アポなしでイベントに飛び込んだデビューライブ

――DOTAMAさんは県立の進学校に通っていましたが、働きながら大好きなラップに打ち込みたいという思いから大学進学はせず、高校卒業後は就職を選んだとお聞きしました。就職先はホームセンターだったそうですが、なぜこの職種を選んだのでしょうか?

DOTAMA 安直でお恥ずかしいのですが、家から近いというのが一番の理由です。もともと園芸やペットなどが好きなのもあって、結果的に10年間お仕事させていただきました。

――どんなところにやりがいを感じていたんですか?

DOTAMA 自分自身の経験を踏まえた感想ですが、地方在住の企業に勤める社員は、接客、経理、棚卸しなど、若いときにまず何でも任されます。お客様に商品を説明するために、自宅で園芸をやってみたり、ペットの勉強をしたり。いろいろ必死にやっていましたし、そこにやりがいもありました。

――会社員として働きながら、2005年にソロ名義で初の音源「DOTAMATICA EP」をリリースされます。

DOTAMA 当時、自分の楽曲をライブでやるにしても、まとまった作品を作った方がいいと思って、いわば名刺代わりに作らせていただきました。

――デビューライブはどんな感じだったのでしょうか?

DOTAMA 地元の栃木県足利市に「BBC」というライブハウスがあって。そこで開催していたイベントにいきなりお伺いして「ライブをやらせてください!」と直談判しました。どうしても歌いたいという熱量だけで、いきなり飛び込んで行ったんです。

――事前のアポ取りもなくですか(笑)。

DOTAMA これも大変お恥ずかしいのですが、してませんでした。もちろんイベントの主催者からは「当日飛び入りなんてダメに決まってるだろ」と一蹴されたんですけど、「心意気は買う」と5分間だけ時間をもらったんです。イベントを主催されていたDJのU-ONEさんには心から感謝しています。そのとき出演していたDJの方がDJ SHADOWの「Organ Donor」をかけて、これをバックに無理やり、自分の持ち歌を歌ったんです。それがデビューライブですね。そのときのDJがDJ UGで、後の僕の最初のライブDJです。その方とは群馬県桐生市にあったクラブ、BLOCKさんで一緒に「ENCOUNT」というイベントをスタートました。15年以上前の出来事です。

――何が縁になるか分からないものですね。当時、地元のヒップホップシーンは盛り上がっていたんですか?

DOTAMA 今もそうですが、盛り上がっていましたね。当時、ラッパーのJERU THE DAMAJAが群馬のLEVEL-5というクラブに来日したのを見に行ったのですが、200人以上お客さんがいてパンパンでした(オーナーの阪田さんのご冥福を心から祈りします)。僕がよく遊びに行っていたのは栃木と群馬の県南エリアなのですが、他の地域もそうですし、イベントの数はもちろん、DJもラッパーも多かったですね。

――会社に音楽活動をしていることは公表していたんですか?

DOTAMA 言うつもりはなかったんですけど初っ端にバレました。ジャズベーシストのOLD MACHINEという方が同じ職場にいて、後に共作もするんですけど、彼が会社の人に「新しく来た福島くん(※DOTAMAの本名)、ヒップホップやっているらしいよ」って話しちゃったんです。それが社内に広まってしまいました。

――MCバトルにはどういうきっかけで出始めたのでしょうか。

DOTAMA 名前を知ってもらうためです。高校を卒業して、会社にも慣れてきたので翌年からMCバトルに出始めました。言い方は乱暴かもしれませんが、MCバトルは広告です。魂を込めたライブや我が子のような作品を聴いてもらうために、まずは自分の存在を知ってもらおうと、深夜のクラブに行って、MCバトルに参戦していました。

――MCバトルの時はスーツ姿だったんですか?

DOTAMA 普通に私服のときもあれば、仕事帰りでワイシャツにチノパンみたいなときもありました。2005年から「UMB(ULTIMATE MC BATTLE)」が始まって、そこに僕も飛び込んでいったんですけど、ラップスタイルと、こういうルックスなのも相まって、面白がってもらえてはいたのかなあと。あの頃のバトルを振り返ると恥ずかしいのですが、どうなんでしょう(笑)。

――いかついラッパーが居並ぶ中にDOTAMAさんが出てきたら、そりゃあ盛り上がりますよね。

DOTAMA いえ。自分のスタイルがいわゆる、カウンターだったとは思いません。自分は自分のスタイルを貫いているだけなんです。個人的な考えですが、ヒップホップは人生や生活のリアル、感じたことを音楽にする文化です。スーツで普段ライブするのも、自分の生活の大半を占める、お仕事のメンタリティを表現するためです。単純にスーツは気合が入る、というのもありますが。外見や方向性の違いはあれど、格好良ければヒップホップ、という精神もあると思います。もちろん色んな意見があるのでこれも絶対ではないかもしれません。ただ、その多様性こそがヒップホップの懐の広さだと思っています。そんなヒップホップが自分は大好きなんです。