友達と枕を叩いてセッションするのが楽しかった

――お二人が音楽に目覚めたきっかけを教えてください。

シュンタロウ 高校生の頃にメタルバンドのコピーをしていた姉が、卒業のタイミングで「もう、ベースは使わないからお前が買え」と言ってきて(笑)。そのベースを買ったのが音楽を始めたきっかけです。僕が小学6年生の頃でした。

――姉弟なのに買わされたのですね(笑)。

シュンタロウ そうです(笑)。ベースを弾いているうちにドラムも叩きたくなり、ドラムスティックでビーズ枕をよく叩いてました。その後親に頼み込んでドラムセットを買ってもらいました。ただ、防音対策もしてない普通の家だからめちゃくちゃうるさかったです(笑)。ギターは中学2年生の頃から弾き始めました。

――当時、ギターでどんな曲を弾いていましたか?

シュンタロウ 姉の影響でメタル系の音楽を聴いていましたが、BUMP OF CHICKENの名盤『ユグドラシル』を聴いた時に、「ハードロックとは音の重ね方が違う!」と興味を持つようになり、仲が良かった友達と曲を作ってセッションしたりしていました。雑誌と枕をドラムに見立てて僕がズタン、ズタンと叩き、友達がベースを弾くスタイルで、録音方法も分からないから、カセットをオーバーダビングしてピンポン録音(※多重録音)みたいなことをしていました。自己満足でしたが楽しかったですね。

――ナルミさんは?

ナルミ 私は高校で軽音部に入ってから楽器を始めました。中学生の時にピアノを習ったことがあったのですが、ピアノを弾くのが嫌いで……。今も全く弾けないし譜面も読めません(笑)。軽音部には、小中と一緒だった仲のよい友達と一緒に入部したものの、すでに5組のバンドが出来上がっていて私たちはあぶれもの状態。「どうしよう」と言っていたら、顧問から「アコースティックのユニットを作ったら?」と提案されました。

――シュンタロウさんと同じ高校の軽音部に所属されていたのですよね。

シュンタロウ お互い軽音部で知り合いました。でも、ナルミたちは軽音部の部室じゃなくて、なぜかいつも陶芸室にいたんです。

ナルミ 部室は、月曜日から金曜日まで日替わりで5バンドが割り振りされていて、私たちはアンプがいらないからという理由で陶芸室にいさせられていたんです(笑)。

シュンタロウ 顧問の先生も陶芸室にいたので、僕がちょいちょい顔を出して、そこから仲良くなりました。

――ナルミさんのユニットにはどんな印象を抱いていましたか?

シュンタロウ 当時から歌がうまいなと思いました。

――高校生の時は別々のバンドで、それぞれどんな音楽を演奏されていたのでしょうか?

シュンタロウ 僕は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONさん、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、オアシスとか、バンドの他のメンバーが好きな曲でした。よく誰もいない早朝の部室でドラムを叩いてましたね。めちゃくちゃ下手だったけど、当時は「勢いがあればいいだろう」みたいな雰囲気でした。

ナルミ 私はLOVE PSYCHEDELICOさんから入って、ゆずさん、YUIさんとかですね。相方が好きなアーティストで、私も好きな曲を一緒に選んで演奏していました。

――人前で演奏する機会はありましたか?

シュンタロウ 学園祭くらいかな。後は、軽音部主催のライブとか。

ナルミ ユウキのお父さんがスタジオを経営していて、その関係で2ヶ月に一回ぐらいの頻度でスタジオ主催のライブイベントに出させてもらっていました。

シュンタロウ 客はほぼ身内でしたけど(笑)。