Contents

ROUND.10のトップバッターはROUND.9と同じく「avex ROYALBRATS」

ROUND.10のオープニングアクトを飾ったのは前回の覇者「SEPTENI RAPTURES」。色とりどりのユニフォームに身を包んだ8人が、バスケをモチーフにしたエネルギッシュなダンスでステージ中を躍動した。

レギュラーシーズンも残り3ラウンドとあって、Dリーガーたちの気合も並々ならぬものがあり、オープニングの挨拶では各チームのリーダーたちが競い合うように意気込みを熱く語った。

▲avex ROYALBRATS ©D.LEAGUE 20-21

ROUND.9に続いてトップバッターを務めたのは「avex ROYALBRATS」。今回のテーマは「K-POP」で、韓国語によるダンスチューンをバックにパフォーマンスを展開。プロデューサーのRIEHATA氏自身、本業でK-POPの振付をやっているだけあって、歌に寄り添いながらも、キュートさとかっこよさを兼ね備えたダンスで圧倒的な完成度を見せつけた。

ゲストダンサージャッジのNORI(NASTY/N’ism)氏は、「キャッチ―で可愛くて、一般の人にも楽しめる構成と振付で、ファッションも良かった」と絶賛しつつも、「個々のスキルもがっつり見たかった」と少し残念がった。

▲FULLCAST RAISERZ ©D.LEAGUE 20-21

毎回、男らしいパフォーマンスの中にドラマ性やコメデイ性など、違った趣向を織り交ぜてきた「FULLCAST RAISERZ」。今回は白を基調にしたコスチュームに、キャップとブーツを合わせて登場。上衣を脱いで上半身裸になったり、キャップをくわえたりと衣装を有効活用。ワイルドさの中にしなやかさものぞかせたメリハリのある構成で、男の色気を表現した。

パフォーマンス後のインタビューで、プロデューサーのTWIGGZ“JUN”氏は、「自分がダンスを始めたきっかけとなった人で憧れのダンサー」と、この日のゲストエンターテーナージャッジ、TAKANORI(LL BROTHERS)氏にリスペクトを捧げ、「男臭さで攻めた」とコンセプトを語った。それを受けて、TAKANORI氏は「毎回出し物が面白いと思っていたが生の迫力はすごい!今日のスタイルは自分にドンズバ。セクシーでゴリッとした男くささが上手く出ていた。そして肉体美は最高の衣装」と賛辞を贈った。

▲SEPTENI RAPTURES ©D.LEAGUE 20-21

オープニングアクトを飾った「SEPTENI RAPTURES」は、ビビッドな赤の衣装に身を包み、映画『ドラムライン』にオマージュを捧げたパフォーマンスを披露。実はオープニングアクトで披露したパフォーマンスと対になっており、こちらはバスケのハーフタイムにショーを意識。シンクロ率の高いスポーティーな振付で、チームワークの良さを見せつけた。

ゲストエンターテーナージャッジのHideboH氏は「『ドラムライン』は僕も好きな映画なので興奮した!」と身を乗り出し、複雑なリズムを上手く乗りこなしたチームを賞賛。さらにゲストダンサージャッジのPInO氏も、「ルーティン、一体感、フォーメーション、どれも上手」と評価。一方で、チーム感を優先したために一人ひとりのスペシャル感が見えなくて少し寂しかったとコメント。

これで優勝できないわけがない!「KOSÉ 8ROCKS」のISSEI氏が吠える

▲KOSÉ 8ROCKS ©D.LEAGUE 20-21

これまで、個々のスキルは高い評価を受けながらも、なかなか結果を残せなかった「KOSÉ 8ROCKS」。起死回生を図って、ディレクターのISSEI氏がSPダンサーとして招聘したのは、自身が所属するチーム「九州男児新鮮組」のメンバーであるSHUVANとRENの二人。パフォーマンス前の映像で、「テーマは雷(いかづち)。信じてきたブレイキンで戦う!これで優勝できないわけがない!」とISSEI氏が吠えると、吉田兄弟の津軽三味線が鳴り響く和のダンスサウンドに乗せて、矢継ぎ早にアクロバティックな大技を繰り出しつつ、息の合ったルーティンや多彩なフォーメーションも織り交ぜるなど、息もつかせぬ展開で疾走した。

審査結果は4人が10点満点を出して74点という高得点を叩き出し、ゲストダンサージャッジのLOKO YOKO氏は「シンプルにダンスを入れてきて心を打たれた」、ゲストエンターテーナージャッジの丸山桂里奈氏は「魚のように跳ねていて、同じ人間じゃないと思った」と、それぞれ圧倒された様子だった。

