K-POPは3人共通のハマりごと

――田中さんは最近、新しいDTM(※パソコンを使った音楽制作)の機材を購入したそうですね。

田中 はい。もともとループステーションにビートボックスの音を重ねていたんですが、最近、新しい機材を購入してみました。とりあえずループステーションで曲を作る前に、一回ちゃんと音を作って、そこから想像力を膨らませてみようと思ったのがきっかけでやり始めて。でも難しすぎて……かなり苦戦しています。

――完全に独学なんですか?

田中 前からジャン(海渡)君は曲を作っているので、かなり前に機材のことは教わったことがあります。あとDISH//の橘柊生君の家にお邪魔した時、教えてもらいました。それで新しくキーボードも買いましたし、本格的に曲作りを始めようと。ただ僕は昔ピアノを習っていたぐらいで他に楽器ができないので、今作っているのはEDM(※シンセサイザーなどの電子音を使って作る音楽)系です。もっと、いろんなジャンルを作れるようになりたいです。

田中洸希

――メンバーに聴かせることもあるんですか?

田中 まだ完成はしてないんですけど、(池田)彪馬と好きなアーティストが一緒なので、制作途中のものを聴かせたことはあります。まだ肝心なドロップ部分ができてないので、毎日、睡眠時間を削って作っています。気づいたら時間が経っているんですよね。

――最近はどんな音楽を聴いていますか?

田中 アラン・ウォーカーです。4、5年前にもハマって聴いていたんですけど、落ち着いた感じもサウンドが好きでしっくりきます。他にはK-POPの女性アーティストをよく聴いていて、一番好きなのはaespa(エスパ)。IVE(アイヴ)、NMIXX(エンミックス)もよく聴いています。NMIXXは僕と年が近いんですが、曲のクオリティーがめちゃくちゃ高い!あとはビジュが爆発しているので目の保養になります(笑)。

――ライブにも足を運んでいますか?

田中 一回、aespaのライブに当たったんですよ!でも、運悪く僕がコロナに感染しちゃって行けなくて……。マジで最悪でした。最近、K-POPの人たちのイベントが増えているようなのでリベンジしたいです。

――松村さんと飯島さんはどんな音楽を聴いていますか?

松村 UKドリルと韓国のヒップホップシーンが面白いですね。UKドリルだと「Wow」で有名なティオン・ウェイン。UKドリルはここ1年、めちゃくちゃ盛り上がっていて、僕らも今年3月に出したアルバムでドリルをやったんですけど、ちょっと早かった!できれば、もう一回出したい(笑)。韓国のヒップホップは、韓国語がヒップホップのサウンドに乗せやすいし、シーンの盛り上がりが熱いです。日本はまだまだ“ヒップホップは悪い人たちの文化”というイメージが強いので、そこは羨ましいですね。中でも2017年ぐらいから勢いを感じているのは CHANGMO(チャンモ)。ビートの自由度が高い新しいタイプのラッパーです。メロウな歌唱もできるし、マッチョなラップもできる。

飯島 K-POPだとボーイズグループのNCTを聴いています。それぞれの色がありつつも、グループとして集まった時のカッコよさもあって、規模は違いますけど僕らの立ち位置に近いかなと。音楽はもちろんですけど、魅せ方が上手いのでパフォーマンスも含めて影響を受けています。

――映画やアニメ、テレビ番組やネットなどの映像系でハマっているものはありますか?

飯島 アニメ「王様ランキング」をアマプラ(Amazonプライム)で見たら、第1話からポロポロ泣いちゃって。(古川)毅に薦めたら、めっちゃハマってました。さらに毅が(志村)玲於に勧めたら玲於もハマりました(笑)。どんどんスパドラ内で波及しています。生まれつき耳が聞こえない主人公“ボッジ”の冒険漫画で、かわいそうで胸が苦しくなるけど、どんどん強くなっていく姿に勇気をもらえるし「頑張れ!」と応援したくなります。本当に良い作品です。

田中 またK-POPになりますが、MVもめちゃくちゃクオリティーが高いんですよね。BLACKPINK(ブラックピンク)とか実際に建物を破壊したり、CGを使わずに非現実的な世界観を演出しているのは本当にすごいと思う。衣装の量も多いし、何日もかけて撮影しているんでしょうね。

Information

「Not Enough」
2022年11月16日(水)から好評配信中!

Apple Music、Spotify、LINE MUSICなど、音楽配信プラットフォームで2022年5月から毎月、“踊れるミクスチャー”をテーマにした新曲を配信中

SUPER★DRAGON SPECIAL LIVE 「Persona」
公演日:2023年3月25日(土)
17:00開場 18:00開演
会場:パシフィコ横浜 国立大ホール

公式サイト

SUPER★DRAGON

アーティスト

2015年9月27日に結成した、志村玲於、古川毅、ジャン海渡、飯島颯、伊藤壮吾、田中洸希、池田彪馬、松村和哉、柴崎楽の9人からなるミクスチャーユニット。通称 “スパドラ”。ラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、Newミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなる振り付けが魅力。

Editor:Keita Shibuya,Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Kentaro Okamoto, Hair&Make:Hoetsu Shirasugi, Tomoko Imai