絶対に合格したいという思いで臨んだオーディション

--映画『の⽅へ、流れる』では、オーディションで遠藤雄弥さんとともにW主演の座を勝ち取りました。オーディションはいかがでしたか?

唐田えりか(以下、唐田) オーディションで「台本を感情抜きで読んでください」と言われたのが印象的でした。言葉だけを読むということは、ある意味、いろんな不思議な感覚があって、いつもとはまた違った難しさがあるなと思いました。

--唐田さんにとっては、3年ぶりの映画出演となります。どんな思いでオーディションに臨みましたか?

唐田 オーディションを受けるにあたって、脚本を読みこんだうえで、竹馬靖具監督の作品を観させていただきました。絶対に受かりたいという思いで臨んだので、選ばれた時は本当にうれしかったです。

--セリフ量もさることながら、かみ合っているようで決して交わることのないような曖昧な会話が続きます。

唐田 本読みの準備期間がしっかりあって、その間にセリフがきちんと自分の中に入っていたように思います。私が演じる里美の発する言葉は、普段の生活ではあまり言わないようなトゲのあるものも多いですが、特に違和感はありませんでした。見てくださる皆さんも何かしら「分かる」って思っていただけるのではないかと思います。準備期間のなかで体の中に落ちてきた感覚を信じて、現場で(共演の)遠藤(雄弥)さんのお芝居を見て感じることを大事にしようと思いながら演じました。

--初めて出会った里美と智徳(遠藤雄弥)は、とめどなく言葉を交わしながら、ひたすら街をさまよいます。

唐田 主に清澄白河を中心に撮影が行われたのですが、都会なのに空気が澄んでいて気持ちよかったです。映画の雰囲気にもぴったりだと思いました。

--遠藤さんの印象はいかがでしたか?

唐田 遠藤さんはいまだに掴みどころがないというか、不思議な雰囲気を漂わせた方です。遠藤さんご自身が智徳のような感じで言葉を発する訳ではありませんが、少し似ている雰囲気・要素があるような気がしました。役柄を考えたうえでいい距離感と緊張感をもって演じたいというのがお互いの認識としてあったので、撮影期間中はそれほど話しかけることはありませんでしたが、だからこそ本番で出せたものがあったように思います。

--改めて映画の見どころをアピールしてください。

唐田 言葉というものにちゃんと向き合いながら集中して臨んだ現場です。セリフの一つひとつにも注目していただければと思います。清澄白河の風景もきれいですし、ぜひ里美と智徳、二人の世界観をスクリーンで体験していただきたいですね。不思議な余韻が残る映画だと思うので、そのあたりも楽しんでいただければと思います。