プロレスに関しては「根性論」は必要

――新日本プロレスのプロレスラー候補者を発掘する番組「THEスピリット」ではどんなところに注目していますか?

オカダ・カズチカ(以下、オカダ) このプロジェクトは、通常の入門テストとは違い、身長、体重、年齢などの制限を設けていません。体力やプロレス愛、メンタルの強さはもちろんですが、僕が一番注目しているのはその人自身のアピールポイントです。特別カリキュラムでは入門テストまで僕が直接指導を行うので、アピールポイントに気づいていない人は見つけて伸ばすお手伝いをしたいと思っています。

――フィジカル以外の要素に注目されているのですね。

オカダ フィジカル面や技術は、入門後に補えるので、その人自身の良さに注目したいですね。

――とはいえ、セルフプロデュース力をどうやって身につければいいか、分からない人も多そうです。

オカダ プロレスが好きな人なら、そういう部分もチェックしていると思うので、そんなに難しいことではないと思います。

――新日本プロレス入門後に、セルフプロデュースやマイクアピールについて勉強する機会はあるのでしょうか?

オカダ そういう機会も場所もありません(笑)。プロレスラーは各自で努力しています。プロレスに限らず、ライブでミュージシャンの方がファンに向けて話すMCや、野球のヒーローインタビューの受け答えなど、どんなことをどうやって話せば、人の心を掴むことができるか意識するなど、普段から多くのものに触れておくことが大事ですね。緊張してぼそぼそ喋っていたら、伝わるものも伝わらないし、お客さんの興味を引くこともできないし、自信がなくて「無理です」という顔をしている人を応援したいと思わないじゃないですか。僕は日頃から「自分が応援したくなる姿を見せろ」と言っているのですが、自分の理想を強くイメージして魅せるように努めることが大事だと思います。

――セルフプロデュースと言う意味では、SNSも欠かせないですね。

オカダ そうですね。SNSでファンとの距離は近くなりましたが、プロレスラーとしてのミステリアスな部分は保ちづらくなったと感じています。SNSを駆使して自身を面白くプロデュースしている選手もいますが、無理なら使わなくてもいいと思う。僕もあんまりしないほうですから(笑)。

――あえてミステリアスさを演出しているのですか?

オカダ いや……、SNSにハマるのが怖いんですよね。

――なぜですか?

オカダ 依存しちゃうので。練習など、他にしなきゃいけないことがあるのにそっちに気を取られてしまわないように、程よい距離を保つようにしています。

――プロレスの形も時代によって変化していると思います。一流のレスラーになるための条件は変わったと思いますか?

オカダ プロレス団体によっても違うと思いますが、そんなに変わってない気がしますね。新日本プロレスには、ウォーミングアップで500回スクワットをする伝統がありますが、普通に考えたらそんなことしなくても強くなれるんです。敢えてそれをするのは、フィジカルと同時にマインドが鍛えられるから。ギブアップが頭をよぎる瞬間に、スクワットのつらい記憶が蘇り、耐えることができる。昔は、誰かギブアップするまでやろうと3000回やったという話を聞いたことがありますが、今は無理をして体を壊すような練習の回数は減りましたね。

――がむしゃら頑張る根性論もやはり必要なんですね。

オカダ プロレスに関しては言えば必要だと思います。

――オカダ選手がプロレス界入りした時と今では、やる気や根性で温度差を感じることはありますか?

オカダ そんなに大差ないですね。「僕は絶対プロレスラーになります!」と言って入門しても諦めて辞めていく人がいるのは昔も今も同じです。やる気=継続ではないですね。