初の武道館公演はみんなの夢だった

――先日、ニューアルバム『2nd STEP』が発売されましたが、1stアルバムのリリースから約2年半が経ち、楽曲の変化やグループとして成長を感じたことはありますか?

山岸 初のバラードに挑戦したり、今までになかったエフェクトがかかっているクセのある曲、ライブのアンコールで歌いたくなる曲もあったりして、前作よりも幅広いジャンルの楽曲をいただけたなと思います。早くライブでパフォーマンスしたいですね。

浅倉 去年の夏にソロでバラードを歌うコンサートをハロー!プロジェクトで回らせていただきました。そこから一人ひとりの歌に対する思いや成長がすごく見えた中での新曲のレコーディングだったので、表現の幅の広がりや、歌声の変化が感じられるんじゃないかなと思います。

秋山 私はみんなのビジュアルも変わったなと思います。2年半でいろんな出来事があって、それぞれが自分を磨いたからこそ歌の表現力に繋がったなと思っていて。「歌の主人公の女の子はこういう気持ちなのかな?」とか、じっくり考えられるようになった気がします。

――今回のアルバム曲の中で、みなさんのお気に入りのフレーズはありますか?

秋山 「足りないもの埋めてゆく旅」はレコーディング前に聴き込んでいたときに、自分に重なる部分がたくさんありました。特に“できること数えてゆこう 弱虫にならないように ほら胸を張らなきゃ もっと 足りないもの埋めてゆきたい”という歌詞が好きです。「自分のここが嫌だな」と思うこともありますが、ファンの方は私をいいと思ってくれた部分がひとつでもあるから好きでいてくれているんだなと、前向きに考えられるようになりました。こういうご時世なので、私だけじゃなくファンの方にもこの曲を聞いて前向きな気持ちになってほしいです。

浅倉 私は「最上級Story」の“もし世間の価値観変わっても 大好きなものは きっと変わらない”というフレーズです。自分が好きでも、ほかの人は否定的だったり、納得してもらえなかったりすることもあると思うんです。でも好きなものは自分しかわからないし、それがなければ自分は成立しないから、そのままでいいんだなと、この歌詞が思わせてくれます。私は人に左右されがちというか、人の目を気にしちゃうところも多いんですけど、大事にしたい芯の部分はちゃんと持ち続けたいなと思いました。

▲浅倉樹々

山岸 私も「最上級Story」です。コロナ禍でいろんなことができなくなってしまったんですけど、この曲は“メゲてらんない やる気をチャージ”など前向きな歌詞が多いので、メソメソしてられないなとすごく勇気づけられます。このタイミングにぴったりな曲だなと思いました。

――今回のアルバムではメンバーごとのティザー映像が公開されましたが、みなさんのお気に入りのシーンを教えてください!

秋山 え〜誰かな〜! みんなそれぞれ違ってどれも好きなんですけど、私は浅倉樹々ちゃん(「恋のUFOキャッチャー」)ですかね。

山岸 かわいいよね〜!

秋山 樹々ちゃんは昔と比べて、自然体を見せてくれるようになったなと思うんです。もともとメンバーには見せてくれていたけど、ファンの人にはちょっと緊張している感じがあったので(笑)。この映像は彼女感があって、私もすごくキュンキュンしました。

浅倉 やった〜!嬉しい!この映像はスマホのカメラで撮影したんですよ。だから近く感じてもらえたのかもしれません。私のお気に入りはきそちゃん(新沼希空)の「愛は今、愛を求めてる」。自転車に乗って風に吹かれながら撮影していて、ポニーテールが揺れるのが女性らしくて。いつもは上品というか、しっとりしたイメージのきそちゃんなんですけど、新しい一面を見せてくれたな〜と思います。

山岸 私はさおりん(小野田紗栞)の「だからなんなんだ!」ですかね。公開になった瞬間になんだこれ!と思って(笑)。

浅倉 私も思った(笑)。

山岸 さおりんがいろんな場所で踊っている映像なんですけど、その踊りもヘンテコな感じで。さおりんは普段かわいらしいキャラだから、このシュールな映像でギャップが見られて面白かったです。

秋山 紗栞は素が面白くてヘンテコな部分もあるので、私的にはこのティザームービーでいつもの姿をやっとファンの方に見てもらえたなと思いました。

山岸 確かに、つばきファクトリーの中でこれをやるなら……さおりんかきそちゃんかも。

秋山 きそもいいね!(笑)見たい!

――先日、10月18日に初の武道館公演を開催することが発表されました。

秋山 武道館につばきファクトリー単独で立つというのは、みんなの夢だったのですごく嬉しいです。私にとってはお母さんが「武道館に立ってるところ、見たいなあ」と言っているのを聞いてから、自分の夢にしようと決めていました。家族にも、いつも応援してくださっているファンの方々にも感謝の気持ちを伝えたいですし、楽しんでもらいたいので、これから5ヶ月間、武道館まで突っ走りたいです。私、緊張しすぎると泣くタイプなので、歌ったときに声が震えないように特訓しないと(笑)。

▲秋山眞緒

浅倉 私はこれから武道館公演当日までを人生の中で1番頑張った期間にしたいな〜と思っています。限界を突破するくらい、1つでも2つでもできることを増やしたいです。まずはバテないように体作りをしたいのと、武道館だとあまり経験のないイヤモニを付けるので、慣れてない部分で困らないように準備を進めていきたいです。

山岸 つばきファクトリーは今までライブハウスツアーしかやったことがないので、ホールコンサートを経験していない状態での武道館公演はすごくプレッシャーがあります。ファンの方は「できるの?」と考えているのかもしれないので、いい意味で裏切りたいなと思っています。私たちのライブを初めて見に来てくださる方もたくさんいらっしゃるはずなので、「こんな一面があったの?」「カッコいいじゃん!」と思ってもらえるライブにしたいです。