Contents

スマホやGoogleマップが普及するまで方向音痴の自覚はなかった

――『方向音痴ってなおるんですか?』執筆のきっかけを教えてください。

吉玉 以前、西武新宿駅の乗り場にたどり着けなかったときのエピソードをnoteに書いたんですが、たまたま方向音痴のライターを探していた担当編集の方がそれを読んで、声をかけてくださいました。それでweb連載が始まり、今回の単行本に繋がりました。

――方向音痴克服の企画を聞いたときはどう思われましたか?

吉玉 まさか連載になるとは思っていませんでした。打ち合わせでいただいた企画書には、私自身が地図や地形など様々な専門の方の門戸を叩いて、方向音痴を克服できたら連載終了と書いてあって驚きました。ほんとうに計画通りにいくのか、もし克服できなかったらどうなってしまうんだろうという不安もありました。

――自分が方向音痴であるという自覚はあったのでしょうか?

吉玉 実はスマホやGoogleマップが普及するまであまり自覚はなかったです。誰もがスマホを持つようになってから、Googleマップを使いこなせる周りの人たちと、使いこなせない自分の差が明確になったように思います。例えば、待ち合わせ場所にカフェなどの店を直接指定されても、みんなは集まることができる。ところが私はなかなかたどり着けないので、方向に弱いのだと気がつきました。この話をしたら、小学校時代からの友人に「昔から方向音痴だったよね」と言われたので、周りはずっと前から気がついていたのだと思います(笑)。

――学生時代に方向音痴を感じることはなかったんですね。

吉玉 あまりなかったです。地理の授業は好きでしたし、修学旅行やフィールドワークなども頼りない私を友人が率先して目的地に連れていってくれていたので、そこまで困ったことはありませんでした。

――なるほど。知らず知らずのうちに周りが支えてくれていたんですね。

吉玉 札幌から上京して、渋谷駅や新宿駅などの大きな駅は慣れるまでに時間がかかりましたが、覚えてしまえば大丈夫でした。就職活動をしていたときに一度だけ、面接の10分前になっても場所がわからずに「どうしてもわかりません!」と電話をかけて教えていただいたことはあります。基本的に目的地までかかる時間より30分以上の余裕をもって歩きはじめるのですが、あのときだけはそれでも間に合いそうにありませんでした。

――ご出身地の札幌は地下鉄やバスが発展していますよね。乗り換えも迷いませんか?

吉玉 札幌って、地下鉄は東西線、南北線、東豊線の3本だけなんです。交わる点も大通駅とさっぽろ駅の二つだけなので、把握しやすいんです。ただ、路線図として覚えているので、それが地図になると混乱します。路線図で見て遠いと思っていた街が意外と近くにある、ということはよくありました。

何かを意識して街歩きを楽しむ

――本には方向音痴ならではの共感できるエピソードがたくさん書かれています。

吉玉 連載1回目は、土地勘のない池袋が舞台だったのですが、目的地のカフェにたどり着くまで大変でした。文章ではさらっと書いていますが、はじめに駅から出るまでに出口を探して構内をぐるぐるさまよってしまって、地上に出るまでにとても時間がかかりました。こんな調子で、これからどうなるんだろうとさらに不安が募りました。

――企画が進むにつれて、吉玉さんの方向感覚が養われていく様子に驚きました。文中に出てくる「北」を意識するとはどういう感覚なのでしょうか?

吉玉 東京スリバチ学会会長、皆川典久さんとの「四谷で散歩チャレンジ!」の場面です。あのときは、はじめに地図でどちらが北なのかを確認しました。それから、ロープを伝っていくように、どの道を進んでも、どの角を曲がっても、どちらが北なのかをひたすらイメージして歩いたんです。そうしたら、少しずつ方角がわかるようになりました。だけど、皆川さんは私のように意識をしなくてもどちらが北なのかがわかると仰っているので、すごいと思いました。おそらく建物の位置関係などから無意識に北を割り出しているのだと思うのですが、ご本人はただ「北を感じる」と(笑)。それがどういう感覚なのかは私もまだわかりません。

――街を見る視点にも変化があったのでしょうか?

