「ネタは叩いたら良くなる」ということを最近学んだ

――「M-1グランプリ2022」の準々決勝を突破されましたね。

小野竜輔(以下、小野) そうですね。準決勝は27組しかいないので、すごく優秀な成績だと思います。

――「漫才至上主義」の4組とも、準々決勝に進出されました。一緒に活動していて刺激を受けましたか?

小野 「負けられないな」という気持ちが強くなりました。

野澤 ライバル心に火がつきました。

――お二人はYouTubeチャンネルでたくさんのネタを披露していますが、どれくらいネタを持っていらっしゃるんですか?

小野 漫才だけだったら2、300個ぐらいあるのかな……。

野澤 ネタの数だけはあります(笑)。

小野 ただ、ちゃんとウケるのは、その中で2本ぐらいしかないんじゃないかな(笑)。

――ネタはどのように作っているのですか?

小野 野澤がある程度の形を作って、そこから二人で話し合って足したり、お客さんの反応を見て変えたりしています。

野澤 「ネタは叩いたら良くなる」ということを最近学びました(笑)。今までは、そのまま作ってそのままで終わりでした。

――ブラッシュアップしていなかったのですね。

野澤 そうなんです。普通はみんなブラッシュアップしてるんですよね。

小野 単純にサボっていたので、良くなるわけがないんです(笑)。ネタを叩く時は、ひとりだと意見が偏っちゃうし、伝わらない部分もありそうだから、二人で話し合うようにしています。

野澤 今年の「M-1」の3回戦の時のネタは、初稿、2稿、3稿と修正を重ねて気づいたら17稿までいって、「こんなに直したんだ」と驚きました。

小野 まあ、これが普通だから。今ごろこの作業をやってる僕らに驚くわ!

――ネタを書き直したほうがいいと気づいたのはいつ頃からですか?

小野 今年からです。真空ジェシカとお互いのネタをカバーするマンツーマンライブをした時に、去年の「M-1」の決勝でやった真空ジェシカのネタを僕らがカバーしたんです。彼らのネタを文字で起こして読んでみたら、全く無駄のない最低限のセリフのボケとツッコミ。最速で笑いを取れる絞り込まれたネタを目のあたりにして「これくらいやらないと決勝に行けないんだな」と悟りました。あれはホントやってよかった。

野澤 他人のネタを書き起こしたほうがいいというのは、よく言われていることなんです。僕も昔は、チュートリアルさんのネタを書き起こしていましたし。

小野 そうそう。昔はやっていたのにね。改めて初心に戻りました。