初MVの撮影でも肝が据わったところを見せた遠藤

――11月23日発売の「全部賭けてGO!!/イニミニマニモ~恋のライバル宣言~」の聴きどころを教えてください。

松永里愛(以下、松永) 「全部賭けてGO!!」(以下、「全部」)は、歌詞がとっても強気です。どんどん変わっていくJuice=Juiceにとても見合った歌詞というか。その歌詞に見合った私たちになれればいいなって思います。「イニミニマニモ~恋のライバル宣言~」(以下、「イニミニマニモ」)はMVも歌詞もすごくかわいいんです。

江端妃咲(以下、江端) 「全部」の歌詞の女性像はすごく強くてかっこいいんですけど、ちょっとだけ本音というか弱音を吐いてるところもまたかっこいいです。「イニミニマニモ」は、思うところはいろいろあるけどアメリカンポップでかわいく抑えて最終的にはイーブン(引き分け)というところが一つの映画みたいで好きです。

遠藤彩加里(以下、遠藤) 「全部」はMVも含めて、聴いていただける方に自信や勇気も与えられるし、ノリノリになってもらえる曲だと思います。「イニミニマニモ」はかわいい曲なのに歌詞にストーリー性があるので、初めて聴いた時と歌詞を見ながら聴いた時との印象がかなり違いました。

――歌やダンスの面で、注目してほしいところはありますか?

松永 「全部」はダンスレッスンにすごく時間をかけて細かい部分までそろえたので、注目してほしいです。サビの前の「Juice=Juice」ポーズもファンの皆さんと一緒にできたらうれしいですね。

江端 2曲とも落ちサビ、歌い出しを歌っている植村あかり(以下、植村)さんなど、お姉さん方に支えてもらいながら歌えて安心です。一人ずつのソロもあるので、みんなの歌声がたくさん聞けるんじゃないかなって思いました。

遠藤 「全部」は私と石山咲良(以下、咲良)ちゃんがサビ前で真ん中を歩いていくシーンがあるんです。その部分の歌詞も、そこからメンバーの皆さんが加わってサビに繋がる流れもすごく好き。加入したばかりの私が、真ん中を歩いていけるということも含めて思い入れが強いです。「イニミニマニモ」は全体的に面白くてかわいい曲なので、表情も工夫しています。

――2曲は曲調だけでなくMVも対照的な仕上がりですが、撮影で印象的だったことを教えてください。

松永 「全部」のダンスシーンは1日の終盤でみんな疲れ切っていた中で撮影されたんですけど、遠藤ちゃんが落ちていたゴミを持ってきて、「拾っちゃいました」って言うんです。初めてのシングル・MV撮影で「ゴミを拾って報告する新メンバーって!?」という衝撃がすごかった。肝が据わっているというか、頼りがいのある新人だなって思いましたね(笑)。「イニミニマニモ」のMVでは私と植村さんが二人でアイスを食べるシーンがあるんですが、実際にアイス屋さんに行ってみんなでアイスを食べたりできて、楽しかったです。

遠藤 ミラーボールが回っている部屋での撮影がワチャワチャしてて楽しかったです。先輩方が「いいよ。前に出ていきな」って言ってくださって恐縮しちゃったけど、その優しさがすごくうれしかった撮影でした。

――MV撮影で豪快さを見せた遠藤さんは、2022年6月に加入。初のレコーディングはいかがでしたか?

遠藤 レコーディングの時のマイクの距離の取り方や、ヘッドホンのつけ方からもう分からないことだらけ。先輩方がすごく優しく助けてくださってなんとかなりました。礼儀については同期の咲良ちゃんから学んだ感じです。

――江端さんはグループ加入から2年目になりますね。

江端 咲良ちゃんと遠藤ちゃんが加わってから、自分がしなければいけないことが明確に分かるようになったし、先輩方と話す機会も増えました。場位置を覚えるスピードなど、要領もつかめるようになってきたのも、成長したところかなと思います。

――グループ加入から約3年半の松永さんは後輩のお二人をどのようにご覧になっていますか?

松永 妃咲ちゃんは最初に比べるとすごく精神的に成長したし、大人になったなと思います。最初は「ただの子供が入ってきたぞ!」という感じで、「角立ちまくり」の発言をしちゃってたことも。そんな妃咲ちゃんもすごく面白くて好きだったんですけど、今の大人になった妃咲ちゃんも魅力的だなと思います。ハプニングがあっても楽しめる姿から勇気をもらえるし、頼もしい後輩です。遠藤ちゃんは最初のダンスレッスンの時から振り付けと場位置を覚えるのがすごく早かったし、もともと習っていたバレエがダンスにもすごく活かされているんです。ダンスでジャンプする時って姿勢が崩れがちなんですけど、遠藤ちゃんは崩れない。きれいな姿勢を保つためのコツを先輩方も聞いていたくらいです。新しい要素をJuice=Juiceに入れてくれたなって思います。