ライブタイトルの「希望、挫折、驚嘆、絶望、感謝 それが、私。」を体現する圧巻の公演

デビュー5周年を記念したライブにふさわしく、開演前からファンの熱気に包まれていた。開演を告げるOpening VTRが流れメンバー紹介が終わると、センターステージから7人が登場。思いがけないサプライズで会場が沸く中、「アイデンティティ」でライブがスタート。センターステージに戻り「私たちが真っ白なキャンバスです」という言葉から「闘う門には幸来たる」が始まると、ステージいっぱいに広がり、会場全体に歌声を届けた。

続く「メンションガール」では軽快なリズムにあわせてステージ後方のひな壇に駆け上がり、「ポイポイパッ」では会場が一体となって踊る。「共に描く」を歌い上げるとアウトロで自己紹介をしながらステージから去っていった。

VTRが流れるとそこには挫折し苦悩するメンバーが描かれ、ガラスが割れるシーンで映像は終わり、メンバーが登場。イントロを小野寺がアカペラで歌い上げるアレンジで「ルーザーガール」を披露すると、「パーサヴィア」「ダンスインザライン」「SHOUT」と畳み掛けるようにパフォーマンス。ビジョンやレーザーを使ったド派手な演出が会場をさらに盛り上げたところでメンバーは再びステージを後にした。

次のVTRではメンバーが絶望する様子が映し出された。映像が終わると真っ黒な衣装をまとったダンサーと麦田が登場。ダンサーとともにソロでダンスを踊ったところでメンバーが合流。そのままダンサーとともに「レイ」をパフォーマンス。続く「Whatever happens,happens.」「オーバーセンシティブ」「わたしとばけもの」と気迫のこもった歌唱を続け会場を圧倒。「私たちは希望、挫折、驚嘆、絶望を繰り返し、この5年間活動してきました。どんなに挫折しても絶望しても、抗ってひたすら前を向いて未来に向け進んでいきます」という小野寺からの言葉で始まったのは新曲「世界犯」。MVをバックに、エモーショナルな初お披露目となった。

ここで本公演初MCへ。広いステージを楽しむようにセンターステージまで広がって観客一人ひとりに感謝を伝えた。MCの最後に「みんなありがとう!」の掛け声ではじまったのは「キャンディタクト」。ここまでと雰囲気は一変し、ポップな楽曲で会場にコーラスを響かせる。「全身全霊」ではビジョンに過去の映像と現在の姿がシンクロして映し出された。続く「HAPPY HAPPY TOMORROW」では楽曲にあわせてスモークでできたシャボン玉がメンバーを彩る。「次で最後の曲になります、みんなで一つになりましょう」という言葉で「PART-TIME-DREAMER」を歌唱。「みんないくよ」の声で銀テープが舞い祝福ムードに包まれたところで本編が終了。

メンバーがステージを降りるとすぐにアンコールを求める拍手が巻き起こり、Tシャツに着替えたメンバーが登場。アンコール1曲目は「いま踏み出せ夏」。笑顔でメインステージ、センターステージを駆け巡り、続く「桜色カメラロール」ではビジョンに映し出される過去のライブのフライヤーと桜の花びらが舞い散る中、これからの白キャンの未来・希望を歌い上げた。