がすごく面白くて、毎日楽しく読んでいました。

―4コマ漫画を長編アニメーションにする大変さは相当なものだったと思います。

上田 原作の4コマ漫画は100本ありますけど、単に連打しても断片的なダイジェストにしかなりません。それを再構成して、一つのストーリーにするのが最初の大きな壁でした。

―原作の持つ独特の間や空気感を表現するのも難しかったのではないでしょうか。

上田 仰る通りです。コマとコマの間に、間や余白があり、読んだ人はそれぞれの解釈を言いたくなります。その間や余白、時間の流れを映画で表現したかったんです。

―上田監督にとっては初めてのアニメーション作品ですが、事前にどんな映画にしようと考えたのでしょうか?

上田 普段は実写畑なので、アニメならではの表現を突き詰めても、ずっとアニメを作り続けている方にかないません。実写をやっている自分だからこそのアニメを作ろうと思って、「素朴な邦画」のようなアニメーションを目指しました。

―素朴な邦画とはどのようなものでしょうか?

上田 劇的なことは起こらないけど、そこに流れる時間だったり、やり取りだったりを慈しむような映画です。その意図を声優さんに伝えて、一般的なアニメーションよりもたっぷりと間を取っていただきました。セリフ回しもアニメーションにバキッと当てるよりは、セリフとセリフの間の息遣いだったり、不意に出た言葉だったりを活かしました。