YouTubeバブルはこれから崩壊すると思う

――2022年をもってYouTube活動を引退するとお聞きしましたが、本当ですか?

DJ社長 はい、本当です。これまでも嘘をついたことは一度もありません。

Repezen Foxx  (笑)。

――これだけ人気があるのになぜ辞めてしまうのですか?

DJ社長 今までも、限界を感じながら続けていたので……(笑)。

DJまる YouTuberとしての活動を辞めるのであって、YouTube自体を辞めるわけではないです。

――MVをアップするなど、アーティストしてのYouTube活動は続けていくということでしょうか?

DJ社長 音楽関係の動画は出していくつもりですが、それ以外はないので事実上の引退ですね。いろいろアップすると「結局、なんだかんだで続けているじゃん」と言われるだろうから。僕らはYouTubeの人気が右肩上がりの時代にそれに乗っかって有名になりましたが、これからYouTuberの人気は低迷していくと思うんです。下り坂に乗っかる理由はないですよね。それが活動を辞める本音です。

――これからYouTubeバブルが崩壊することを見据えての活動終了なのですね。他のメンバーの方も社長の意見と同じですか?

DJ銀太 はい、同意見です。

DJまる HIKAKINさんやはじめしゃちょーさんなど、最前線にいる方達ですら、昔に比べると再生回数が芳しくないんですよ。TikTokなど他のSNSに人が流れたり、新しく発信者になる人が増えたりと、原因はさまざまですが、衰退してきているなと感じています。

――TikTokやTwitterの活動は今後も変わらず続けていいますか?

DJ社長 はい、更新しますよ。ただしYouTubeでやっていたようなことはしません。同じことをしてもウケないですしね。僕らはYouTuberではなく、アーティストとしてInstagramやTwitter、TikTokなどのSNSを利用しているので。たとえば、渡辺直美さんはInstagramのフォロワー数は日本一と言われていますが、彼女はお笑い芸人であってインスタグラマーじゃない。僕らもそれと同じです。YouTubeの活動を辞めて、今後はよりアーティスト活動に集中していきます。

DJまる あくまで自分たちの音楽を発信するツールとして、SNSを使っていくだけです。