締めくくりの“夏曲”で季節が逆戻り。念願のアニメOP起用を報告しファンも歓喜

客席の手拍子を受けて、アンコールのステージに戻ってきたカノエは、バンドメンバーと共にツアーグッズの数々を紹介。

アンコール1曲目は「みなさんどうやら私の踊ってる姿が見たいようで。踊ってやりますよ〜!」と観客へ伝えた、猫がモチーフの「にゃんこパトロール」。ポップでメルヘンチックな音色をバックに、観客たちもカノエの振り付けをマネして、会場はなごやかな空気に包まれた。

この日ラストの曲となった「夏の祭りのわっしょい歌」では客席を鼓舞しながらステージ前方へ近づき客席と見つめ合う。曲が進むにつれて勢いは加速し、ステージで跳ね回るカノエ。季節は秋でありながら会場は夏のような熱気に包まれ、最後は「ありがとうございました。カノエラナでした。またお会いしましょう!」とパフォーマンスを締めくくった。

バンドメンバーを見送り、ステージに1人残ったカノエは「ヨトギバナシ」が2023年1月放送開始のTVアニメ「虚構推理 Season2」のオープニングテーマとなることを報告。カノエの笑顔を前に、観客も盛大な拍手で喜びを表した。

うれしい報告に合わせて「ずっとずっとアニメのオープニングテーマを担当させていただくのが夢」だったと回想。自身も「大ファン」だったというアニメ「虚構推理」シリーズのオファー当時を振り返ったカノエが「ずっと夢だったので、この機会を自分ですごくたぐりよせていって、これから先もどんどん色んなことに“カノエラナ”を注入していければいいのかなと思っています。勇者のみなさま、これからもずっと、何卒よろしくお願いします!」と伝えると、客席も盛大な拍手で熱い思いに応えた。

ステージの最後には「よかったらぜひ、カノエラナのライブに遊びに来てください。今日はどうもありがとうございました!」と感謝し、マイクを手放した状態で「ありがとうございました!」と客席に再び挨拶。笑顔を浮かべながらステージをあとにした。

Information

Digital Single「ヨトギバナシ」
2023年1月9日(月)リリース

公式サイト

カノエラナ

ミュージシャン

1995年12月4日生まれ。佐賀県出身。無類のアニメ好きで多くのアニメ作品から影響を受け、独特な着眼点から生まれる歌詞や世界観にあわせて色とりどりに変化する歌声と歌唱力で同世代を中心とした Z 世代から圧倒的な支持を集めるシンガーソングライター。近年、TikTokで投稿した動画「おーい兄ちゃん」が大反響を呼び、フォロワーも30万人を突破した。

Editor:Keita Shibuya,Reporter:Syuhei Kaneko