吉玉 街の高低差に気がつくようになりました。登山をやっていたこともあるのか健脚で、今までは坂を上ったり下りたりしていることも意識していなかったんです。学生時代に毎日歩いていた御茶ノ水から神保町への道のりも、当時は坂であることがわかりませんでしたが、地形を学んでからはわかるようになりました。

――意識をして街を歩くことが大事なんですね。

吉玉 そうだと思います。知っている道と知っている場所にしか行かないので、何かを意識して街歩きを楽しむという感覚もありませんでした。会話のなかで街の話題になっても、わからないから興味が湧かなくてあまり気に留めていませんでした。連載を通して、地形や土地の産業などを豆知識として覚えてからは、街の会話に積極的に加わることができるようになりました。自分がすこしアカデミックになった気がします(笑)。同時に、周りが当たり前のように、どこの角にどんなお店があるかを把握していることがすごいと思いました。

――本の中で脳科学者の新垣紀子教授も、「最近は地図を見る機会が減って、配置がわからない人が増えている」と仰っていました。今の若い世代はどう街歩きをしたら良いと思いますか?

吉玉 今の若い世代はインターネットが充実しているので、たとえば旅行に行く前に、たくさん情報を集めますよね。予習できるという点では素晴らしいことだと思うのですが、時間に余裕があるときは、あえて予習をせずに旅をしたら色んな発見があって楽しいと思います。自分の中で企画を立てて、子どもの頃にやったスタンプラリーのような感覚で、駅で乗換の路線図を見たりしながら旅をするのも良いんじゃないでしょうか。

方向音痴におすすめの地図アプリとは?

――土地勘がなくて方向音痴な方が東京で街歩きをするとしたら、どんな場所が良いでしょう?

吉玉 商店街のある街が良いと思います。私の地元もそうなのですが、今の時代は地方の商店街は大型のショッピングモールに取って代わられてしまうので、逆に珍しいです。東京では、おばあちゃんがコロッケを揚げている総菜屋があったりする、昔ながらの商店街の雰囲気を味わうことができます。どんなお店があるのか、一軒ずつ眺めて歩くと楽しめると思います。

――方向音痴にはどの地図アプリがおすすめですか?

吉玉 本でも紹介した「Waaaaay!」(うぇーい)がおすすめです。地図が読めない方向音痴にとっては、おそらく地図を見ることすら嫌だと思うんです。Waaaaay!のように、基本的に矢印のみでナビしてもらえるアプリは惑わされることがないので、ストレスがなくて使いやすいと思います。

――本書での経験を活かして、行ってみたい場所はありますか?

吉玉 近場だと鎌倉を散策したいです。何も見ず、目的地も決めずに丸一日かけてじっくり歩いたら楽しそうですね。一日20キロぐらいは歩けるので、お遍路さんや熊野古道などのロングトレイルもしてみたいです。以前、スペインのサンティアゴ巡礼路を40日間かけて歩ききったことがあるのですが、とても楽しかったです。

――今後はどんなものを執筆したいですか?

吉玉 今回の方向音痴のように、苦手を克服する、という企画があればまたやってみたいです。克服できなかったらどうオチをつけようかとハラハラするのですが、とても楽しかったんです。絵、歌、暗算、写真写りなど、苦手なことはたくさんあるので、方向音痴のように克服していきたいです。

――最後に読者にメッセージをお願いします。

吉玉 今はお出かけしにくい状況ではありますが、本書を読んで一緒に迷いながら街歩きをしている気分になってもらえたら嬉しいです。私の文章は難しい言葉も少なく、小さい子や本を読むのが苦手な方でも読みやすいと思います。ちょっと読書でもしてみようかな、という気分になったときに気軽に読んでいただきたいです。

Information

『方向音痴って、なおるんですか?』
著者:吉玉サキ
発売日:2021年5月21日(金)
価格:1,400円+税
発行:交通新聞社

公式サイト

吉玉サキ(よしだま さき)

ライター、エッセイスト

札幌市出身。北アルプスの山小屋で10年間働いた後、2018年からライターとして活動を始める。著書に『山小屋ガールの癒されない日々』(平凡社)。

Interviewer:Yukina Ohtani