前公演と同じ楽曲をパワーアップしたパフォーマンスで

――冬公演「The journey continues〜旅はつづく〜」ついて、コンセプトを教えてください。

いわむら ゆきね(以下、ゆきね) 夏公演は旅をテーマにしていて、空腹の2人の登場人物が希望を胸に空想の旅をするという内容でした。冬公演はその物語りの続きとなっています。続きを描く公演はミモザーヌとしても初めてです。夏公演と同じ楽曲も登場するのですが、パワーアップしたパフォーマンスをお見せ出来ると思います。

いわむら ゆきね

さかもと りるは(以下、りるは) 前回と同じ曲を構成を変えてお届けするので、また新鮮な気持ちで楽しんでいただけると思います。私たちもすごく楽しみです。

さかもと りるは

――夏公演の反響やご自身が学んだこと、印象的だったことを教えてください。

ちば ひなの(以下、ひなの) 私は「情熱フラミンゴ」という楽曲ではじめてセンターをやらせていただきました。これまでは団長の(いまもり)まなかがセンターを務めてきた曲で、受け継がせてもらった時は正直不安でいっぱいだったのですが、色々な方にアドバイスをいただいてやり遂げることが出来ました。周りの方には「ひなのらしい『情熱フラミンゴ』だったよ」と言っていただけて、とても嬉しかったですし、自信につながりました。

ちば ひなの

りるは 私は『とらとら』に出演したのですが、不安だらけで未知の世界に入った感じでした。でもスタッフさんやメンバーに良かったよと言ってもらえたり、SNSでハッシュタグをつけて感想を書いてくださる方もいて、嬉しかったので頑張って良かったなと思いましたし、自信がつきました。

ともだ りのあ(以下、りのあ) 私の先生や友達が観に来てくださって、オープニングを観て「羽とか小道具も使うんや!」って驚いたみたいです。あと、「ボン・ボヤージュ」という曲でストップモーションのようなダンスであったり、『情熱フラミンゴ』のピタッと止まる片足のダンスなど、「すごいね!」と言ってくれました。細かいところまで観てもらえたことがうれしかったので、次回ももっと細部にまでこだわった動きをしたいです。

ともだ りのあ

ゆきね 夏公演はお芝居を中心にやらせていただきつつ、「歌が上手くなった」と声をかけていただいたり、SNSでも「ゆきねちゃんの歌良かった」というコメントを書いてくださった方がいて。練習はたくさんしていますが、上達は自分では実感していなかったので、すごくうれしかったし励みになります。