Contents

自分が本当にいいなと思ったものを作った

――ブランド「VIVAMUS」立ち上げおめでとうございます! hibikiさんがinstagramで発表したときも、反響がすごかったですね。

hibiki たくさん「おめでとう」と言ってもらえて、すごくありがたかったです。ブランドの立ち上げは考えることもたくさんあるのですが、ファンのみんながいてくれて心強かったですし、SNSを通じてみんなの気持ちを強く感じています。

――ブランドを作りたいという気持ちは以前からあったのでしょうか?

hibiki 昔から、ファッションはとても好きだったんですけど、ブランドをやりたいっていう気持ちはそんなに強くなかったです。すでにたくさんのアパレルブランドがありますし、芸能人やインフルエンサーの方がブランドを作るというのも珍しくないので、自分がやらなくてもいいかなと思っていました。ましてや、このコロナ禍で「オシャレをして出かける」っていうことも少なくなっているので、ブランド立ち上げのお話をいただいた時も迷いました。洋服は売れ残りなどが多くて、資源が無駄になっているということもニュースを見て知っていましたしね。

――確かに洋服の資源問題はよく耳にするようになりました。

hibiki 今回は完全受注生産なので、本当に欲しいと思ってくれた人に届ける形で、服が余るということがないのが良いなと思いました。あと立ち上げたばかりの時は結構バタバタするし、集中してたくさん時間を費やさないと中途半端になってしまうだろうなと思っていて、コロナ禍じゃなかったらlolとしてツアーもやっているだろうし、ブランドに割ける時間は多くなかったと思うんです。そういった色々な要素が重なって、「今、このタイミングでブランドを始めることに意味があるのでは」と考えて決断しました。

――最初にお話があった時は「こういうコンセプトで作ってほしい」という提案があったのでしょうか。それとも「hibikiさんにおまかせ」だったのですか?

hibiki ありがたいことに、完全に任せてもらっています。どんな服を作りたいか、デザイン、色、生地、丈感など全部です。

――自由だからこその悩みもありそうですが、いかがですか?

hibiki ファッションが大好きだからこそ、「こういうコンセプトで、こういう風であってほしい」と言われたらアイデアが出てこなかったと思います。「それならhibikiじゃなくていい」ってなってしまうから。もともとファッションを含めて流行りに疎いタイプなんです。疎いからこそ、hibiki自身がいいなと思ったものを着てきたし、「VIVAMUS」もhibikiが本当にいいなと思ったものを作りました。今、hibikiが好きなものを、洋服を通して表現させてもらっています。

好きな素材、全体のバランスを考えながら、色合いにこだわった

――コンセプトやデザインのこだわりを教えてください。

hibiki  「VIVAMUS」のオリジナリティはどこから作ったらいいだろうと考えてデザインに落とし込みました。たとえば、今、着ているシャツ。本来は後ろについているタグ部分を切り取ってポケットに張り付けているんです。最初のアイテムだからブランド名を分かって欲しいという思いもあります。

▲BIG COLLAR SHORT SHIRTS(DUSTY-GREEN)

レディースのルックのこだわりとして、「肌見せをそれぞれ上手にやってほしい」という思いがあります。シャツは、この袖の部分が完全に取り外し出来るので、長袖として着ても良いし、ノースリーブシャツにもなるし、半分だけ外して肩だけ見せるとかも出来るし。あとアームカバーにもできます。

――今日hibikiさんが着用しているパンツもヘルシーな肌見せという感じで素敵ですね。

▲トップス「VIVAMUS BACK ROSE T(WHITE)」パンツ「CUT OUT CHAPS PANTS(WHITE)」

hibiki パンツも最初は取り外し可能ということで進めていたんです。でも途中で「やっぱこっちの方が形は綺麗に見える」と思って今の形になりました。hibiki自身が「履いたときに、シルエットが不格好になると履きたくない」と思っちゃうので、何度も試着して決定しています。

――素材も質感などたくさんこだわりがありそうですね。

hibiki 素材はhibikiの「好き」と、サンプルを見て全体の「バランス」を考えながら、色合いにこだわって選びました。Tシャツはしっかりめが好きなので、いろんな生地を見て、試行錯誤しながら選ばせてもらっています。シャツも夏に出すものなので、軽めの素材にしたんです。ちょっとリボンっぽい素材で、柔らかい感じになっているので、着心地がすごく良いと思います。

――今後メンズラインを作る予定はありますか?

hibiki  Tシャツはメンズも着れるようにビッグサイズで作っています。hibiki自身、普段からメンズの服やビッグサイズを着ますし、パンツもメンズものを履くので、「VIVAMUS」でも作れたらいいなと思ってます。

――男性のファンの方も楽しみですね!

