みんなに笑顔を届けたいというチームB.O.L.Tのメッセージを表現するかのような「スマイルフラワー」で締め括った

セカンドブロックはこちらもドラマ主題歌を務めた「More Fantastic」から。そして、「New Day Rising」と続くと間奏では生バンドならではのギター・ベース・ドラムのソロパートに合わせて、メンバーの台詞が掛け合ったまさにこの日ならではの演出を披露。「足音」では青山菜花の歌い出しに合わせて、アイコンタクトでバンドメンバーと息ぴったりのステージングを見せるなど、B.O.L.Tのパフォーマンスはライブ中もどんどん進化していく。そしてEP『Weather』のリード曲「BY MY SIDE」をこの日ならではのアレンジで披露し、B.O.L.Tのライブで定番の盛り上がる楽曲や、最新作『Weather』からの楽曲が散りばめられたブロックを力強いパフォーマンスでアップテンポに畳みかけると、開幕から勢いづくファン達は一気に盛り上がった。

いつもと違ったサウンド感のB.O.L.Tに対して、内藤るなからは「生演奏ということで、ファンのみなさんが全部新曲を聴くような反応をしてくれて、私もとても嬉しいです!」と述べると、高井千帆もここまで生バンドサウンドのサプライズを守り通したことに対して「ファンの方の最初の反応がすごく楽しみでした!」と。青山菜花からは「本当に何も言ってなかったので、ついうっかり言いそうになっちゃったことも・・・」とこの日のワンマンライブに至るまでのメンバーならではの苦労(?)も語られた。白浜あやからは「最初の『New Day Rising』の前奏がかっこよすぎて、歌い出すのをためらいました!」と初の生バンドサウンドでのライブならではの感想も。初の演出へと話が尽きないステージ上だが、ライブの勢いは止まることなく次のブロックへ。

内藤るな
高井千帆

続いてのブロックは、一転してしっとりとした楽曲が続く。スポットライトが印象的なライティングの中で「淡い空」を披露し、クラップが鳴り響く中「スーパースター」、そして「夜を抜け出して」と魅せるB.O.L.Tを表現すると、ファンの目はステージ上にくぎ付けに。夜を抜け出したあと、この日のワンマンライブが終わってもまだまだ夢の中で一緒に楽しく歌い続けよう!というメッセージがこめられたかのような「寝具でSING A SONG」を、ステージ上を目一杯使ってバックバンドの生音が響く中、全力で披露し満員の会場が拳を突き上げ一体となったところで本編が終了。

青山菜花
白浜あや

まだまだ生バンドサウンドのB.O.L.Tを見たいという思いのこもったアンコールの拍手が途絶えることなく続き、メンバーはこの日発売された新グッズTシャツをまとって再び登場!アンコール最初に披露したのは「夕日の後の夜に」。印象的なギターサウンドから始まる楽曲が醸し出すエモーショナルな世界観を、チームB.O.L.Tが会場中に広げていく。まるで映画の1シーンを切り出したかのような光景に、集まったファンからは万雷の拍手が沸き起こった。改めてMCでは、メンバーから今日のライブに来てくれたファンへ感謝の言葉が述べられ、集まったファン達と記念撮影を行った。いよいよライブも終盤に差し掛かり、この日を締めくくる楽曲へと。高井千帆から「最後はみんなでピースを掲げていこうぜ!」とメッセージが告げられると、みんなに笑顔を届けたいというチームB.O.L.Tのメッセージを表現するかのような「スマイルフラワー」で、B.O.L.T初の生バンドサウンドのワンマンライブ「Rock the B.O.L.T」をRockに締め括った。