▲Benefit one MONOLIZ ©D.LEAGUE 20-21

これまでハイヒールとヴォーグにこだわってきた「Benefit one MONOLIZ」が、それ封じて、裸足で挑んだパフォーマンスのテーマは「ヒールやヴォーグに出会う前の自分たちの姿」。ラフな衣装に身を包んで、表情から指先まで全身で狂おしい感情を表現する姿は、エモーショナルでドラマティック。ジャッジの黒須洋嗣氏は「出だしからみんなの思いが伝わってグッときた」と、その思いをしっかりと受け取った様子だった。

▲KADOKAWA DREAMS ©D.LEAGUE 20-21

色とりどりのセットアップに、それぞれの個性が出たTシャツを合わせてカラフルに登場した「KADOKAWA DREAMS」。ディレクターのKEITA TANAKA氏曰く、「シンプルに憧れを表現した」というパフォーマンスは、ファンキーかつコミカルでダンスの楽しさが横溢。「自分たちのダンスを見て、新しくダンスを始める人が出てほしい」というメッセージが決して絵空事ではない説得力に満ち溢れていた。HideboH氏は、「分かりやすさの偉大さ」「ハッピーな世界観」を評価しながらも、「もう一つ展開が欲しかった」ともコメント。

▲SEGA SAMMY LUX ©D.LEAGUE 20-21

「SEGA SAMMY LUX」のテーマは「アメリカ旅行への憧れ」。スタジャンにルーズなパンツを合わせた8人は、空港、スーパーマーケット、バスケと、様々なシチュエーションをダンスで表現。まるで1980年代に作られたアメリカの青春ドラマを見ているような胸熱の世界観を作り上げた。「古き良きアメリカの香りがした。グルーブ感を前に出したダンスは見ごたえがあった」(TAKANORI)、「戦いの場を笑顔で楽しむ8人の空気感が良かった」(PInO)とジャッジも絶賛、69点で2位に躍り出た。

▲CyberAgent Legit ©D.LEAGUE 20-21

ROUND.9までの総合順位が最下位に沈んでいた「CyberAgent Legit」は、形勢逆転すべく「鳥肌を立たせる作品を持ってきた」とトリッキーなパフォーマンスを展開。ナイトウェアのような衣装に、目のクマを表現したメイクは、どこかホラー映画を彷彿とさせ、前半は夢遊病者のように妖しいダンスを展開。後半は一転して、文字通り“目の覚める”ようなダンスでスピーディーに突き進んだ。

プロデューサーのFISHBOY氏は「夢でもダンスをしていたというメンバーたちの声を聞いて、現実か夢か分からない極限状態を作品にした」とコンセプトを解説。リーダーのTAKUMIは「最下位なのでチャレンジしていかないといけない」と語った。その思いはジャッジにも伝わり、丸山桂里奈氏は「鳥肌を通り越して、全身が毛羽立っている」と独自の表現で絶賛。ゲストダンサージャッジのLOKO YOKO氏も「見ごたえのある作品。どのチームもステージ全体を使う中、ぎゅっと真ん中でダンスするのが良かった」と評価。結果、70.5ポイントで、すぐさま2位が入れ替わった。

▲USEN-NEXT I’moon ©D.LEAGUE 20-21

トリを飾るのは「USEN-NEXT I’moon」。オープニングの挨拶でリーダーのAIRIが「今日は“可愛い”を捨ててきました!」と豪語した通り、アーミールックで勇壮に登場した8人は、速いBPMに合わせて、これまでとは違った激しいパフォーマンスを披露。それでいて彼女たちの持ち味であるしなやかさも、しっかりと表現した。

NORI氏は「可愛さを捨てたけど可愛かった」と笑いながらも、「駒が繊細に倒れていくような気持ちよさや仕掛けがほしかった」と課題点を挙げた。

オーディエンスポイントが加算され、ROUND.10の優勝の行方は?

▲KOSÉ 8ROCKS ©D.LEAGUE 20-21

オーディエンスポイントが加算された結果発表でも高得点を記録した「KOSÉ 8ROCKS」が悲願の1位を獲得。その瞬間、メンバーは雄叫びを上げて、抱擁しながら喜びを分かち合った。そしてISSEI氏は「これから見とけよ! 最後に巻き返して1位を獲ってやる!」と残り2ラウンドにかける思いを咆哮した。

チャンピオンシップをかけた戦いも残り2ラウンド。9チームがどんなパフォーマンスで勝負をかけていくのか期待は高まるばかりだ。

前編

この記事の写真(全10枚)

AY1_1481

Image 1 of 10

Information

いよいよ佳境を迎える「第一生命 D.LEAGUE」。
次回、ROUND.11は6月8日(火)19時からD.LEAGUE公式アプリなどで無料生配信。視聴方法、ROUND.11の詳細は公式サイト、アプリ、SNSをチェック!

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter