悩みや葛藤を自分ごととして捉えられる物語

――映画『生きててごめんなさい』は大変インパクトのあるタイトルですが、出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

黒羽麻璃央(以下、黒羽) 以前から、本作のプロデューサーの藤井道人さんと「いつか一緒に映画を作れたらいいね」とお話ししていたので、念願が叶って本当にうれしかったです。これまでの華やかな役とは違う、一癖ある難しい役に挑戦できるということで、テンションが上がりました。

――もともと藤井さんと交流を持たれていたのですか?

黒羽 ドラマで一度ご一緒させていただいたことがあり、そこから機会をみつけて数人でお食事したりしています。

――本作には山口健人監督の思いや実体験が反映されているそうですが、役作りは監督と話し合いながらされていたのでしょうか?

黒羽 リアルさを追求するために「もうちょっとおとしてみよう」とか、「ここはもっと大きくやってみようか」など、表現の強弱を細かく指示していただきました。監督は全てのカットにこだわりを持って撮影されていました。

――台本を読んだ時に、どのような感想を持たれましたか?

黒羽 僕が演じた園田修一は、怒りや嫉妬、悲しみといったマイナスの感情が積み重なって、精神的に追い詰められていく役なので、「修一君はかわいそうだな」って思いながら台本を読んでいました。全編ずっとそんな精神状態なので、実際の演技は想像以上にきつかったです。

――スリリングですが、自分ごととして感じられるリアルなお話でした。

黒羽 仕事には人間関係の理不尽な悩みはつきものですし、この映画は誰もが抱えている「病み」の部分をリアルに描いているので、まさにおっしゃる通り”自分ごと“として、多くの方に捉えていただけると思っています。

――本作では今までとは違う黒羽さんが見られるので、ファンの方は楽しみにされていると思います。

黒羽 舞台とも違う、ドラマとも違う、黒羽麻璃央を見てほしいです。こういう映画はなかなかないので、演じる機会をいただけて本当にうれしく思っています。藤井さん、山口監督を始め、素晴らしい共演者の方々と一緒に映像のお芝居を勉強させていただけたことは、僕の人生にとって財産の一つになりました。できることはすべてやったので、後は、観てくださる皆様にどう感じていただけるかですね。