話題を集めたオリジナルドラマ『REAL⇔FAKE』再び!

2019年9月にMBS/TBSドラマイズム内で放送されたオリジナルドラマ『REAL⇔FAKE』。ミステリーを下敷きにしながら、今を時めく舞台俳優たちの個性あふれるやり取りが楽しめる新感覚のドラマとして話題を集めた。

その続編となる『FAKE⇔REAL 2nd Stage』が2021年6月15日に放送開始。

ドラマ1期から引き続き、荒牧慶彦、植田佳輔、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、染谷俊之、蒼井翔太の7名の豪華キャスト陣が続投。さらに猪野広樹、笹森裕貴と新進気鋭の俳優たちが参戦することになった。

イベントレポートの前に、前作を振り返りながら、『FAKE⇔REAL 2nd Stage』の見どころをお伝えする。

前作は、天使の歌声をもつ国民的歌姫・朱音(蒼井翔太)が謎の失踪を遂げるところから始まる。朱音は、事務所の垣根を越えた各界のスターたちが一堂に会す新ユニットプロジェクトStellar CROWNS(ステラクラウンズ)に加入することが発表されており、世間の注目を集めていた矢先の出来事だった。

朱音の失踪は、事務所の社長・澤木田に楽曲を盗用されたことを苦に自殺してしまった兄・鏑木奏真の仇を討つために、Stellar CROWNSのメンバーと共に企てた自作自演であり、見事に澤木田を追い詰めて、無事に兄の名誉を取り戻したのであった。

この度、放送される『FAKE⇔REAL 2nd Stage』は、澤木田社長への復讐劇から数カ月後。朱音がStellar CROWNSが所属するクイーンレコードの新社長に就任し、新体制の下で活動を再開するところから物語がスタートする。

久々の活動再開に意気込むメンバーをよそに、朱音は「Stellar CROWNS with 朱音」のアーティスト活動を休止し、Stellar CROWNSのライバルユニット「ASTRA RING(アストラリング)」をデビューさせ、そのプロデュースに専念することを発表。

朱音から事前に何も聞かされていなかったStellar CROWNSのメンバーたちは動揺を隠せない……。朱音に直接真意を問うが、朱音の態度はかつてとは一変していた。

さらに活動再開を果たしたStellar CROWNSに狙いすましたかのように次々と身に覚えのないスキャンダルが巻き起こる。そして、そんな渦中、メンバーの1人である牧野凪沙(荒牧慶彦)が忽然と姿を消してしまう――。

謎が謎を呼ぶミステリー仕立てのストーリーは前作を上回るクオリティ。複数の人物の想いが錯綜し、複雑に絡み合うドラマを謎の失踪事件を軸に登場人物たちそれぞれの想いや過去が錯綜していく様を前作以上にテンポよく軽妙に見せていく。それぞれの想いと過去が絶妙に交差する群像劇はどのような結末を迎えるのか?