グループの世界観“ガールクラッシュ”を表現

転換中には「バカップルになりたい!」の楽曲に乗せて、ツアーの舞台裏やリハーサル風景などの映像が投影。東京、大阪、愛知を巡り、ファイナルまでたどり着いた道のりを回想し「TODAY FINAL」と表示されると、客席からは盛大な拍手が起こった。

メンバーがステージへ戻るとツアー初日で初披露した「Love is love」をパフォーマンス。ヴォーギングを取り入れた複雑な振りを見事にシンクロさせると、息の合ったステップで魅了するスタイリッシュなナンバー「Drama」へと続き、挑発的な視線を客席へ向けた。

愛来

鈴木萌花

“ガールクラッシュ”の世界観を彷ふつとさせる「BAD GIRL」では、微笑みながらも攻撃的な視線で力強い歌声を響かせ、多様性を歌った「グラデーション」ではエモーショナルな歌声と可憐でしなやかな動きで魅了。楽曲の世界観に合わせて色とりどりの照明とサイリウムが揺れていた。

MCを挟みメンバーが「もっともっと盛り上がっていけんのか!」と鼓舞して始まった「Rain Makers!!」で熱気は急上昇。続く「DISCO-TRAIN」では、ステージ・会場が一体となって“ディスコフロア”のように盛り上がる。最新アルバム『Drop』のリード曲で重低音が会場全体を揺らすナンバー「DROP DROP」では真っ赤な照明に照らされたメンバーが力強くパフォーマンスし、会場の熱気も最高潮に達した。

市川優月

小島はな

本編最後は「Staring at you」。ファンタジックな曲の世界観とは裏腹に、会場の近くの中華街にちなみ“肉まん”を手にしながらのパフォーマンスを展開。マイクを手にして歌いながら頬張るメンバーからは「うまい!」の一言。途中からは通常のパフォーマンスへ戻り、曲の終盤では、メンバーがピース状の手をかざし合い、観客と一緒に“星”をかたどった。