三者三様の部屋のこだわりとは?

――連載1回目で、スチームアイロンが欲しいと仰っていました。

池田 あの後、スチームアイロンを買ったんです!

――使いこなすのが難しくなかったですか?

池田 すでに持っていた(田中)洸希が難しいと話していましたけど、実際に難しくて。でも慣れたら使い勝手はいいですね。

池田彪馬

――どこのメーカーのスチームアイロンを買ったんですか?

池田 ちゃんといろいろ調べて、パナソニックのものを買いました。

古川 俺と同じだわ!

池田 あ、毅も持っているんだ。

――スパドラは3人が所有しているんですね(笑)。上手く使うコツはありますか?

池田 ちょっとゆっくり目にかけて、ちゃんとスチームを当てるのがコツです。

――古川さんは連載2回目で90年代のファッションカルチャーにハマっていると仰っていましたが、最近はいかがですか?

古川 数か月前に引っ越して、衣装部屋を充実させるのにハマっています。洋服に気を使ったり、洋服を管理することが好きで。だからスチームアイロンも必須アイテムです。

古川毅

――衣装部屋はどれくらいの広さですか?

古川 5、6畳はあるかな。

――普通に生活できる広さじゃないですか。

古川 そうなんです。友達が衣装部屋に住みたいと言っていました(笑)。

――衣装部屋のこだわりはありますか?

古川 カーテンをこうしようとか、配置はこれが足りないなとか、足りないものを見つける作業を大切にしています。インテリアとしての見え方も気にしていますね。単にカラーボックスや透明な収納ケースを置けばいいとか、とりあえず詰めときゃいいというだけでは満足できなくて、結構こだわってます。

――古川さんの新居に遊びに行ったことはありますか?

池田 引っ越す前は行ってました。その時も、ちゃんと整理整頓しているなという印象です。

古川 メンバーで新居に来たのは(志村)玲於くらいで、まだ他のメンバーは呼べていません。というのも、ちょっと見栄を張りたいじゃないですか。今はどちらかというとリビングとかよりも衣裳部屋のほうに力を注いじゃっているので、意識が衣装部屋以外にも向けられるようになってから呼びたいですね。

――ジャンさんはインテリアにこだわりはありますか?

ジャン 僕はデザイナーズ家具を見るのが好きなんです。今は実家暮らしですけど、一人暮らしをした時の理想みたいなのがめちゃくちゃあるんです。目をつけている家具はたくさんあって、もう購入する机も決めてます。

――一人暮らしをしたら、どんな部屋にしたいんですか?

ジャン 僕は自然が好きなので、植物をあらゆるところに置きたいですね。欲しい机も台の部分以外は木で出来ていて、地面が根っこみたいに広がっていくタイプのデザインなんです。自然をテーマにレイアウトをして、バランスが取れたらなと思います。

――池田さんは、部屋のこだわりはありますか?

池田 僕ミニマリストなんです。

古川 分かるわー!

池田 部屋の中に余計な物がなくて、家具はわりと白を基調としてます。デスクも白で、電子ピアノも白だし、間接照明も白。本も見えないようにしていたり、配線コードもまとめたいタイプなので、ごちゃごちゃしている感じはないです。

――食欲の秋ということで、最近ハマった食べ物や、美味しかった食べ物などを教えてください。

ジャン ついこの間、家族と一緒にお父さんの行きつけのトルコ料理屋さんに行きました。トルコに住んでいた頃はよくトルコ料理を食べていたんですが、小さい頃だったので鮮明に覚えてなくて。久々に行ったら「こんなんあるんだ!」という驚きもあったし、どれを食べても舌に合うのかめちゃめちゃ美味くて。ジャガイモ料理一つとっても日本と作り方がまったく違うんです。

――普段は家でトルコ料理を食べるのは珍しいのでしょうか?

ジャン 家でも食べますけど、決まったメニューが多いですからね。たくさんのメニューが食べられて、改めてトルコ料理が好きになりました。僕の家から近いところにあるお店なので、メンバーが家に来た時とか、一緒に行ってもいいなと思いました。

池田 僕は鉄板焼きです。最近、ふとしたタイミングで自分にご褒美をあげたいと思ったんです。その時に何かを買うよりも美味しいものが食べたいと思って、初めてちょっといい感じの鉄板焼き屋に行きました。いい値段はしましたけど、幸せを感じることができたので有意義でした。中でもステーキと伊勢海老が美味しかったです。

古川 ここ数年なんですけどマスタードにハマっていて。ファーストフード店でナゲットを注文した時も、以前はバーベキュー1択だったのが、最近は絶対マスタードになりました。ポテトにもつけるし、ナゲットを食べ終わったらハンバーガーにもつけちゃうみたいな。家にも粒マスタードと普通のマスタードを常備していて。今日はビールとソーセージにしようという時もマスタードは必須。シンプルにチキンを焼いて食べようという時もマスタードです。