「人生一度きりだし、今を生きよう!」というメッセージをこめたブランド名

――ブランド名の「VIVAMUS」はラテン語だそうですが、どのような思いをこめましたか?

hibiki ラテン語が好きなので、ラテン語を取り入れた名前にしたいと思っていて。好きな詩人の言葉で「明日という日はすごく遠い先の話だから、今日という日を生きなさい。今を全力で楽しんで今を大切に生きよう」というのがあります。hibikiも「人生一度きりだし、今やっとこうよ」「今日という一日を全力で生きたい、今を生きよう!」といつも思っています。hibikiを知ってくれている人、「VIVAMUS」に出会ってくれた人に、「一緒に、共に生きようね」という意味を込めて「VIVAMUS=生きる」という意味のブランド名にしました。最初にお話させていただきましたが、ブランドをやるって決めたのも今だからできることだと思っているので、その意味もあります。

――hibikiさんの強いメッセージが、ブランド名に込められているんですね。

hibiki タンクトップに、さっきお話しした詩人の言葉を刺繍したり、Tシャツの裏に書いてあるメッセージが「生きる限り生き続けよう」だったり。「生きているからこそ、今を全力でがんばろうね」というメッセージを色々な場所にこめています。

▲VIVAMUS STYLE-UP SLEEVELESS T(D.GRAY)

SNSでコーディネートの提案もしていきたい

――hibikiさんがモデルとして活動をするときに意識していることはありますか?

hibiki 基本的なことではありますが、「このブランドは、デザインのどこを見せたいのか?」を考えるようにしています。「このスリットを見せたいのか」「Tシャツのどこがポイントなのか」などを考えてから撮影に入って、自分を見せるよりも、洋服の良さを出すことを第一に意識します。

――アーティストとしての表現とはまた違うアプローチですね。

hibiki 全然別です。ただ今回はアーティスト「lol-エルオーエル-」のhibikiとしてブランドをやらせてもらうことが大きいと思っています。アーティストとして、自分を表現するという形で、それを洋服に落とし込んでいます。一般的なアパレルだったら、もっと売れ線を作ったり、全然服に興味ない子にも届く形だったり、ビジネス的な部分を考えないといけないと思います。でも、純粋にhibikiの好きなもの、hibikiが着たいものを発信して届けられるのは、本当にありがたいです。

――lolのメンバーの皆さんからも「VIVAMUS」についてコメントはありましたか?

hibiki 素直に応援してくれています。意外かもしれないんですけど、私以外のメンバーはあまりファッションに興味がないんです(笑)。特にhonokaなんかは「全部欲しい。honoka服ないねん!」という感じで話していました。

――それは意外でした! 今回のアイテムを買えばたくさんコーディネートが出来ますしhonokaさんにもぜひ購入いただいて……(笑)。

hibiki そうですね。コーディネート、アイテムの組み合わせなどは、これからSNSで発信していきたいなと思っています。「VIVAMUS」だけじゃなくて、他のアイテムとの合わせ方も提案していこうかなと。たとえばシャツはショート丈にしているのですが、おなかを出したくない子もワンピースを合わせて着れば、おなかを見せずに着ることができるし、カジュアルな感じだけじゃなくて、落ち着いた大人っぽい感じで着れたりもするんです。「こうやって着たら誰でも着られるよ」というのを発信していきたいですね。

Information

VIVAMUS
ラテン語で「生きる」の意味を持つ”VIVAMUS(ヴィヴァムス)”
「今、自分が着たい服を着ること」を通して「自分らしく今を生きること」をお手伝いしたをコンセプトにしたブランド

2021年6月8日(火)販売開始、同年6月14日(月)販売終了
※受注生産になります
シャツ 2色展開、フリーサイズ
パンツ 2色展開、S・Mサイズ
Tシャツ 3色展開、フリーサイズ
タンクトップ 2色展開、フリーサイズ

公式サイト

公式Instagram

hibiki(lol-エルオーエル-)

アーティスト/VIVAMUSブランドプロデューサー

1997年8月3日生まれ。愛知県出身。avex artist academy名古屋校出身。2014年9月、「TOKYO GIRLS AUDITION 2014 AUTUMN/WINTER Powered by Ameba」にて、アーティスト部門準グランプリを受賞。lolとしての活動にとどまらず、モデルとしても活躍中。『NYLON』をはじめとして多くの雑誌に掲載される。2017年5月、109シーズンビジュアルとして起用。2017年6月、『Scawaii!』にて専属モデルらとともに初表紙を飾る。役者としての活動も行い、2020年10月、『さくらの親子丼』(フジテレビ系)で初連続ドラマ出演。

Photographer:Hirokazu Nishimura,Interviewer:Kozue Nakamura