念願叶って実現した、水族館でのコントライブ

――「M-1グランプリ2022」が開催中です。手応えはいかがでしょうか?

浦井のりひろ(以下、浦井) 「キングオブコント」が予想外に早めに終わったので、準備期間も増えていい感じだと思います。

平井まさあき(以下、平井) 「キングオブコント」は去年準優勝までいったので今年は狙っていたのですが、まさかの準々決勝で敗退になり……。でも、「M-1」があってよかったです。あのまま終わってたらメンタルがヤバかったです(笑)。

――12月9日に開催するオンラインコントライブ「トワイライト水族館」はどのような経緯で実現したのでしょうか?

平井 僕がいろんなところで「水族館でコントがしたい」と言っていたのを、サンシャイン水族館の方が気にかけてくださり「よかったら使いませんか?」と声をかけてくださったのがきっかけです。「サンシャイン水族館」は閉館後、イベントスペースとして借りることができるので、結婚式や音楽ライブ、お泊りイベントなどいろんな催しをされているんです。「せっかくだからやろうよ!」ということで実現に至りました。

――お笑いライブとしての利用は今回が初めてですか?

平井 お笑いは初めてだと思います。

――平井さんは深海生物マニアとしていろんな水族館を巡る「ラヴィット!」の“全国水族館ぶらりんこ旅”が人気です。この企画が決まった時はどんなお気持ちでしたか?

平井 水族館でのコントは夢だったのでめちゃくちゃ喜びました!水族館の外ではできても、水槽をバックにコントができるところって少ないんですよ。

――「サンシャイン水族館」にプライベートで行かれたことはありましたか?

平井 もちろんあります。最近年バス(年間パスポート)を買いました。初めて行ったのは「天空のペンギン」という頭上に大きくせりだした巨大なペンギンの水槽が作られる前です。「この都会にこんなにしっかりした水族館があるんだ」と驚きましたし、「サンシャイン水族館」は展示の仕方がとてもきれいなんです。

浦井 サンシャインシティのプラネタリウムには行ったことがありましたが、水族館に来たのは今回が初めてでした。大きな円筒形の水槽の中をイワシの群れがグルグル回る展示は迫力があって面白かったです。外にも展示がたくさんあって見どころが豊富ですね。

――「トワイライト水族館」は映像のコントと生のコントを織り交ぜて構成されるそうですね。

平井 はい。映像コントは撮影済みです。真夜中の水族館は普段と違う表情を見せてくれて、僕らのコントに彩りを添えてくれました。

――オンライン配信でどこでも観られるのもいいですね。ティーンに見どころをアピールしてください。

平井 閉館後の水族館の独特の雰囲気と、僕ら男性ブランコの人間味のあるコントのコントラストが見どころです。魚たちの多種多様な形、鮮やかな色味が映し出される映像の美しさは絶対に保証できるし、僕らのオンラインコントをきっかけに、水族館とお笑いの両方に興味を持って「サンシャイン水族館」と「ヨシモト∞ホール」に足を運んでもらえたらうれしいです。12月16日までアーカイブ視聴できますよ。