人を好きになった時のドキドキ感、熱い気持ちは大人になってからも変わらない

――木戸さんがバスケをするシーンは、バスケが趣味ということでとてもお上手でした。今も続けていらっしゃいますか?

木戸 友達とは続けています。撮影では、あんなにしっかりプレイをするとは思ってなかったので、正直うまく編集していただいているところもあります(笑)。

――八木さんは、ハードル走のシーンがありました。

八木 クランクインの日に撮りました。ハードル走は何年もしていなかったけど「走るよりはマシかな?」とチャレンジしたら、寒さで体が強張っちゃって思いのほか大変でした(笑)。「キレイなフォームで」と言われて頑張ったら、ハードルに脚をぶつけて大きな青あざを作ったりして。その後の撮影では、膝が出るシーンの度にヘアメイクさんに隠してもらっていました。

――木戸さんは坊主頭にされていましたが、どんな気分でしたか?

木戸 坊主頭は初めてだったので、まず頭の形を心配しました。剃るシーンは一発撮りで失敗できないので「バリカンがうまく使えるだろうか」と心配していたのですが、撮影前日にスタッフさんの頭で練習できることになり(笑)、おかげで当日はうまくいきました。

――レンタルビデオショップが登場したり、家の電話で話していたらお母さんが使っていた子機と混線してしまうシーンなど、90年代らしいエピソードがたくさんありました。

木戸 同じ家の電話が混線してお母さんの声が入ってきちゃうという経験をしたことがなかったので、そういう時代があったんだなと新鮮でした。

八木 「子機?」って思ったんですけど、よくよく考えたらおばあちゃんの家の電話機がそのタイプでした。私自身、高校生になるまで携帯電話を持っていなかったので、友達と遊びに出かける時も家の電話から「何時に、どこどこで待ち合わせ」と連絡していたし、普通にレンタルビデオショップにも行っていたので、そんなに驚かなかったです。単に私がアナログ側の人間だからかもしれないですけど(笑)。何より驚いたのはブルマです。「これで体育してたんだ!」と丈の短さにビックリしました。

――ティーンに向けて、映画の注目ポイントを教えてください。

八木 作品の内容やビジュアルの美しさが楽しめるのはもちろんですが、今もお話ししたように也英たちがやっていることとか、セットの置物一つひとつについても、90年代の雰囲気にこだわって作り込んでいるので、ティーン世代にはいろいろ気になるところがあると思います。なので、90年代カルチャーにも注目してください!

木戸 青年期役の僕らが演じるシーンが“初恋”というイメージがあるかもしれませんが、人を好きになった時のドキドキ感、熱い気持ちは大人になってからも変わらないと思うんです。この作品は、90年代後半、ゼロ時代、現在と3つの時代が交錯する物語で、いろんな世代の人にそれぞれの“初恋”を楽しんでもらえるはずです。ティーン世代は恋愛真っただ中だと思うので、ぜひ観てほしいです!

Information

「First Love 初恋」
11月24日(木)からNetflixにて全世界独占配信開始

満島ひかり 佐藤健 八木莉可子 木戸大聖 夏帆 美波 中尾明慶 荒木飛羽 アオイヤマダ 濱田岳 向井理 井浦新 小泉今日子
Inspired by songs written and composed by Hikaru Utada / 宇多田ヒカル
監督・脚本:寒竹ゆり
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆
プロデューサー:八尾香澄
制作プロダクション:C&I エンタテイメント
原案・企画・製作:Netflix

1990 年代後半と、ゼロ年代、そして現在の3つの時代が交錯し、20年余りに渡る、忘れられない“初恋”の記憶をたどる一組の男女の物語。1999年に発表され大ヒットした宇多田ヒカルの珠玉の名曲「First Love」、その19年後に発表された「初恋」。この2つの楽曲にインスパイアされ、新しいストーリーを紡ぎ出す。

公式サイト

Twitter

八木莉可子

俳優

2001年7月7日生まれ。滋賀県出身。2015年に14歳でデビュー。雑誌『Seventeen』の元専属モデル(21年卒業)、2016 年の「ポカリスエット」CMイメージガールにて一 躍認知度が高まり、今年の24 時間TVドラマスペシャル「無言館」にて主要キャストとしても出演(22年8月)。現在は大河ドラマ「鎌倉殿の13人」平賀朝雅の妻・きく役(22年8月~)としても出演。

木戸大聖

俳優

1996年12月10日生まれ。福岡県出身。NHKBSプレミアム「おとうさんといっしょ」のレギュラー出演を3年間務める。ドラマ「僕たちがやりました」(17/関西テレビ)、『anone』(18/日本テレビ)、映画『L♡DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』(19)、『のぼる小寺さん』(20)、『大怪獣のあとしまつ』(22)などに出演。趣味は古着屋巡り、特技はバスケットボール、野球。

Editor:Keita Shibuya,Photographer:Yu Tomono,Interviewer:Takahiro Iguchi
【Rikako Yagi】,Stylist:Minagawa bon Mie(the few),Hair:Tomoko Sato(mod’s hair),Make:Nao Yoshida(vow-vow),
【Taisei Kido】,Stylist:Tomoko Tanaka(HIKORA),Hair&Make:Megumi Ochi(Kamijou Jimusyo)
衣装提供:
ジャケット\44,000 シャツ\19,800 パンツ\19,800(以下PS ポール・スミス/ポール・スミス リミテッド03-3478-5600)
シューズ\56,100(サンダース/グラストンベリーショールーム03-6231-0213)
その他スタイリスト私物