静岡ロケではワサビを大量に食べ過ぎて涙したことも

――Season2では「沖縄」と「静岡」に行かれます。なぜこの2カ所を選ばれたのですか?

明日海 Season1の時に「ハワイが大好き」と、くどくど言っていたら、暖かくて、海がキレイで、食べ物がおいしくて、軽装でいられる「沖縄」をスタッフの方が提案してくれました。最高のロケーションです(笑)。もう1所は、私の出身地である「静岡」です。故郷を離れてからかなり年月が経っていることもあり、自分のルーツを辿りたいという思いがありました。宝塚時代のことを振り返る機会が多いのですが、子どもの頃の記憶を辿るチャンスはなかなかないので、いい機会を与えていただきました。

――沖縄は初めて行かれましたか?

明日海 宮古島は2度ほど行ったことがありますが、沖縄本島は初めてでした。宮古島は自然が豊かなのんびりとした雰囲気ですが、本島は活気がありましたね。開放感たっぷりで、現地の方も温かくて楽しい方ばかりで「素敵なところだな~」と思いました。番組には映っていないですが、旅行でいらしていた方も多くて、銘々のスタイルで旅を満喫されている様子も印象的でしたね。

――沖縄ではどんなことを体験されましたか?

明日海 沖縄では、伝統文化や音楽に触れました。本場の「沖縄民謡」のライブを見せていただき、実際の歌声と踊りに触れ、体から湧き上がってくる血潮のようなものを感じました。「琉球ガラス」作りに挑戦したり、「古酒」の蔵を見学したりして、沖縄の伝統文化をたっぷり学びました。沖縄の皆さんの郷土愛と、伝統文化を残していこうという強い思いが印象的でした。沖縄の方言を聞き慣れていないので、たまに何をお話しされているのか分からない時もありましたが(笑)。

――静岡では何をされましたか?

明日海 静岡にはテーマが二つあって、一つは自分のルーツをたどること。静岡に帰郷した時に必ず立ち寄るごはん屋さんと、自分が通っていたバレエ教室を久しぶりに訪れました。他には自分の母校の辺りや、バレエの発表会で立っていた劇場にも。もう一つのテーマは、静岡で興味があるところ。ワサビの収穫体験や、富士山を眺めながらの絶景グランピング、ピアノの工場にも行きました。静岡はピアノの生産地として有名ですが、社会科で習っただけだったので、実際の工場に入って生産工程を見学し、作っている方のお話も聞きました。楽しかったですね。

――伺っているだけでワクワクしてきました。あらためて懐かしい気持ちになりましたか?

明日海 懐かしい景色を見たり、人に会ったりしたら記憶がよみがえって「わ~」って自然に涙が出ちゃいました。うれしいかな、悲しいかな「大人になっちゃったんだな……」と実感も(笑)。中学生の時、宝塚音楽学校に入寮するために急いで準備していた日のことを昨日のことのように覚えているつもりだったんですけど、実際に行ったら、いろいろ忘れていることが多くて、懐かしい気持ちに浸れました。

――面白いエピソードはありましたか?

明日海 ワサビを大量に食べたことですね。「おろしたてのワサビは、まろやかなんじゃないか」という勝手な思い込みで、何の躊躇もなく豪快に食べたら涙がツーっと頬をつたいました(笑)。実際、クリーミーでまろやかだったんですが、ちょっと食べ過ぎましたね。スタッフさんをヒヤヒヤさせてしまいました(笑)。