三人のリハで作り上げていった中村氏

--ドラマ「ぴーすおぶけーき」では、幼馴染の上原先輩(落合モトキ)、下田くん(基俊介)とともに、次々に訪れる人々の悩みを解決していく女子大生・中村氏を演じていらっしゃいます。当初からご自身のなかで中村氏のキャラは確立していましたか?

佐々木美玲(以下、佐々木) 本読みの時点ではさまよってました(笑)。落合さんも基さんも1回目の本読みの段階でキャラを完成させていたのに、私だけ「どうしよう、どうしよう」ってすごく焦っていたんです。中村氏のキャラはいろいろなアドバイスやヒントをいただいていくうちに出来上がっていきました。

--撮影前に三人で通し稽古をされたそうですね。雰囲気はいかがでしたか?

佐々木 私は人見知りなので、お二人の顔もちゃんと見られないくらいドキドキしていたし、台本の文字が頭に入ってこないくらい緊張しました。それに台本では、中村氏のセリフはとにかく「(笑)」が続くんです。それをどうやって表現しよう……ということもかなり考えました。だから、このリハがなかったら楽しく撮影できてなかったかもしれません。自分の中で中村氏をしっかり落としこめた状態で撮影に臨めたので、本当に良かったなと思います。

--中村氏の笑い方のバリエーションはかなり豊かですからね。

佐々木 そうなんです。ちょっと人をバカにしたような、上から目線の笑い方とか。いろいろ試していくうちにようやくできた中村氏なんですが、意外に、私自身のキャラに近いって言われます。

--長回しのシーンも多いなか、交わされる会話のテンポも速いです。どのように対応されましたか?

佐々木 難しかったですね。三人で話しているシーンでは、他の二人が話し終わる前に私が話し始める、くらいのテンポなので、考えてから話し始めるとどうしてもゆっくりになってしまうんです。

――実際の映像をご覧になっていかがでしたか?

佐々木 自分の話しているスピードが思った以上に遅く聞こえました。「あんなに早く言っていたのに、こんなに遅く聞こえるんだ」と。勉強になりました。

--ドラマの中では、それを感じさせないほど、「中村氏」でした。

佐々木 中村氏は何事にも動じない人で、基本ずっと笑顔です。でもご飯を食べて眠くなってしまった後などは、どうしてもテンションが下がってしまいがちで……。周りからは「中村氏、もっと(テンション)上げて!」って言われることもありましたが、そういう時はちゃんと「中村スイッチ」を押してました(笑)。

--回数を重ねるたびに三人の関係性もよくなっていることが見て取れました。

佐々木 第1話から打ち解けられてはいたのですが、管理人役の酒井(敏也)さんからは「三人の空気感が出来上がってきてるから、お芝居も良くなってるよ」って言っていただけました。そんな酒井さんとご一緒できたのも光栄でしたね。

--悩みを抱えた人々がゲストとして毎回登場しますが、ゲストによって雰囲気が変わる部分も大きいような気がします。

佐々木 私たち三人のキャラもなかなかなんですけど、ゲストの皆さんも、それぞれキャラが全く違います。「こういう感じでくるんだ」、と勉強になりました。