キャ・ノンの言葉選びが面白い「MELT」

――「MELT」はキャ・ノンさんが作詞を担当されています。

ノン ギャンパレはテーマを出されてメンバー全員が作詞をすることが多いのですが、今回のテーマは「恋愛」で、困りました。どうせ採用されないと思ったので、アイドルとファンの人の関係性について自由に書いたんです。採用されて逆にビックリしました(笑)。

――お二人はキャ・ノンさんの歌詞を見てどう思われましたか?

アイナスター “たゆたう”とか聞いたことない日本語を使っていておしゃれだなと思いました。おしゃれな曲調にノンの歌詞がハマってめちゃくちゃ好きな曲です。

ミキ  “たゆたう”もそうだし、 “昼想夜夢”とか、普通に生きていたら使わない言葉が登場して、言葉選びが面白いなと思いました。ノンのおかげでギャンパレの歌詞のバリエーションが増えました。

――普段から触れていないと出てこないワードですよね。キャ・ノンさんは、普段から本を読まれるのですか?

ノン そんなに読んでないです(笑)。気になる曲のプレイリストを作って、そこから抜粋した歌詞をiPhoneのメモ帳にストックしたりしています。

――渡辺さんと松隈さんからはどんなリアクションがありましたか?

ノン 松隈さんには「いいね」って言ってもらいました。冒頭の早口のパートは、私の口が全然回らなくて、レコーディングの時に「言えてない感じがいいよ」っていう謎のフォローをもらったのですが、結局使ってもらえなかった(笑)。自分で作った歌詞なのに歌えなかったです。

――ダンスの難易度も高そうです。

アイナスター サビの振り付けとかも今までにない感じだよね。

ノン 「フォーメーションはこういう感じがいい」とマイカ(キャン・GP・マイカ)にリクエストして月ちゃん(月ノウサギ)と一緒に作ってくれました。「扇子はこんな感じ~」という私のざっくりしたオーダーがこんな理想的な振りに仕上がって、「制作チームすげえ」と感動しました(笑)。

――ファンの人に「MELT」をどんな風に聴いて欲しいですか?

ノン ノリがいい曲なので、自分の好きなように聴いて欲しいです。

アイナスター 流行りの雰囲気を意識した楽曲なので、ギャンパレを知らない人にも刺さってくれるといいな。

ミキ 初めて「MELT」を観た時に「何だったんだろ。今の曲」って思ってもらえるような驚きのあるパフォーマンスをしたいなと思ってます。イントロ、アウトロのダンスは、カ能セイが考えて今までにないダンサブルな仕上がりになっているし、フォーメーションもこだわりがあってステージ上で映えるんです。そういうところに注目してほしいですね。13人になってから移動を少なくしたり、できなくなったこともあるけど出来ることもある。そういうものを補っているのが「MELT」だと思います。