質問に答えることは得意だけど、人に質問するのは苦手

――役作りをする上で、何か事前準備はされましたか?

玉城 セリフをきちんと入れるってことぐらいです。今泉監督の作品は、たとえ演技であっても、その場で生まれた会話のように見えるのが大事なのかなと。だから、あまり考え過ぎずに、もちろんキャラクターを作る上で考えたことはたくさんありますけど、現場に入ってからは考え過ぎないほうがいいのかなと。ガチガチに決めてから現場に行っちゃうと、自分の手順通りに踏めない時に不安を感じるのが嫌だったんですよね。なので、その時々の稲垣さんのテンポや倉(悠貴)さんのテンポに合わせていけたらいいなと思っていました。お互いに引っ張っているようで引っ張っていないというか、シーンによっては留亜が主導権を握るシーンもあったので、あえて相手の話を聞いたり、逆に食い気味で話したりと、状況に応じて変えているんですけど、それって普段の会話でも自然にすることだと思うんですよね。

――実際、すごく自然体というか、アドリブのように生々しい会話でした。

玉城 考えながら喋ると間も空きますし、言葉ってそんなにポンポン出てこないですしね。今泉監督からも細かい演出はなかったので、自由に演じさせてもらいました。だから同じシーンでもテイクごとに違う雰囲気になっていたと思います。

――長回しのシーンが多いので、役者さんに委ねられる部分も多いかと思いますが、細かい演出がないと不安になりませんか?

玉城 たぶん違っていたら、「違う」と言ってくれるだろうなと思っていましたし、今思うと、それが今泉監督の演出なんだと思います。いいのか悪いのか分からないまま場が進んでいくんです(笑)。私も、自信があって留亜を演じているというよりは、演技中も「このアプローチは正しいのだろうか」と考えながらやっているところもあって。長回しじゃないと出ない緊張感みたいなものもあるので、逆に私は長回しのほうがやりやすかったです。

――記者会見で初めて市川と出会った留亜は、自分の作品を丁寧に読んだ上で、真摯な質問を投げかける市川を信頼し、そこから個人的な交流が始まります。玉城さんも、こうして取材を受ける機会も多いですが、留亜に共感する部分はありますか?

玉城 仕事に関わらず、普段の生活でもそうですけど、この人だったら分かってくれるかもしれないというのは、誰もが持っている感覚ですよね。ある意味、留亜と市川がお互いに求めているものは変な期待かもしれないですけど、期待によって進んでいく関係性もあるのかなと思います。こういうお仕事は人と話す機会も多いですし、こういうインタビューでも、答える側として、後になって「こっちの答えのほうがよかったな」と思うこともあります。わりと私は質問に答えることは得意なんですけど、人に質問するのがすごく苦手で、あんまりしたくないんですよ(笑)。だから質問を考えられるってすごいことだと思います。日常でも質問が面白い人って、ちょっと興味が湧きます。

――改めて『窓辺にて』の見どころをアピールしてください。

玉城 あんまりハッピーな出会いばかりじゃないし、結婚しているけど浮気をしている人もいれば、留亜のように無邪気な恋愛もある。個人間でしか分からないことを映画にしてしまったような、言葉で説明しにくい映画ではあるんですけど、きっと観ていただいた方には、「私もこういう時代があったな」という気持ちを年代問わず感じていただける作品かなと思っています。ぜひカップルで観に行って、男性側の意見、女性側の意見を語り合ってほしいです。鑑賞後に感想を言い合うと盛り上がる映画じゃないかなと思います。