「上方漫才大賞」にチャレンジしてみたい

――即席でコンビを結成されたお二人ですが、芸歴は29年目になります。ここまで長く続くことは予想されていましたか?

小堀 思っていたかな (笑)。今もそうですけど、そんなに先を見ていなかったので。なんだかんだで、もう50手前になってきしまいました(笑)。

――長く続けられた秘訣は何でしょうか?

小堀 「小堀のことは好きじゃないけど、2丁拳銃のことは好き」という人が多いんです。僕のことを好きな人は、もちろん2丁拳銃が好きだし。そこに甘えちゃいけないけれど、ファンの人を悲しませてはいけないという思いはあります。子どものために離婚しない人に近いかもしれないです。

――自分たちが芸人としてやっていけると確信できたターニングポイントはありましたか?

小堀 1回目は、東京へ来る前ですね。大阪で売れていたので「もう東京にいける!上京したらゴールデンでMCやって、ドッカンウケて……」とバラ色の未来を思い描いていました。それも根拠のない自信だったかもしれないですけど。

川谷 難しいな。明確に芸人としてやっていけると思ったことはないですね。芸人として食っていけるかは今でも不安です。退職金も、保証もない仕事ですし。

――これから挑戦してみたいことはありますか?

川谷 「上方漫才大賞」を獲りたいですね。関西を拠点に活躍した漫才師が選ばれる賞で、メディアにガンガン出ていて、関西と関東で両方の番組を持っているような漫才師がもらえる賞なので、なかなか難しいですけど、獲れるように頑張りたいです。

――30年近いキャリアがあって、今も目標があるのは素敵ですね。

川谷 そうだと思います。ほんまに。

――小堀さんは息子さんと一緒に親子漫才でM-1に出場されたり、HONER シグネイチャーモデルのハーモニカを作成されたりしていますね。

小堀 息子と漫才をやっているのは「一緒にやってくれ」と息子から言われたからですし、ハーモニカも「ハーモニカを出しませんか」と言ってくれる人が現れて実現したことです。僕は甘えているだけです。でも「深イイ話」(「人生が変わる1分間の深イイ話2時間スペシャル」)に出てから、クズなりに、少し地に足をつけるようになったかもしれません。

――コンビの結成も、川谷さんが声をかけたことがきっかけでしたね。

小堀 確かに、そうですね。

――最後に、進路選択を控えるティーンの読者にメッセージをお願いします。

小堀 やりたいことを見つけた人は一生懸命頑張ればいいし、見つかっていない人は焦らなくていいと思う。勉強はしないよりも、しておいたほうがいい。大事なのは学んだことよりも学び方を身につけること。それは社会人になっても役立ちます。

川谷 まわりの意見も大事だけど、それに流されて焦って結論を出すのではなく、自分でじっくり考えることが大事なんじゃないかな。進路も勉強の仕方も同じで、自分を軸に考えるようにすれば、揺らぎにくいし、自分が必要としていることもわかりやすい。僕の娘にも同じことを言っています。

Information

「百式2022」
【大阪】11月26日(土)15:30開場 16:00開演 
会場:シアター朝日

【東京】12月3日(土)19:00開場 19:20開演
会場:ルミネtheよしもと ※オンライン配信あり
料金:前売 3,800円、当日 4,400円/配信1,500円⇒1,200円(イベント割価格)

公式サイト

2丁拳銃

芸人

川谷修士(かわたに しゅうじ・ツッコミ担当・1974年5月17日生まれ、兵庫県出身 )と小堀裕之(こほり ひろゆき・ボケ担当・1974年1月9日生まれ、奈良県出身)によるお笑いコンビ。1993年結成。同年デビュー。1997年、第18回「ABCお笑い新人グランプリ」で優秀新人賞、「NHK新人演芸大賞」大賞(演芸部門)を受賞。1998年、第33回「上方漫才大賞」で新人奨励賞を受賞。小堀は令和4年度「NHK新人お笑い大賞」の審査員に抜擢された。

Editor:Keita Shibuya,Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Syuhei Kaneko