長風呂派の飯島、温泉派の田中、サウナ派の松村

――連載企画のテーマに沿って、飯島さんが今ハマっていることをお聞きできればと思います。

飯島 長風呂が好きでハマってます。スマホを防水カバーに入れて風呂場に持ち込んで、浴槽に浸かりながら動画を観たり、好きな映画を観たり、好きなものを観ながらボーっとできる時間が一日の中で一番好きな時間。リラックスタイムです。ネガティブなことがあっても、お風呂の時だけは何も考えずにいられます。

――お風呂にはどれくらい入るのですか?

飯島 半身浴を含めて1時間は余裕ですね。

――入浴剤にこだわりはありますか?

飯島 入浴剤は……、家族が選んだものを、僕はただ感じているだけです(笑)。

――寝る前に入られるんですか?

飯島 はい。家族に「待ってられないから、一番最後に入って!」って言われているので最後にゆっくり入ります。気づいたら夜中の12時を越えることもあります。

飯島颯

――田中さんは長風呂派ですか?

田中 僕も2時間以上入ります(笑)。同じく、動画を見たりして、リラックスしています。

――松村さんは?

松村 僕は家のお風呂に入らないんです。

――シャワーだけ?

松村 サウナ好きで一人で週3日は行きます。急にサウナ仲間に誘われたりすることもあるので、自分の家のお風呂には週に2回ぐらいですね。

飯島 マジか⁉それすごいね。

田中 相当な回数だよ。

――サウナは何セットくらいされますか?

松村 一人でいる時は3セット、人といる時は2セットとか。1セットは10分から12分くらいですね。

――行ってみたいサウナってありますか?

松村 北海道の札幌市にある「ニコーリフレ」です。「1、2、サウナー!」というかけ声とともに熱波を送り続ける、熱波師のエレガント渡会さんがいるんですよ。あそこは、めっちゃ行ってみたい。

――飯島さんはサウナに行かれますか?

飯島 誘われたら行くけど、自分から探してまでは……。生活のペースがゆっくりしているので、長風呂になるのもそれが理由なんですが、遠征先のお風呂に入った時も、みんなは先に上がって一人貸し切りみたいな状態になりました。最後にマネージャーが入ってきて二人きりになるみたいな(笑)。サウナに入った時も結構長くなります。

――田中さんもサウナに行かれますか?

田中 僕はサウナより温泉派です。スーパー銭湯に行って休憩スペースで休憩して、また入って、みたいなことを繰り返してます。

――メンバーと一緒に行くことはありますか?

田中 (池田)彪馬は温泉好きなので、よく行きますね。

――松村さんの趣味は読書ですが、最近ハマっている本や作家さんはいますか?

松村 辻村深月さんです。それまで、あんまり読んだことがなかったんですけど『傲慢と善良』を読んだら、人間の奥底にあるずるい部分が、そこまで書いちゃうんだって思うくらい生々しく描かれていて、そこから好きになりました。もともとは純文学寄りで、村上春樹さんが好きだったんですけど、最近は大衆文学も読むようになりました。

松村和哉

――小説はいつ頃から読むようになりましたか?

松村 中学2年生の頃ですね。遠藤周作さんの『海と毒薬』を読みました。

――かなり重いテーマの小説から入りましたね。

松村 純文学って言葉の質感が違うじゃないですか。当時から「歌詞を書きたい」と思っていたので、日本語の機微や表現が身につくかなと思って読み始めたんです。

――お二人は、ハマっている本や漫画ありますか?

飯島 漫画よりは小説のほうが多いかな。最近じゃないですけど、中学の頃は山田悠介さんが大好きでした。グロいのは苦手だったんですが、映画化もされた『リアル鬼ごっこ』とかは読み始めたら「この展開どうなるんだろう」と気になって、どんどん読み進めちゃいます。

――映像とはまた違う面白さがありますよね。田中さんはどうですか?

田中 僕は、映像が好きなので本はほとんど読まない。落ち着いて文字を読み続けることができないんです。でも、去年は漫画ですが、『呪術廻戦』と『チェンソーマン』を少しかじりました。『チェンソーマン』は和哉が勧めてくれたんです。アニメ化もされていますし、すごく面白かったです。