福田組はファミリーみたいに温かくて、演じやすい雰囲気

――原作の漫画は読まれましたか?

若月佑美(以下、若月) オファーをいただいてから読みましたが、めっちゃ楽しかったです。中村光さんの作品はアニメの「荒川アンダー ザ ブリッジ」を観て面白さを知っていましたが、「ブラックナイトパレード」は、ギャグに風刺的な要素も加わってひと味違う雰囲気です。

――若月さんは福田雄一監督と何度もお仕事されていますが、あらためて福田監督の印象を教えてください。

若月 多くを語らず、俳優さんを信頼してくださる方という印象です。間違っているところがあれば指摘されることもありますが、基本は役者の演技を優先していて、役者がやりやすい環境を作ってくださいます。だから、福田組の現場はとても温かいんです。スタッフさんも含めてファミリーみたいで、現場に行くだけで楽しい気分になります。

――作品のイメージから、騒々しい方をイメージしていましたが違うのですね。

若月 全く違います。どちらかというと静かで穏やかな方です。

――福田組と言えば、アドリブが印象的ですが、こちらも監督からの指示はなく?

若月 そうですね。アドリブも役者の自己発信がほとんどで、監督がそのまま採用してくださいます。

――若月さんが演じた赤井稲穂は、中川大志さんが演じるチャラ男の田中皇帝(読み:カイザー)をも翻弄する自己中なトラブルメーカーという役柄ですが、どのような役作りを意識しましたか?

若月 稲(穂)ちゃんは、いたずらの度が過ぎているところもありますが、いざとなったらすごく強いし、賢いところもある女の子です。映画の演技だけで、“意地悪でいたずら好きな女の子”という印象だけ持たれてしまうのはもったいないと思ったので、自分なりに稲ちゃんの凛とした部分も醸し出せるように意識して演技するようにしていました。

――原作を読んで役に深みが生まれたのですね。

若月 そうですね。でも、稲ちゃんのキャラクターは、シーンによってコロコロ変わるから難しかったです。カイザーくんにいたずらしている時はボケボケで、店長と話している時はしっかりしていて、戦う時はバリバリ。言葉遣いも性格も違うし、いろんな面がありすぎて、どれをメインにすればいいのか悩みました。

――若月さんは漫画・アニメの実写化作品にたびたび出演されていますが、実写化作品で意識しているところはありますか?

若月 原作を読み込むことですね。昔は原作に忠実に演技することに気を取られていましたが、2次元の作品を3次元で演じる時は、変更しないと演技で成り立たないところもあるので、最近は、自分なりの解釈を加えることも大事だと思うようになりました。

――主演を務めた吉沢亮さんの印象はいかがでしたか?

若月 お顔立ちが整っているので、クールな方かなと思っていたのですが、実際にお会いしたら、やさしくて温和で、フワッとしたオーラをまとったような方でした。現場でいろいろお話しする時間はなかったのですが、お互いが出演した福田監督の作品についてお話ししました。その時の吉沢さんの雰囲気に「三春っぽさ」を感じました(笑)。

――中川さんはテンションが高い役柄で振り切った演技をされていました。

若月 私も本当にすごいなと思いました(笑)。ここまで振り切ることができる作品は、なかなかないと思いますし、それが福田さんの作品の魅力だと思います。